2018年
10月号
名和晃平さん+SANDWICHのデザインによるエントランス

「ファミリア神戸本店」オープン 「モノ・コト・マナビ」体感型店舗が誕生!|神戸をもっと面白く!

カテゴリ:おすすめスポット, 子供服, 経済人

9月8日、旧居留地に新たな神戸のランドマークが誕生した。
ベビー・子ども服で高いブランド力を確立してきたファミリアの神戸本店。近年各地で展開してきた体感型店舗と、独自のメソッドを通じて子どもの可能性を引き出す保育・教育の場に、食や医療という新たなサービスも加えてスタートを切った。

旧居留地の一角、白いゲートをくぐり店内に入ると正面の大階段が広々とした空間を作り出している。あかちゃんが成長期に見せるかわいい仕草のファミちゃんがあちらこちらでお出迎え。自然な導線が2階へとつながっている。ゆったりしたフロアでは、ものを売るだけではなく、ファミリアのものづくりを見て知って体験する「アトリエ」をはじめ、あかちゃんや子どもたちと一緒に安心して食事を楽しめるレストラン「color of time」、オリジナルカリキュラムを用意する「LABO」など、「モノ・コト・マナビ」を通して、感動を提供している。託児ルーム「kids cubby」を利用して、ママはアロマトリートメントサロン「PEONY」で、パパも一緒に1階カフェ「WHITE BEAR CAFE」のコーヒー片手に「library」で…思い思いに過ごすリラックスタイム。初めての試み「ファミリアメディカル神戸クリニック」では小児科と皮膚科を併設し、子どもとご家族の安心を医療でサポート。産前産後のママとあかちゃん、ご家族みんなのための体感型店舗から、さらに進化したワンストップサービスを展開している。


すべての子どもが持っている“可能性”という“未来”をクリエイトする

岡崎 忠彦 さん

 
株式会社ファミリア 代表取締役社長

市場は今、ネット販売などによるデジタル化によって大きく変化しています。弊社でも2016年10月に実店舗とオンラインショップを連動させたオムニサービスをスタートさせました。好評をいただいていますが、こういった時代だからこそそれ以上にアナログも大切にしていかなくてはいけない、つまり体感して買っていただくサービスを提供しなくてはいけないと考えています。
店舗に商品を置いていたら売れるわけではありません。どうやってお店に来ていだき最良の品質・素材を追求するファミリアのものづくりに共感いただき買っていただくか、さらにデジタルへとつなげ、相対バランスをどう取っていくかを考え続けてきました。

あかちゃんとママの「first 1000days」に寄り添いたい

妊娠してから出産までの270日とあかちゃんが生まれて2歳のお誕生日を迎えるまでの730日を合わせた期間「first1000days」に、何を体感するかがすごく大事だと私たちは考えています。ファミリアは世界中のどこの会社よりも質の高いサービスとコンテンツをもって、この1000daysに寄り添いたい。そこで、「本物」をキーワードに2016年6月、体感型ショップ代官山店をオープンしました。17年6月には「モノ」「コト」だけでなく「マナビ」を通して子どもの可能性をクリエイトする横浜元町店、さらに18年4月には名古屋ラシック店をオープンしました。

同じ思いを持つ人たちのプラットホームづくり

そして9月8日、「ファミリア神戸本店」オープンに至りました。ショップコンセプトは「COLORFUL 子どもの個性を豊かにはぐくむ。」。「衣食住+医+マナビ」というさまざまなコンテンツを使い、何色にも染まっていない子どもたちの無限の可能性と向き合おうというものです。周りにいる人たちのたくさんの情熱を受け、一人一人がいろいろなアプローチをしながらこの店が出来上がりました。
中でも一緒にこの店を造った彫刻家・名和晃平さん+SANDWICHのデザインが、界隈の空気感まで変えてくれました。お子様連れに限らず多くの方に時間を過ごしていただけたらいいな、将来的にはイベントも開催できたらいいな…そうすれば神戸の街の活性化にも役立てるのではないかと考えています。
「子どもの可能性を広げていくために何かに挑戦したい」という同じ思いを持つ人たちのプラットホームづくりを「ファミリア神戸本店」で始めようとしています。

