2021年
7月号

輝く女性Ⅲ Vol.13 アーティスト 高橋 ひとみさん

カテゴリ:お洒落・ファッション, 西宮

人気料理サロン「ターブルドール」代表の三好万記子さんがホスト役になって、阪神間在住の輝く女性にお話を伺うシリーズ。今回のゲストは、本音で語り合う仲間の一人。どんな本音が飛び出すのでしょう。

アーティスト 高橋 ひとみさん

「自分の表現をしたい!」。湧き上がる思い
中和してくれるのは、子どもたちとの触れ合い。

モノを作ることに関しては決して妥協を許さない高橋ひとみさん。アーティスト、子ども絵画教室の先生、家事や子育て、全てのバランスを上手に取りながら生きてきた今までのこと、そして「自分の表現をしたい!」というこれからのことをお聞きしました。

…子どものころから絵を描くことが好きだったのですか?
私は一人娘で、いろいろ習い事をさせてもらったけれど、続いたのは絵画教室だけ。「本当にやりたいのならきっちり習ったほうがいい」と母が先生を見つけてきて、中学2年生の時から本格的な教室に通い始めました。その後長いお付き合いになるこの先生がいなければ、今の私はないと思っています。

…そして芸大に進んだのですね。
ファッションデザイナーを目指して専門学校に進みたかったけれど、「大学に行って勉強するのはどう?」という母の助言もあって芸大へ。
就職先が限られる中、イッセイミヤケや君島一郎のプレタポルテを扱っている繊維メーカー会社を見つけて「ここだ!」と入社しました。すると、いきなりデザインの仕事を任せてもらえて、糸やテキスタイルのことは全く分からない私は、現場へ行って職人さんにしつこく質問。若いお姉ちゃんでしょう、初めは白い目。でも、モノを作るとなると妥協できずに追求する真剣さが伝わったのか…認められるようになったら楽しくて、仕事をして一人で生きていくと決めていました。

…ところが結婚。家事をこなし、2人のお嬢さんを育て、バリバリ仕事もこなしているひとみさん。どうやって両立させてきたのですか?ご主人の理解があったのでしょうね。
とんでもない!「お互い仕事をして帰る家が同じ。そんな関係でいよう」という言葉に騙されて?結婚したら全然話が違う。私が「東京出張」と言うと、「僕のご飯はどうするの?」って(笑)。当時は、女性が仕事をすると、「恥ずかしい」、子どもに鍵を持たせたら、「かわいそう」などと言われる時代でしたよね。私も、家事はちゃんとしたいし、子どもは欲しいし、子育てもちゃんと…頑張り過ぎて疲れちゃって、3年ほどで仕事は一旦やめました。

…その後、仕事を再開したきっかけは?
お稽古事もやってみたけどつまらなくて。そんな時に再会した先生から、「子どもクラスの先生が辞めるので後を引き受けてもらえない?」と声をかけていただき、週に2時間程度絵画教室の先生を始め、子どもが生まれてからはお義母さんにお願いして、それ以来25年。

…先生歴が長いのですね!
やめようと思う度に子どもたちや親御さんから「やめないで」と言ってもらって、必要とされていると思うと嬉しくて続けてこられたのかな。自分の絵を描くことに専念したいという思いも強くなって、そんなときに背中を押してくれたのが主人。2017年、「Atelier ACUTE」をオープンしました。それでも家事はしていますよ。中途半端は嫌だから。

…わかります。私たちの世代って、「仕事をさせてもらうのなら家事もきちんとやらなくちゃ」と思ってしまうものね。教室の子どもたちにとってひとみさんはどんな先生なのかな?
まずは自由に絵を描かせています。でも言葉がちゃんと理解できる年代の子どもには、道具をきちんと大切に使う方法や、色の塗り方、絵の具のことなど基本的なことを教えたり、3原色で色の作り方を実験したりします。すると色をたくさん上手に使って、どんどんカラフルできれいな絵になってきます。

…「自由」と「教える」ということのバランスは大切ですね。ひとみさんはいつも「子どもに絵を教えるのは世界平和のため」と言っているけれど、それはどういう意味?
目には見えないものを想像できる人になってほしいから子どもたちには絵を描いてほしい。そうすれば、人の気持ちも想像できて喧嘩もしなくなり、世界平和につながると思うのです。アートを通して心を育てたいんです。こんなこと言っても、自分が何もしないのでは、「何言ってるの?」って思われてしまう。だから私自身が自分の想いをどんどん作品にしていかなくちゃいけない、と思っています。

…私も大好きな「erotitta」さんが誕生したのはいつ?
数年前。仕事としてデザイン画は描いても、「自分の表現」を他人様に見せるなんて恥ずかしくて、アトリエで一人、スケッチブックに落書きしていたら突然、下りてきたの。思い切ってインスタにあげたら、友達から「あんな絵を描くの!?面白い!」ってコメントがきて、友達のコピーライターさんが「エロス」と「チーター」を組み合わせてネーミングしてくれて誕生したのが「erotitta」さん。フレンズもどんどん増えています。
…テーマがあるデザイン画は「ステキだな」と思うし、何も ないところから生まれる作品は「すごい!」と思う。いつ、どんなふうに閃くの?
描きたいものがあり過ぎて、湧いてきたらその瞬間に描きとめられるように、家中にペンとスケッチブックが置いています。閃くのは明け方が多いかな。輪になっている「erotitta」さんシリーズは、生まれ変わっても自分に戻ってくる「輪廻転生」のようなイメージが…といえばカッコいいけれど、閃いたのはピザをカットしているとき。夢を壊してしまうかな?

