2012年
2月号

里親ケースワーカーの 〝ちょっといい お話〟

カテゴリ:

里親は、成長の途中からの子育てです。里親のもとへ来るまでに、子どもの心は傷つき、実の親と離れなくてはならない寂しさを経験しています。それだけに、里親さんの子育ては難しく、「ていねいな子育て」が本当に大切になってきます。時には親も子どもに気持ちをぶつけたくなりますが、それをこらえて、子どもの思いはどこにあるかを考え、思いを表現できるまでじっくり待つということでもあります。
ある一人の子どもの事例をお話しします。その子は新しい里親のもとへ行くときに、なかなかすぐには行けませんでした。小学校1年のときに里親に出会い、交流期間があったのですが泣いて部屋から出てこなかったりして、それでもその里親さんは、ずっとていねいに待っておられました。その後、一緒に暮らし始めました。
その子が6年生になり、小学校を卒業する際に、学校で「親への手紙」を書くことになり、私もそれを読ませていただきましたが、そこにはこう書いてありました。
「(里親さんに)出会ったのは××年でした。自分は逃げてばかりで、なかなかなつけなくてごめんなさい。それでもあきらめずに、来てくれてありがとう。私の不安を取りのぞくことに働いてくれてありがとう。××で失敗したときもはげましてくれてありがとう。
ケンカして家を出て行ったとき、追いかけてきてくれてありがとう。本当は追いかけてきてくれなかったらどうしようと不安だった。」
最後に、
「ありがとう、と言えなかったのに、ありがとうと言えるようにしてくれてありがとう」
と、書かれていました。このことは、子どもへの配慮は、そのときすぐに子どもから言葉として出てこなくても、子どもの心にはちゃんと伝わっているのだという事例ではないでしょうか。
アメリカで、3千人以上の子どもを育てた里親が来日した際、このような言葉を私たちに教えてくれました。
「Nothing you do for a child is ever wasted(あなたが子どもにしてあげられることで、無駄なことは何ひとつない)」―Garison Keillor
施設ではなく、家族という単位の中で、当たり前の生活を送りながら、子どもたちの身に付くことはたくさんあります。

お話/米沢普子さん

〈家庭養護促進協会 神戸事務所 ケースワーカー〉
社団法人 家庭養護促進協会
TEL 078・341・5046
神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市総合福祉センター2階

〈2012年2月号〉
フロントアート
特集 科学するこころは今 スパコン「 京 」K computer —扉
始動! スパコン「京」K computer
「京」から始まる 新しい科学
「京」の中に地球を作る
宇宙で太陽光発電を
地球をシミュレーションする
「京」で広がる化学の可能性
オリンピックを走る
桂 吉弥の今も青春 【其の二十二】
発信!デザイン都市「ものづくりの力」 ー扉
新幹線からビールまで[発信!デザイン都市 ものづくりの力(1)]
文化財の酒蔵でタイムスリップを[発信!デザイン都市 ものづくりの力(2)]
灘酒の中の灘酒 やっぱり俺は…[発信!デザイン都市 ものづくりの力(3)]
さきがける伝統 今なお花盛り[発信!デザイン都市 ものづくりの力(4)]
磨かれたセンスで 酒を、文化を愉しむ[発信!デザイン都市 ものづくりの力(5)]…
北野工房のまちに 各蔵の銘酒が勢揃い 灘の酒アンテナショプ 「灘の酒蔵通り」
「平清盛」にちなんだ日本酒が新発売[発信!デザイン都市 ものづくりの力(7)]
兵庫県洋菓子協会 65年記念史発行記念座談会 次世代のパティシエに向けてのメッセ…
兵庫県洋菓子業界の歩みが一冊に 兵庫県洋菓子協会 65年記念史 刊行
兵庫の社寺に 「清盛茶屋」がオープン
神戸 旧居留地ものがたり Vol.6
くらしの丘名谷 連載第2回
神戸フィルムオフィス Presents 神戸ロケが行われた最新映画情報
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第十四回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 54
田辺眞人のまっこと!ラジオ出張版 「神戸っ子出張版」2
里親ケースワーカーの 〝ちょっといい お話〟
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 芸術家女星編 第25回
ザ・ウエディング プレゼンテーション2012
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ26
働くママを応援♪ママとキッズのイベント開催
浮世絵にみる 神戸ゆかりの「平清盛」 第2回
触媒のうた 12
[海船港(ウミ フネ ミナト)]〝ぱしふぃっくびいなす〟で訪ねた 国境の島・対馬…
神戸牛をはじめ、 特撰和牛をカジュアルに 炭火焼肉Dining ひよりや
1月17日 東遊園地、淡路島、長田など各地で追悼の集い
元永定正さん偲び 「もーやん さようならの会」