2016年
4月号
眺めているだけでテンションあがる店内

連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.14 「元虎戦士が営むオールマイティーな居酒屋 加藤隆行さん」

カテゴリ:スポーツ,

文・写真/岡力<コラムニスト>

引退後にさまざまな世界で活躍している元プロ野球選手が経営する、阪神間の店舗・施設等をご紹介します。

 神戸屈指の閑静な住宅街で知られる住吉で居酒屋を営む元虎戦士がいる。加藤隆行さんは、長崎県出身。小学2年の時にソフトボールと出会い、中学校で軟式野球を始める。卒業後は、父親の職業であった造船に興味を持ち地元の県立長崎工業高校に進学。高校時代は、2年でエースになる一方、ロボットコンテストにも出場し野球と勉学の両立に励んだ。県大会では2回戦で敗退したものの高校生離れした体格、球の速さが評価されプロのスカウトから注目を集める。
 そして迎えた2001年のドラフト会議で阪神タイガースが5位で指名。「事前に複数の球団から声をかけられ半信半疑だったが運よくプロになれた」と当時を振り返る。入団後は、プロの壁にぶち当たりチャンスを活かすことができず2004年に自由契約となり引退した。
 その後は、チームの先輩だった上坂太一郎氏プロデュースの飲食店で店長を務めた。
 現在は、経営を譲り受け店名もコンセプトもがらりと変えた「か虎屋」としてリニューアルオープンしている。虎一色の店内、豊富なメニューとお酒が楽しめるとあってファンや選手も足を運ぶ。試合の結果にかかわらず観戦後の一杯にうってつけのお店である。

ボランティアで地域の子供に野球の指導をする加藤さん

ボランティアで地域の子供に野球の指導をする加藤さん


眺めているだけでテンションあがる店内

眺めているだけでテンションあがる店内

20160404703

■か虎屋

営業時間 17:00~24:00
定休日 月曜日
神戸市東灘区住吉宮町4-4-1 KilaLa住吉108
TEL.078-904-6243

モンストークプロデュース「女の社交場 Mai Fes」[神戸百店会NEWS]
「おとな旅神戸」南京町プログラム ご参加ありがとうございました!
触媒のうた(62) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十六回
神戸のカクシボタン 第二十八回「気軽にフレンチ、陽気にデザート」
葬儀の意味とは命を伝達するということ
Power of music(音楽の力)第4回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第五十九回
神戸学院大学附属中学校 2017年4月開校予定
神戸学院大学附属高等学校 新キャンパスってこんなところ
ポートアイランド新キャンパスで新たな歴史の第一歩を踏み出す
連載コラム「第二のプレイボール」|Vol.14 「元虎戦士が営むオールマイティー…
神戸創生を考える|都心とウォーターフロントエリアを結ぶ
私の神戸創生論|檜山 和司 さん(ホテル ラ・スイート神戸 ハーバーランド 総支…
私の神戸創生論|横山 剛 さん(SRCグループ 会長 Kiss FM KOBE …
私の神戸創生論|永吉 一郎 さん(神戸デジタル・ラボ 代表取締役)
私の神戸創生論|中内 仁 さん(株式会社神戸ポートピアホテル 代表取締役社長)
私の神戸創生論|比屋根 毅 さん(株式会社エーデルワイス 代表取締役会長)
私の神戸創生論|角 和夫 さん(阪急電鉄株式会社 代表取締役会長)
– 扉 - 私の神戸創生論
ホテルクオリティの芦屋洋食時間 洋食館たけぞの 本店
伝統の芦屋竹園時間 レストラン あしや竹園(ホテル竹園芦屋3F 直営レストラン)…
もうひとつのわが家へ ホテル竹園芦屋
企業経営をデザインする(6)|美味しいお肉とわが家のような時間を提供して70年
神戸の粋な店 Vol.10 プーさん食堂
〈2016年4月号〉