2014年
9月号
24万㎡(約7万3千坪)。外国人住宅地の入口には、ジェームス山の象徴である御影石で作られたライオン像が静かに出迎える。ジェームス山のシンボルでもある

特集 ー扉 E.W.ジェームス氏が愛した塩屋

カテゴリ:神戸

ここは日本なのか? 照葉樹林のまばゆい緑に抱かれる洋館の向こうには、碧い海が広がっている。
昭和初期に開発された外国人向け住宅地、塩屋ジェームス山(神戸市・垂水区)は、華やかな神戸文化の象徴的な存在だ。明石海峡大橋と淡路島を望む絶景の丘は、今なお昔と変わらぬ美しい景観が保たれ、塩屋カントリークラブを核としたコミュニティが息づいている。
ジェームス山のシンボル、ライオン像は、ジェームス氏の遊び心を今に伝える。

塩屋土地(株)・野村不動産(株)・(株)神戸っ子出版 共同企画

24万㎡(約7万3千坪)。外国人住宅地の入口には、ジェームス山の象徴である御影石で作られたライオン像が静かに出迎える。ジェームス山のシンボルでもある



エントランスから階上につづく邸内。完成から80年を経ても力強く、重厚な設計は色褪せない


英国出身のジェームス氏は、英国の伝統的な建築様式ジャコビアン様式をとり入れた

〈2014年9月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.19
9月 「月見の名所」
特集 ー扉 E.W.ジェームス氏が愛した塩屋
ジェームス山とは?
ジェームス山は「第二のふるさと」
昔も今も外国人居住者の社交場として塩屋カントリークラブ
ジェームス氏の精神を受け継いで
今も昔も変わらぬ、落ち着いた塩屋の駅と街
塩屋の邸宅文化を伝える旧ジェームス邸
発展しつづける神戸生まれの食文化
伊藤ハムと神戸
神戸を知り尽くした探偵たちが推薦 良い店の〝うまいもん〟
働く女性の環境をみんなで考える 第9回 ACCJ関西チャリティーウォーク&ファン…
10月1日、宮崎−神戸フェリーが就航!
宮崎観光&グルメ
神戸港から快適&便利な船旅へ
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.14
神戸マツダ灘店、8月2日(土)にリニューアルオープン!
老祥記 vol.10 もう一つの味「椎茸豚肉包」
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十四回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.3
神戸のカクシボタン 第九回
It’s NEW! クロマチックハーモニカの南 里沙 アルバム第二弾は“映画音楽…
Report KOBE 平成25年度 半どんの会文化賞贈呈式
Report KOBE 童画風版画 菅田英一さん 西宮市大谷記念美術館賞受賞
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第57回
第七回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 43
KOBE Night Spot 神戸ナイトスポット Saloon Bar だんら…