2016年
11月号
夙川のランドマークとなっているカトリック夙川教会

夙川に花咲いたモダニズム建築

カテゴリ:住環境, 西宮

“美しさ” に包まれて 夙川千歳町の暮らし

良好な環境こそ、名建築を生み出す何よりの土壌だ。
大正時代より佳良な住宅地として注目を浴びてきた
夙川にもまた、素晴らしい建築が息づいてきた。

 かつて、現在の殿山町や雲井町あたりには、関西学院大学や旧居留地38番館で知られるウィリアム・メレル・ヴォーリズの建築が10棟くらい存在していた。明るいスパニッシュ・ミッションスタイルは、赤松の緑濃い夙川の風景とマッチしていたことであろう。北米系の海外伝道組織、アメリカンボードミッションの住宅は大正11年(1922)に建てられた。宣教師の住まいらしく慎ましい建物であったが、コロニアルスタイルを踏襲し、赤煉瓦の煙突が印象的だったそうだ。ナショナルシティバンクの社宅は支店長宅のほか副支店長宅、経理課用、単身者用の4棟あり、テニスコートを中心にそれらの建物が配されていたという。ヴォーリズの住宅はほかにも阿部市太郎邸などいくつかあったが、現在は姿を消し、彼の精神やデザインを受け継ぐ一粒社ヴォーリズ建築事務所による上田安子記念館がその記憶をとどめている。
 夙川のランドマークと言えば、カトリック夙川教会だ。昭和7年(1932)に落成したネオゴシック様式の大聖堂はヨゼフ梅木省三の設計。エキゾチックな尖塔や荘厳なステンドグラスには、まさに美の神が宿っているようだ。
 夙川の左岸には、対照的なモダニズムのテイストを持つ2つの素晴らしい住宅が、道を挟んで佇んでいる。
 旧山本家住宅は、和と洋を近代的なセンスで融合させた建築。阪神間モダニズム末期の昭和13年(1938)築で、上質の材と上品なデザインで完成度が高い。茶室研究で知られた岡田孝男の作品ゆえ、派手さこそないが粋だ。
 浦太郎邸は近代建築の巨匠、ル・コルビュジエの弟子である吉坂隆正の設計。正方形を巧みに組み合わせたユニークな構造で、縦横交互に積み上げた煉瓦の外壁がアクセント。スポット風の照明や雨水を滝に変える庇の穴など遊び心に満ち、ピロティの採用や色づかい、そして機能性に師のエスプリを感じる稀有な建築だ。

夙川のランドマークとなっているカトリック夙川教会

夙川のランドマークとなっているカトリック夙川教会


旧山本家住宅は、阪神間モダニズム末期の昭和13年(1938)築

旧山本家住宅は、阪神間モダニズム末期の昭和13年(1938)築


浦太郎邸は近代建築の巨匠、ル・コルビュジエの弟子である吉坂隆正の設計

浦太郎邸は近代建築の巨匠、ル・コルビュジエの弟子である吉坂隆正の設計


縦横交互に積み上げた煉瓦の外壁。浦太郎邸

縦横交互に積み上げた煉瓦の外壁。浦太郎邸


ル・コルビュジエのエスプリを感じる稀有な建築。浦太郎邸

ル・コルビュジエのエスプリを感じる稀有な建築。浦太郎邸

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年11月号〉
夙川近代史 遊園地から郊外住宅地へ
夙川に花咲いたモダニズム建築
文学を生み出す、夙川
千歳町について
帰って来るとホッとする わが街、千歳町
日々の生活の延長上に文化がある
東西の美学が融合した芦屋ならではの和洋館 「萬野邸」
芦屋・翠ヶ丘について
阿保親王と芦屋
〝関西一の洋館〟 2つの邸の物語
マリスト・ブラザース・インターナショナル・スクール
ステラマリス インターナショナルスクール 同窓会
日本初!実験的な「CLTカフェ」が舞子浜にオープン
幸せな人生を送るために ~高齢者施設とは?~
早くて安い!神戸空港からひとっ飛びの旅!!|神戸〜沖縄の飛行機旅(前編)
第6回 KOBE豚饅サミットⓇ 2016 11月10日(木)~13日(日)
連載 ミツバチの話 ④
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十六回
美味しさと安心・安全を追求して 製造小売業 いかり
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑤
第5回 神戸洋藝菓子ボックサン
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 4
連載コラム 「第二のプレイボール」|Vol.21
Power of music(音楽の力) 第11回
神戸市立須磨離宮公園「王侯貴族のバラ園」
紅葉散策!|神戸市立須磨離宮公園
「西神飯店」 「神源」誕生秘話 ⑤
阪神間のステータスシンボル「いかりスーパーマーケット」
芦屋のお客様とともに歩んだ70年「株式会社 竹園」
ヤナセ 神戸支店|100年にわたる“感謝の心”を、未来につないでいきます。
神戸のカクシボタン 第三十五回 秋の夜長、駅前のスタイリッシュな隠れ家で乾杯!
「茨城」は日本の“絶景”の宝庫です!
秋のおもてなし Last Autumn
Report KOBE|全国公募展 第4回「国際現代」水墨画展
神戸鉄人伝 第83回 牛丸 好一(うしまる こういち)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十三回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑥ ちぎりぬき
NEWS 神戸百店会|北野ガーデン古典芸能イベント 芝能「秋宵の宴」を開催