2018年
10月号
.フロアごとに「IMAGINE」「HAPPY」「LOVE」といったテーマがある

何かに集中する、何かを選択することをした方がいい|神戸をもっと面白く!

カテゴリ:おすすめスポット, ホテル, 経済人

金指 光司 さん 
株式会社 ポトマック 代表取締役

1995年に神戸を襲った阪神・淡路大震災。当時、株式会社 ポトマックが運営する「トゥーストゥース」は1店舗から再スタートした。震災から20数年をへて、現在では全国に86店舗を展開するまでに成長した。8月には〝スヌーピー〟の世界観を楽しめるデザインホテル「ピーナッツ ホテル」をオープンし、大きな注目をあびた。常にそのアイディアと動向が注目される金指光司さんにお話を伺った。

“モノ”だけでなく“コト”を売る

―8月に北野に、「ピーナッツ ホテル」をオープンされましたが、これはなぜ首都圏でなく神戸だったのでしょう?

それは、神戸を愛しているからです(笑)、神戸でなくてどこでやるんでしょう。縁やタイミングもありますが、東京でやるとたくさんの情報に埋もれてしまい、すると一番になりにくいんです。神戸はその点競争が少ないですから。
あとは、先日オープンされたファミリア本店の例もそうですが、ファミリアという神戸の老舗ブランドが、今の時代にブラッシュアップされたもので、“モノ”だけでなく“コト”を売るというソフトの方向にシフトされています。今の時代、子ども中心のライフスタイルの提案をするっていうのは勇気のいることだと思いますが、そういうビジネスの場が神戸の旧居留地にできるということは神戸にとってもバリューになる。岡崎社長は自身のお膝元で、自分たちが一番したかったことを表現したのでしょうけれども、僕も同じです。

―8月にオープンした「ピーナッツ ホテル」も人気のようですね。

「ピーナッツ ホテル」に関しては世界中から熱心なファンの方が来られますから、原作者のチャールズ・M・シュルツの世界をどれだけ我々が消化して、現代風にフィードバックできるかが勝負だと思いました。スタッフ一同、一部屋一部屋それぞれに愛情をもって創りましたので、すごく時間もかかりましたね。
フロアには「HAPPY」「LOVE」といったテーマがあって、各部屋のタイトルはそこから決めました。そのタイトルにシュルツさんのコミックが描かれていて、部屋の方向性を決めていくんですが、コミックのもっている意味合いなどをみんなでディスカッションしながら創っていきましたから。

―キャラクターありきの空間づくりではなかったそうですね。

スヌーピーなどのキャラクターを前面に押し出すのではなく、お料理や空間もしっかり創り上げてから、そこにキャラクターがいるという、大人が入って楽しい場所ということを心がけました。ホテルやカフェを創る際にはピーナッツの権利元にプレゼンを行いますが、そういったことが評価されてオープンできたのかなと思います。

重要なのは「集中と選択」

―今回「神戸を面白く」ということで、いろいろな方にお話を伺っているのですが。

神戸市など行政は、いろいろ多方面に手を打っていらっしゃいますよね。ウォーターフロント、駅前、あと長田、湊川など…、私ごときが何も言うことはないですが、ただ、多角的にするのも必要ですが、施策の「集中と選択」も必要かなと思います。極端な例で言うと、ハワイは自分たちが観光都市であるということを分かっているから地元の人たちは必然的にやることが分かってくる。自分の町はこういう町ですよ、というのを分かっている町と、分かっていない町では全然違います。一つの企業体としても、そのアイデンティティを社員が分かっているのと分かっていないのとでは、そのパワーが違う。
一時期、神戸市は「デザイン都市」と言っていましたが、一般の方にはちょっと分かりづらかった気がします。一つ分かりやすく、市民を巻き込む何かが必要なんじゃないですかね。
例えば「ケーキの街」というなら世界最強のケーキ都市にすべきだと思います。世界から神戸にパティシエが集まってくるように目的がはっきりしているような。今は何でもある時代ですから、ずば抜けてぶっ飛んだモノも必要かもしれません。だから「集中と選択」が重要です。何かに集中する、何かを選択することをした方がいい。世界に一つだけ、というものを。

これからの飲食店の役割

―ポトマックは、カフェやレストランを中心に、全国で86店舗を展開していますが、今後の挑戦としては何がありますか。

いろいろなプロジェクトが進んでいて、お話しできないものがたくさんありますね。ただ我々は飲食を中心にしたビジネスですが、例えば映画や音楽とコラボレーションしたカフェなどのように、飲食業というのはいろいろなこととの互換性が良いのです。そういったことから、飲食店はいろいろなビジネスのハブになり、コミュニケーションスペースになり、人々の交流の核にもなる。ただそこで飲食をエンジョイするだけでなく、第3のサムシングの誕生を考えた飲食店、そういったものにチャレンジしたいなと考えています。
飲食店は時代によって人々の働き方やライフスタイルを変えてきましたが、次のバージョンとしては、グーグルのオフィスの例のように、オフィス革命というものが起こっています。人々は仕事を家にもって帰ってできるようになった。とすると次は、好きな場所、気持ちの良い場所で仕事をしたいと人々は考えます。そういうところと、飲食店が融合できないか。シェアオフィスがあれば、人と人とのコミュニケーションが生まれてビジネスが広がりますが、ここに飲食が関われば面白いんじゃないか、など。労働生産性が低いといわれている飲食店での働き方も、今まで違う働き方を考えることが必要だとも思います。

―子どもへの教育に興味がおありのようですが、ポトマックさんが保育園を創るならどんなものを考えられますか?

