2021年
7月号

神戸らしい 〝本の森〟 づくりが 始まります

カテゴリ:文化・芸術・音楽, 神戸

建物の工事が着々と進む「こども本の森 神戸」。7月6日から本の寄贈募集も始まり、2022年春の開館に向け、ソフト面での計画も動き始めています。図書館司書として準備に携わる三木彩香さんにお聞きしました。

見る、読む、触れる、嗅ぐ…
本から感じ取るものは大切

―三木さんは市立図書館でお仕事をされていたのですか。
 はい。中央図書館に就職し、図書館司書として6年間仕事をしていました。今年4月から文化交流課を兼務し、来年春の「こども本の森 神戸」開館に向けての準備に携わっています。

―子どものころからたくさん本を読まれたのでしょうね。
どんな本がお好きですか。

 本が身近にある環境に育ち、将来は本に関わる仕事がしたいと思っていました。中央図書館で担当していた児童書を読む機会が多かったのですが、学生のころから好きだったのはミステリー。最近また読み返してみたり、今さらアガサ・クリスティを読んでみたり。すごいスピードでたくさん読むというのは得意ではなくて、「どうだったかな?」と気になったら前のページに戻ってみる。そんな読み方です。

―幼いころから本に親しむことの大切さとは。
 科学や文学など分野を問わず、子どもはみんな大きな好奇心を持っていて、その時に触れるからこそ感じ取れるものや得られるものがあると思います。幼いころからの蓄積が人生の土台になり、一生の財産になります。私自身も大人になってから、子どものころに読んだ絵本に偶然出会うと温かい気持ちになれます。子どものころに見たり読んだりした本は心の奥深くにずっとあって、生きる力を支えてくれていると言っても過言ではないと思っています。

―社会ではペーパーレス化が進んでいます。本はどうなのでしょうか。
 そうですね。小さな子どもでもタブレットを使う時代ですからね。でも私は、紙の本は大切だと思っています。なぜなら、見たり、読んだりするだけでなく、ページを開くときのわくわく感や指先の感触、紙の匂い…言葉では言い尽くせないほど五感で感じ取れるものが本にはたくさんあるからです。

自由にのびのびと
本に親しめるのが〝本の森〟

 
―本の寄贈募集も始まりますね。
 自治会や婦人会などでポスター掲示をお願いするのと併せて、神戸市と本の森のホームページで告知して1万冊を目標に募集が始まります。破れや汚れのない状態の本を寄付いただけるとありがたいですね。ただし、お名前が書き込まれている本は状態が良くても残念ながら受け入れができません。
―安藤忠雄さんから、「ノーベル賞受賞者が愛読した本のコーナーをつくる」という提案もありました。その他にも予定しているコーナーがあるのですか。
 これからテーマを決めて、施設を運営する指定管理者と相談しながら、寄付いただく本とあわせてどういった本を購入し、どういう配置にするかなどを決めていく予定です。絵本作家のスズキコージさんや児童文学の岡田淳さんなど、地元ゆかりの作家さんのコーナーができるといいですね。イベントも市内の関連施設や企業などいろいろなところと連携して、本に関することに限らず開催できたらいいんじゃないかな。「こども本の森 中之島」を参考にしながら、神戸らしい〝本の森〟づくりを進めていきたいと思っています。

―どの年齢層を対象にしているのですか。
 主に未就学児から小学生までを対象にしています。神戸の子どもたちに本に親しんでもらうのはもちろんのことですが、大人も一緒に楽しんでもらえる施設にしたいと思っています。
―神戸以外の子どもさんや、大人だけで利用してもいいのですか。
 もちろん、どなたにでも利用していただけます。絵本や児童書は子どもたちだけのものではなく、大人にとっても楽しくて、豊かな気持ちにさせてくれるものです。「こども本の森」は貸出カードを作ったり、本を貸し出ししたりする、いわゆる「図書館」ではありません。自由に本に触れ、気が向いた場所…芝生広場へ持ち出してもいいんですよ、のびのびゆったりした気分で本を楽しんでください。

神戸市 文化スポーツ局
文化交流課
三木 彩香さん

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2021年7月号〉
SEIZO WATASE The Art Story Vol.7
動画プロジェクトリンク集
KOBECCOお店訪問|スパイスレストラン ぶはら
KOBEパンさんぽ|Vol.30 プチブレ
平尾工務店|目次[PR]
BMW 駆けぬける歓び[PR]
最高の神戸ビーフ|ビフテキのカワムラ|扉 [PR]
南京町をぶらり|曹さんぽ|扉 [PR]
名車との出会い vol.15 特別編 「シボレー・カマロ」
神戸で始まって 神戸で終る ⑱
Maestro YUTAKA SADOと兵庫芸術文化センター管弦楽団
⊘ 物語が始まる ⊘THE STORY BEGINS – vol.11 落語家 …
ノースウッズに魅せられて ―大竹英洋フォトコレクション
NEKOBE|扉
神戸偉人伝外伝|扉
映画をかんがえる | vol.04 | 井筒 和幸
神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~⑮手塚治虫前編
手塚治虫記念館 リニューアル
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド ビスポーク・テーラー[KOBECCO Selec…
ALEX|トータルビューティーサロン[KOBECCO Selection]
il Quadrifoglio(クアドリフォリオ)|ビスポークシューズ[KOBE…
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
Hair&Face Elizabeth|ヘアサロン[KOBECCO S…
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
私の神戸みやげ|PATISSERIE TOOTH TOOTH|バースデーケーキ…
ノースウッズに魅せられて Vol. 24
<特集>最近 読んだ 一冊|表紙
特集|最近読んだ一冊|伊藤 紀美子
特集|最近読んだ一冊|上羽 健介
特集|最近読んだ一冊|金指 光司
特集|最近読んだ一冊|高士 薫
特集|最近読んだ一冊|寺本 督
特集|最近読んだ一冊|平尾 博之
特集|最近読んだ一冊|福井 佑実子
特集|最近読んだ一冊|藤澤 正人
特集|最近読んだ一冊|前田 由利
特集|最近読んだ一冊|蓑 豊
特集|最近読んだ一冊|矢崎 和彦
神戸らしい 〝本の森〟 づくりが 始まります
「こども本の森 神戸」へ ようこそ 04
女子ラグビークラブチーム「神戸ファストジャイロ」
神戸青年会議所 神戸JCが紡ぐ 20年前から変わらぬ想い VOL.5
輝く女性Ⅲ Vol.13 アーティスト 高橋 ひとみさん
一人で抱え込まないで! 「こども・若者ケアラー相談・支援窓口」開設
木のすまいプロジェクト|平尾工務店|木材編|Vol.1 山を育てる
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第121回
神戸大学医学部附属病院整形外科 第3回 多くの人が悩まされる「腰痛」のはなし
harmony(はーもにぃ) Vol.41 新型出生前診断②
連載コラム 「続・第二のプレイボール」 |Vol.15
連載エッセイ/喫茶店の書斎から62 「触媒のうた」余滴、「天秤」
神戸のカクシボタン 第九十一回  自分に合ったかぶり心地の良さを実感 神戸元町・…
NEKOBE|vol.30 |トアロードデリカテッセン
NEKOBE|vol.29 |マキシン