2018年
10月号

隣人愛に満ち溢れる教えが原点 神戸発ブランド「チェスティ」の〝女性に幸せをお届けしたい〟 想い|神戸海星「ステラマリス会」

カテゴリ:婦人服, 神戸

神戸海星女子学院高等学校
同窓会 ステラマリス会
50周年記念 OG特別インタビュー 「チェスティ」美人3姉妹

小川 淳子 さん 株式会社JOC クリエイティブディレクター
小川 典子 さん
小川 ひとみ さん


神戸海星女子学院が校名に持つ『海の星』は、ラテン語ではステラ・マリスと表され、聖母マリアの別名として世界中に広く知られています。同校同窓会「ステラマリス会」は、1968年に発足され、今年で50周年。今回はその特別企画として同校で勉学に励まれた神戸発ファッションブランド「チェスティ」の美人3姉妹、長女の小川淳子さん、次女の典子さん、三女のひとみさんにご登場いただきます。


三人三様の学びの場生徒の輝きを増す教え

…神戸海星女子学院中学校・高等学校は、灘区にあるカトリック系のミッション・スクール。小学校も併設され、中高一貫教育を提供する同校に入学されるきっかけと思い出を教えてください。

淳子さん 母をはじめ、親戚が神戸海星女子学院出身です。当時の国際部・ステラ マリス インターナショナル スクールには「フロインドリーブ」のヘラ・フロインドリーブ 上原さんや「マキシン」の渡邊百合さんがおられ、母達の憧れの先輩だったと聞いています。

典子さん 母達の頃は今よりも校則が厳しく、中学から入学した母が通学途中、小学校の男子同級生と、たった一言挨拶を交わしたことが問題になる時代でした。別の機会ではありますが、今では考えられないような事で学校に呼び出された祖父が真っ白の麻のスーツにパナバ帽という姿で現れ、シスター方も驚いたそうですが、祖父の人柄にとても話が弾んだそうです。

ひとみさん 私は姉達と5歳と3歳、歳が離れていますから入学したとき、ベレー帽にリボンの制服姿の私を「かわいい♪」と姉たちが褒めそやしていたと、いまだに当時のお友達から話題にされます。

淳子さん 制服が本当にかわいくて素敵です。私の同級生には表現力豊かな子や、記憶力抜群の子、個性的な子が多かったですね。入学当時の私は極度の人見知りで、人前で発言することさえも出来ませんでした。ところが、なぜか小学2年生のときに、シスターに指名されて学芸会でスイミーの主役を演じることに。物語の通りに皆のまとめ役となり、友人もでき、どんどん自分に自信がついてきました。それからは運動会の応援団や学院祭の催しなど、取りまとめ役を任されるように。6年生の時の学芸会「オズの魔法使い」では私の最後の演技で幕が閉じたあと、スタンディングオベーションが起きたんです。ひっこみじあんだった私の人生がガラリと変わったのは神戸海星女子学院のおかげです。生徒一人ひとりの感性を刺激し、自信に変えてくれる。そして自信がチャレンジ精神を生み…という具合に、私たちの未知の可能性を引き出し、伸ばしてくれる教育でした。

典子さん 私は絵や書道が得意だったのですが、全国の大会などで優秀な賞に選ばれると礼拝の時に名前を呼んでいただけるのが嬉しかったですね。あとは西日本私小連水泳記録会で平泳ぎ部門の選抜選手となり、過去にない良い記録を出すことができたのもいい思い出です。色々な大会に出場する体験は自らに負荷をかけ、さらに難しいことにチャレンジする力が養われたと思います。高校では音楽を専攻しましたが、小学校の頃から、クリスマス会やミサで代表して歌を歌わせて頂く機会を与えて頂き、それが今のオペラ歌手としての土台となっています。ハープやバイオリン、ピアノなど、生徒が各々の得意とすることを皆の前で披露できる機会があり、個性を尊重して下さいました。皆が同じでなくていい、個性豊かでいいのだということに気づかせてもらった学生時代は人生の宝です。素晴らしい学校に通わせてくれた両親にはいつも感謝しています。

ひとみさん 私の学校の思い出はミサで学んだ「隣人愛」に尽きます。それが今の生き方の軸となっています。学校では社会奉仕活動が盛んで、正門で籠をもって募金活動をするなど、恵まれない人達への支援について常に考えるきっかけがありました。英語が得意だったこともあり、高校生になると様々な海外ボランティアにも参加するように。20歳のときにはタイへ出向き、貧困に苦しむ人達のためにその家族と一緒に汗を流し、ふれあいながら、家を建てるお手伝いをしました。セメントもなかったので砂利を運んで一から建てたんですよ。人に幸せになってもらうことが自分の幸せ、という考えは今の仕事に結びついていると思います。