食育でしょうかね、やはり我々は飲食に関わっていますから。僕たち人間を構成しているのは、まず“食”です。神戸市は学校給食を再スタートしてもいいんじゃないですかね。お母さんも働きやすくなるでしょうし、そうしたら我々もぜひ食の部分で関わりたいです。週に一回はケーキの日を作ったり(笑)。
また、人が働く場所として、飲食店は社会性や感性を育む場所としても必要です。飲食と教育との互換性は高いと思いますよ。

.フロアごとに「IMAGINE」「HAPPY」「LOVE」といったテーマがある

イス、ベッドルーム、カーテンなど全客室でまったく異なるデザインとなっている

8月1日、神戸北野にオープンした「ピーナッツ ホテル」

人気の神戸スイーツ店となった「PATISSERIE TOOTH TOOTH本店」

大震災のあった1995年、1店舗から再スタート

国の重要文化財でもある異人館を利用した「TOOTH TOOTH maison 15th」

金指さんの遊び心とアイディアがワクワクする空間づくりの源。「サナギ 新宿」は日本・アジアの屋台村をイメージしている

まるで植物園のような空間に。「FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜」

社長室には愛用のギターが立てかけてある。「これを持つと落ち着く」と金指さん

金指 光司(かなさし こうじ)

1963年、神戸市生まれ。1986年、神戸・元町のトアウエストに「トゥーストゥース」を創業。人々の欲求と好奇心をくすぐる感覚で、時代の半歩先を見据え、一つのブランドに固執せず、多彩なカフェ・レストランブランドを誕生させた。神戸・大阪・首都圏に86店舗を構える。今年8月にはスヌーピーの世界観をテーマにした「ピーナッツ ホテル」をオープンさせた

〈2018年10月号〉
第9代 神戸ウエディングクイーン 3名決定!(Kobe Wedding Quee…
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.7
輝く女性Ⅱ Vol.5 画家 中北 紘子さん
「ファミリア神戸本店」オープン 「モノ・コト・マナビ」体感型店舗が誕生!|神戸を…
何かに集中する、何かを選択することをした方がいい|神戸をもっと面白く!
幸せの空間、時間づくりに全力投球!「HOTEL KITANO CLUB」のコンセ…
一番大切なのは、誰かの役に立って 「ありがとう」と言ってもらうこと|六甲学院OB…
隣人愛に満ち溢れる教えが原点 神戸発ブランド「チェスティ」の〝女性に幸せをお届け…
My Vitamin Lunch ● 私のビタミンランチ ●|洋食バル DOOR…
連載 神戸秘話 ㉒ 日本が誇る名優 志村喬と黒澤映画
ラグビーワールドカップ2019™日本大会 「ポップアップミュージアム ~1 YE…
六甲大祭り Made in ROKKOがみせるミライ|六甲学院OB会75周年
心の中につくった壁を乗り越えよう|六甲学院OB会75周年
真面目で笑いも分かる。そんな六甲生にお勧め「投票法」|六甲学院OB会75周年
海星らしさを忘れず母校と共に発展するステラマリス会を|神戸海星「ステラマリス会」…
ヤナセが新車累計販売200万台を達成! YANASE CELEBRATION!
なるほど医学体験 HANSHIN健康メッセ 2018 ~遊んで学んで広がる健康の…
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.12
harmony(はーもにぃ) Vol.8 里親って砂糖屋のこと?
神戸のカクシボタン 第五十八回 世界最強女子を目指して… プロボクサー・佐伯霞さ…
御影の街の新名所 「マチマルシェ&キッチン」 JA兵庫六甲が 厳選する美味しさと…
神戸6ホテル グランシェフ チャリティーランチ 2018.9.1 Sat.~10…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十八回
縁の下の力持ち 第4回 神戸大学医学部附属病院 病理部・病理診断科
「エナガの会」納涼懇親会
音楽のあるまち♬12 毎年10月の二日間、北野坂がジャズストリートに
海風の里に続く信仰の歴史を訪ねる 平戸・五島列島の旅
神戸鉄人伝 第106回 声楽家 清水 光彦 (しみず みつひこ)さん
世界の民芸猫ざんまい 第四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉙ 油壷から
連載コラム 「続・第二のプレイボール」|Vol.4
神戸ベイサイド DISCO VIBRATION OCEAN DISCOTIQUE…