2018年
11月号
想い出の詰まったボールに触れて、2019年のラグビーワールドカップの話題に。 大人のためのゲストスペース「サロン・ド・エルミタージュ」にて

早駒運輸株式会社 代表取締役社長 渡辺 真二さん・ブランディングプロデューサー 渡辺 美香さん|11.22いい夫婦の日

カテゴリ:おすすめスポット, 神戸, 経済人

お互いが常に〝素〟でいられるから、全てを分かり合える

いつお会いしても、楽しく笑いが絶えない渡辺ご夫妻。震災という試練を乗り越え、早駒運輸を引き継ぐという大きな責任を背負い、お互いを思いやりながら歩んできた25年間です。

初対面なのに、初めて会った気がしなかった

―お二人には、いつ、どんな出会いが?

真二 1993年11月17日「アーバンリゾートフェア 93」が開催された年です。4月に「神戸シーバス」を就航させ、たくさんの知り合いができた中のお一人から「パーティーがあるから来ないか?」と誘われました。参加者の一人が美香だったんです。ドレスコードが「赤」でしたので、私はシーバスの赤いジャンパーを着て行きました。
美香 皆さん正装で来られている中で一人、ジャンパー!「あの赤の人、おもしろいよね」なんて友達と話していました。それが第一印象です。
真二 美香とは初対面なのになぜか初めて会った気がしなくて…。そして二次会で、「みんなで連絡先を交換しましょう」と発案。実は彼女のだけが欲しかったんですが、僕は(笑)。すぐに電話でデートに誘い、「付き合ってください」と申し込んだところ快諾してもらいました。
美香 私は「友達として付き合ったら楽しそうだな」というぐらいの気持ちでした。二人ともゴルフをすることが分かって、次のデートは練習場。音楽が好きなことも分かって、ジャズを聴きに行き…、同じことに興味を持って、同じ価値観を持っていて、一緒にいるととても楽しかったです。
真二 何か波長が合うんです。お父さん、お母さんにお会いしても、10年前から知り合いだったような感じで。
美香 なぜかみんなが親しみを込めて「しんちゃん」と呼びたくなる、しんちゃんマジック(笑)。

―そして、結婚へ?

真二 翌年1月1日、天保山で日の出を見ながらプロポーズしました。「はい」と言ってくれて嬉しくて、道の真ん中で前方回転受け身で転がって、足をくじきました。それほど嬉しくて。その年の6月15日、ハワイ・キャルバリー教会で結婚式を挙げました。
美香 渡辺母は神戸で女傑として知られている方で、私にとってもボスという存在でした。何でもハッキリおっしゃるのですが、それが私にはよかったです。その渡辺母が、海を仰ぎ見る教会で「親の役目を果たせた。パパを思い出して涙が出た」と話していました。
真二 六甲アイランドで新婚生活が始まりました。付き合った期間が短かったので、ゴルフや旅行、JAZZライブに行って、二人で過ごす楽しい時間でした。

新婚生活半年で、震災。夫婦の劇的なドラマが始まった

―恋人同士のような新婚生活ですね。

真二 ところが年が明けた1月17日、阪神・淡路大震災。そこから夫婦の劇的なドラマが始まりました。幸い自宅は無事で電気もすぐ復旧したので、翌日、御影に住む母を呼びましたが、島内のガスタンクが危険だと。ちょうどその時、神戸市から、外国人の方を神戸シーバスで脱出させたいので協力してほしいという要請もあり、3人で、船で本社に向かうことにしました。8人乗りの小さな船に乗り神戸に向かおうとしたとき、大阪に向かう船を見て母が突然、「美香ちゃん、あなたは大阪に行きなさい」。
美香 私はびっくりして躊躇しました。「一緒に大阪へ行きましょう」と涙ながらに言ったところ、渡辺母の答えは「ありがたいけれど、私の肩には三百人の社員とその家族の生活がかかっているのよ」。会社のトップの宿命とはこういうことなのかと胸に刻んだ言葉でした。そして、母はただ泣くだけの私の背中をポンと押し、私は隣の船に乗り移りました。
真二 そこからは涙の別れでした。遠ざかって行く船。飛行機と違って、船はずっと航跡が見えなかなか視界から消えていってくれない…。本社に着いたらすぐ目の回るような展開で、その翌日早朝から外国人脱出用の船、その後は市民の足となる船を出し続けることになり寝る間もない日々が続きました。あの時、母が美香を大阪に行かせる決断をしてくれたことに感謝しました。
美香 その船が、あの思い出の地・天保山に着いたんです。そして2月の初め、また天保山から神戸に向かう船が出て、今度は父と涙の別れ。父が未だに船の別れほど辛いものはない、と話します。両親は、社員分の食糧と水、薬を持たせてくれました。
真二 セミロングだった髪を今のようなベリーショートにして、覚悟を決めて帰って来てくれたんだと思うと、本当に嬉しかったですね。

いつも話をしていて、最後はいつも笑っている

―子どもさんが2000年に生まれてからは変わった?