…私のお店の壁に作家さんの作品を2カ月ごとに飾ろうという企画の第1回はひとみさんにお願いしています。外向の大きなガラスにも「erotitta」さんを描いてくれています。7月には銀座兜屋画廊で個展も開くし、これからは自分の絵を描くのかな?私は、子ども絵画教室も続けてほしいと思うのだけれど…。
自分の作品を「これでいいのかな?」と疑い始めるとネガティブになって内にこもってしまう。でも子どもたちと直接触れ合って褒めてもらったり、ギャーギャー怒ったり、一緒に笑ったり…そんなことが心の中を中和してくれる。子どもたちに救われていると気付いたからずっと続けます。

…ひとみさんはいい場所に留まってバランスを取りながら生きているように思えます。これからは「自分の表現をしたい」という思いを爆発させて、でもどこか遠くへ飛んで行ってしまうことなく、子どもたちに絵を教えている元気なひとみさんでいてくださいね。

三好さんからの質問コーナー

Q.ハマっているグルメや気になるお店はありますか。
A.アトリエのお隣にあるパン屋さん、「ケーズケベック」さんです。レーズンがモリモリ入っているレーズンパンは、クリームチーズを塗って、赤ワインのお供にしています。


アーティスト 高橋ひとみ

兵庫県西宮市出身。大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業後、ファブリックメーカーの商品企画開発のデザイナーを経て、絵画講師として20年務める。2017年に自らのギャラリー[atelier ACUTE]を開設し初めての個展を開催。社会福祉法人神戸真生塾絵画講師。


三好 万記子(みよし まきこ)

株式会社ターブルドール 代表取締役
神戸女学院大学卒。パリに3年間滞在中、フランス料理を学ぶ。ル・コルドン・ブルーにて料理ディプロマ、リッツ・エスコフィエにてお菓子ディプロマを修得。帰国後、西宮市・夙川にて料理サロン「Table d’or」主宰。ケータリングではディスプレイを含むトータルコーディネートに定評あり。2020年9月、芦屋市にレストランカフェ「78Fuzuki Yaoka」をオープン。美味しく身体に優しく創造的なメニューを次々と考案し、開業直後から予約が埋まる。企業へのレシピ提供など、「食」を幅広くプロデュース。

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2021年7月号〉
SEIZO WATASE The Art Story Vol.7
KOBECCOお店訪問|スパイスレストラン ぶはら
KOBEパンさんぽ|Vol.30 プチブレ
名車との出会い vol.15 特別編 「シボレー・カマロ」
神戸で始まって 神戸で終る ⑱
Maestro YUTAKA SADOと兵庫芸術文化センター管弦楽団
⊘ 物語が始まる ⊘THE STORY BEGINS – vol.11 落語家 …
映画をかんがえる | vol.04 | 井筒 和幸
神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~⑮手塚治虫前編
手塚治虫記念館 リニューアル
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド ビスポーク・テーラー[KOBECCO Selec…
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
ALEX|トータルビューティーサロン[KOBECCO Selection]
il Quadrifoglio(クアドリフォリオ)|ビスポークシューズ[KOBE…
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
Hair&Face Elizabeth|ヘアサロン[KOBECCO S…
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
私の神戸みやげ|PATISSERIE TOOTH TOOTH|バースデーケーキ…
ノースウッズに魅せられて Vol. 24
<特集>最近 読んだ 一冊|表紙
特集|最近読んだ一冊|伊藤 紀美子
特集|最近読んだ一冊|上羽 健介
特集|最近読んだ一冊|金指 光司
特集|最近読んだ一冊|高士 薫
特集|最近読んだ一冊|寺本 督
特集|最近読んだ一冊|平尾 博之
特集|最近読んだ一冊|福井 佑実子
特集|最近読んだ一冊|藤澤 正人
特集|最近読んだ一冊|前田 由利
特集|最近読んだ一冊|蓑 豊
特集|最近読んだ一冊|矢崎 和彦
神戸らしい 〝本の森〟 づくりが 始まります
「こども本の森 神戸」へ ようこそ 04
女子ラグビークラブチーム「神戸ファストジャイロ」
神戸青年会議所 神戸JCが紡ぐ 20年前から変わらぬ想い VOL.5
輝く女性Ⅲ Vol.13 アーティスト 高橋 ひとみさん
一人で抱え込まないで! 「こども・若者ケアラー相談・支援窓口」開設
木のすまいプロジェクト|平尾工務店|木材編|Vol.1 山を育てる
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第121回
神戸大学医学部附属病院整形外科 第3回 多くの人が悩まされる「腰痛」のはなし
harmony(はーもにぃ) Vol.41 新型出生前診断②
連載コラム 「続・第二のプレイボール」 |Vol.15
連載エッセイ/喫茶店の書斎から62 「触媒のうた」余滴、「天秤」
神戸のカクシボタン 第九十一回  自分に合ったかぶり心地の良さを実感 神戸元町・…
NEKOBE|vol.30 |トアロードデリカテッセン
NEKOBE|vol.29 |マキシン