典子さん ファッションで個性を発揮して、自信をもってもらい、幸せになってもらう。隣人に幸せを…、まさに母校の教えがチェスティの原点であるように思います。

淳子さん 運動会の応援団の衣装で手作りの蝶の羽をつけたり、黒のチュールレースをあしらったり。自分の思い描いたものをつくる楽しさに目覚めたのも、学校での体験がきっかけです。

海外のカラーリングをいち早く取り入れた他にはない斬新なスタイル
神戸のファッションアイコン

…旧居留地にあるビルで「チェスティ」のショップとカフェを展開。それらを運営する「株式会社JOC」の代表の淳子さんはデザイナー兼プロデューサー、典子さんは他ブランドとのコラボレーション契約など、社外取引の担当、そしてひとみさんは東京のプレスルームでPR全般に携わっておられます。

淳子さん 大学時代、『JJ』の読者モデルとして、連載をもたせていただきました。ロンドン留学や海外旅行で発見したかわいいお洋服を、神戸生まれ神戸育ちの私ならではの着こなしとして紹介する内容です。「神戸ファッション」として、例えば、キレイなデニム×原色Tシャツというコーデでも神戸らしいエレガントさや上品さを忘れずに。色々なショップを巡って洋服をリースして着こなし、撮影して頂くというスタイリストとライターを一人でこなしていました。

典子さん 夜中遅くまで、ああでもないこうでもないと紙面構成を考えたり、箱に布やレースを張り付けてかわいく装飾したり。姉のかわいいものへの激しいトキメキと情熱は本当にすごかったです。

淳子さん ただ大学卒業後、ファッションの世界へ入ったのではありません。父や親族も、医療の仕事に就いていましたので、大学卒業後は社会勉強も兼ねて会社勤めをしなさいと言われました。2時間かけて通勤する社会人生活を経て、女性が幸せな気分になれるネイリストに。その経歴を生かし、2003年に神戸発ブランド「チェスティ」を立ち上げました。

ひとみさん 私の友人を集めて、新作のお披露目会をするんです。楽しいこと、かわいいことばかりを徹底して実現していました。

淳子さん かわいいと思うデザインがまるで今までにない組み合わせだったりするため、宇宙人と呼ばれていました。真夏に着るタンクトップにファーをあしらってみたり…。でも、そういった商品がお客様から沢山の反響を頂きました。神戸海星女子学院で学んだように個性が大事、私のお洋服を着ることで幸せになってくださる人が一人でもいれば。

典子さん 「チェスティ」というブランドを通じて、“女性に幸せをお届けしたい”という想いは創業から変わりません。

淳子さん ずっと神戸の旧外国人居留地にオンリーショップをオープンするのが夢でした。お客様に喜んでいただけるお洋服を提案して、笑顔になっていただいて、神戸の街を歩いていただく。それが神戸らしい町並みになることにつながれば、とっても嬉しいことだと思います。私たちを育ててくれた神戸の街、両親、そして神戸海星女子学院に心から感謝いたします。

プロフィール

小川 淳子(おがわ じゅんこ)

1979年生まれ。神戸海星女子学院小学校から同高等学校卒業、神戸女学院大学英文科卒業。大学在学中から女性誌読者モデルとして活躍。大学卒業後、企業に勤めながらネイリストの資格取得。2003年ネイルサロンをオープン。同じ頃カジュアルアイテムのデザインを経て「Chesty」をスタート。デザインからプロデュースまで担当。2005年、三宮にアンテナショップオープン。2008年、旧外国人居留地にオンリーショップオープン。2018年ブランド15周年を迎えた。Chestyの他に更にクチュール感を活かした“MissAdora”を提案。プライベートでは2児の母親でもあることから子供服“Chestypetite”も手掛けている

小川 典子(おがわ のりこ)