創業時から変わらぬベンチャー企業であり続けたい

1950年、ファミリアは4人の女性たちが欧米の育児法を取り入れ、本当に良いものだけを作ろうと創業しました。今の用語で言えば「ベンチャー企業」でしょうね。そこから半世紀以上にわたる老舗のイメージがブランド力につながり、ありがたいことではあった反面、新しいことが出来づらいという面もあったのは確かです。私は常に「こんな時、あの4人の女性たちならどうするだろう?」と模索し、今の時代に合った子育てサービスを提供することで、当時と変わらぬ「ベンチャー企業」であり続けることができると確信しました。
「ファミリア神戸本店」が情報発信する一つのメディアになり、さらにブランド力を付け海外へも伝わっていき、神戸のランドマークとして文化の発信拠点になる。オープンはゴールではなく、ファミリアの次のステージへ向けてのスタートです。

あかちゃんにとって大切な最初の1000daysを対象とした育児サポートサービス〜for the first 1000days〜

コンセプトは「COLORFUL 子どもの個性を豊かにはぐくむ。」

名和晃平さん+SANDWICHのデザインによるエントランス

創造の空間「atelier」では、ものづくりを体感できる常設のワークショップも

レストラン「color of time」

カフェ「WHITE BEAR CAFE」

子どもも大人も楽しみながら時を過ごせるショップに

ファミリアメディカル神戸クリニック

■ファミリア神戸本店

TEL.078-321-2468
神戸市中央区西町33-2
https://www.familiar.co.jp/kobe/

岡崎 忠彦(おかざき ただひこ)

1969年生まれ。甲南大学経済学部卒業。
California College of Arts and Crafts., Industrial Design 科卒業 BFA。Tamotsu Yagi designでグラフィックデザイナーとして働く。2003年に㈱ファミリア入社、取締役執行役員などを経て2011年から現職

〈2018年10月号〉
第9代 神戸ウエディングクイーン 3名決定!(Kobe Wedding Quee…
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.7
輝く女性Ⅱ Vol.5 画家 中北 紘子さん
「ファミリア神戸本店」オープン 「モノ・コト・マナビ」体感型店舗が誕生!|神戸を…
何かに集中する、何かを選択することをした方がいい|神戸をもっと面白く!
幸せの空間、時間づくりに全力投球!「HOTEL KITANO CLUB」のコンセ…
一番大切なのは、誰かの役に立って 「ありがとう」と言ってもらうこと|六甲学院OB…
隣人愛に満ち溢れる教えが原点 神戸発ブランド「チェスティ」の〝女性に幸せをお届け…
My Vitamin Lunch ● 私のビタミンランチ ●|洋食バル DOOR…
連載 神戸秘話 ㉒ 日本が誇る名優 志村喬と黒澤映画
ラグビーワールドカップ2019™日本大会 「ポップアップミュージアム ~1 YE…
六甲大祭り Made in ROKKOがみせるミライ|六甲学院OB会75周年
心の中につくった壁を乗り越えよう|六甲学院OB会75周年
真面目で笑いも分かる。そんな六甲生にお勧め「投票法」|六甲学院OB会75周年
海星らしさを忘れず母校と共に発展するステラマリス会を|神戸海星「ステラマリス会」…
ヤナセが新車累計販売200万台を達成! YANASE CELEBRATION!
なるほど医学体験 HANSHIN健康メッセ 2018 ~遊んで学んで広がる健康の…
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.12
harmony(はーもにぃ) Vol.8 里親って砂糖屋のこと?
神戸のカクシボタン 第五十八回 世界最強女子を目指して… プロボクサー・佐伯霞さ…
御影の街の新名所 「マチマルシェ&キッチン」 JA兵庫六甲が 厳選する美味しさと…
神戸6ホテル グランシェフ チャリティーランチ 2018.9.1 Sat.~10…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十八回
縁の下の力持ち 第4回 神戸大学医学部附属病院 病理部・病理診断科
「エナガの会」納涼懇親会
音楽のあるまち♬12 毎年10月の二日間、北野坂がジャズストリートに
海風の里に続く信仰の歴史を訪ねる 平戸・五島列島の旅
神戸鉄人伝 第106回 声楽家 清水 光彦 (しみず みつひこ)さん
世界の民芸猫ざんまい 第四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉙ 油壷から
連載コラム 「続・第二のプレイボール」|Vol.4
神戸ベイサイド DISCO VIBRATION OCEAN DISCOTIQUE…