1981年生まれ。神戸海星女子学院小学校から同高等学校、神戸女学院大学音楽学部声楽専攻卒業。文化庁・芸術団体人材育成支援事業オペラ「修道女アンジェリカ」公爵夫人役にてオペラデビュー。「カヴァレリア・ルスティカーナ」ルチア役、「ファルスタッフ」メグ役等、多数のオペラ、コンサートに出演。2010年「フィガロの結婚」ケルビーノ役、2016年「皇帝ティートの慈悲」セスト役を演じた公演が、大阪文化祭奨励賞を受賞。第13回大阪国際音楽コンクール、エスポアール賞受賞。第10回神戸新人音楽賞コンクール、最優秀賞、聴衆賞を受賞。荒田祐子氏に師事。関西歌劇団正団員。ヴォーカルアンサンブル「ノスタルジア」メンバー

小川 ひとみ(おがわ ひとみ)

1985年生まれ。神戸海星女子学院小学校から同高等学校卒業、神戸女学院大学英文科入学後、神戸市外国語大学国際関係学科編入。国際関係学、ジャーナリズム論を学ぶ。学生時代はロンドン、シアトル、マイアミ等に留学、赤十字のボランティアに参加。在学中よりチェスティにてアパレル販売、バイイングを経験、語学力を生かしつつインポート商品担当。大学卒業後、カリスマ的存在として多くのファンを持つようになる。現在は結婚を機に東京にてプレスとして活躍。インスタグラムではライフスタイルを発信、フォロワーは46,000人を超えインフルエンサーとしても注目されている

「大人の女性に向けた華やかで上品なワードローブ」 をテーマにリアリティを大切に、
流行に左右されることなく他にはない独自の個性を放っている

7月2日、ショップに隣接してカフェ「Ch tea room」をオープン。
ブランドを象徴する花、鳥、蝶が満ち溢れる空間は、淳子さんがロンドン留学していたときに憧れた、外国ホテルのティーサロンからインスピレーションを得たもの

鳥かごをイメージしたアフタヌーンティーセット。
紅茶は、『マリアージュ フレール』のフレーバーを多数ラインナップ、ゆったりとした午後のひとときを楽しめます

〈2018年10月号〉
一番大切なのは、誰かの役に立って 「ありがとう」と言ってもらうこと|六甲学院OB…
隣人愛に満ち溢れる教えが原点 神戸発ブランド「チェスティ」の〝女性に幸せをお届け…
第9代 神戸ウエディングクイーン 3名決定!(Kobe Wedding Quee…
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.7
輝く女性Ⅱ Vol.5 画家 中北 紘子さん
「ファミリア神戸本店」オープン 「モノ・コト・マナビ」体感型店舗が誕生!|神戸を…
何かに集中する、何かを選択することをした方がいい|神戸をもっと面白く!
幸せの空間、時間づくりに全力投球!「HOTEL KITANO CLUB」のコンセ…
My Vitamin Lunch ● 私のビタミンランチ ●|洋食バル DOOR…
連載 神戸秘話 ㉒ 日本が誇る名優 志村喬と黒澤映画
ラグビーワールドカップ2019™日本大会 「ポップアップミュージアム ~1 YE…
六甲大祭り Made in ROKKOがみせるミライ|六甲学院OB会75周年
心の中につくった壁を乗り越えよう|六甲学院OB会75周年
真面目で笑いも分かる。そんな六甲生にお勧め「投票法」|六甲学院OB会75周年
海星らしさを忘れず母校と共に発展するステラマリス会を|神戸海星「ステラマリス会」…
ヤナセが新車累計販売200万台を達成! YANASE CELEBRATION!
なるほど医学体験 HANSHIN健康メッセ 2018 ~遊んで学んで広がる健康の…
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.12
harmony(はーもにぃ) Vol.8 里親って砂糖屋のこと?
神戸のカクシボタン 第五十八回 世界最強女子を目指して… プロボクサー・佐伯霞さ…
御影の街の新名所 「マチマルシェ&キッチン」 JA兵庫六甲が 厳選する美味しさと…
神戸6ホテル グランシェフ チャリティーランチ 2018.9.1 Sat.~10…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十八回
縁の下の力持ち 第4回 神戸大学医学部附属病院 病理部・病理診断科
「エナガの会」納涼懇親会
音楽のあるまち♬12 毎年10月の二日間、北野坂がジャズストリートに
海風の里に続く信仰の歴史を訪ねる 平戸・五島列島の旅
神戸鉄人伝 第106回 声楽家 清水 光彦 (しみず みつひこ)さん
世界の民芸猫ざんまい 第四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉙ 油壷から
連載コラム 「続・第二のプレイボール」|Vol.4
神戸ベイサイド DISCO VIBRATION OCEAN DISCOTIQUE…