真二 それまで〝ニコイチ〟だったのが〝サンコイチ〟になっただけ(笑)。ゴルフに行ったり、食事に行ったり、仲良しですよ。僕の両親も美香の両親も同じように仲良しでしたから、お互いにそれがごく普通です。それも二人が合う理由かも知れません。でも、それぞれに自分の世界もあり、彼女も自分がやりたいことに対して強い意志を持っています。セーラーカラーをモチーフにした boh boh Tシャツを震災で津波被害に遭った東北の子どもたちにプレゼントしようという発想は僕には決してできなかったと思います。そこから新たなご縁が広がりました。
美香 子ども中心にはなりましたが、何も変わりません。主人も子育てに参加してくれて、イクメンの先駆けです。
真二 甲南幼稚園に送って行くのは僕、甲南小学校に入っても集団登校に付き添い、とうとう6年間、通学路の見守り活動を雨の日も風の日も、出張の時以外は毎日、続けることになりました。その流れで子どもたちのドッジボール部の監督になり、自分の子どもは6年前に卒業しているのに今でも監督です。甲南学園広報部から頂いたご縁からまたご縁が広がりました。Tシャツが出来上がるのが1週間遅ければ、その後の佐渡裕さんやスーパーキッズ・オーケストラ、現在のスーパーストリングスコーベの総合プロデュースというご縁もなかったでしょう。美香との出会いも、ちょっとタイミングがズレていたらなかったわけですから、人生で一期一会のご縁はとても大切だと思いますね。
美香 私たちは、いつも話をしている夫婦だと思います。子どものことでは、最近はラグビーに勤しむ息子を交えて話をします。主人は話を打ち切ったりはしません。「でもね…」とまた話が一から始まっても聞いてくれます。私の機嫌がちょっと悪くなっても、おもしろいことを言って、結局私はケラケラ笑ってしまって。「そんなにおもしろいかな?」と息子にまで言われるんですけど(笑)。
真二 仲がいい夫婦というより、お互いに〝素〟でいられるから、全てを分かり合える存在でしょうか。

―ご縁の「糸」でつながっているのですね。楽しくて、ちょっと涙するお話を聞かせていただきました。ありがとうございました。

セーラーモチーフをラベルにしたkobe bohterを手に

想い出の詰まったボールに触れて、2019年のラグビーワールドカップの話題に。
大人のためのゲストスペース「サロン・ド・エルミタージュ」にて

季節のイベントも人気の「神戸シーバス ファンタジー号」

結婚の記念に。神戸シーバスで

息子さんは高校生に

早駒運輸株式会社 代表取締役社長
渡辺 真二さん
ブランディングプロデューサー
渡辺 美香さん
〈2018年11月号〉
対談/個性を育む私立中学の教育 第4回 啓明学院中学校
Hill of the Rising Sun|より地域に根差した医療を目指し 芦…
レクサスと日本のモノづくり ④
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.8
フランス料理界最高峰のコンクール「ボキューズ・ドール」 その頂点を目指す
<対談>11.22 いい夫婦の日 ―扉
弓削牧場 有限会社箕谷酪農場 代表取締役 弓削 忠生さん・弓削 和子さん|11.…
早駒運輸株式会社 代表取締役社長 渡辺 真二さん・ブランディングプロデューサー…
輝く女性Ⅱ Vol.6 オペラ歌手 株式会社JOC専務 小川 典子 さん
本物の味と技術を伝承する バウムクーヘン専門店「BAUM U. BAUM(バウム…
フラウコウベジャパン 神戸三宮店|ジュエリー[KOBECCO Selection…
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
広東料理 「群愛飯店」本店|神戸の粋な店
連載 神戸秘話 ㉓ 戦後初の女性議員 高良(こうら)とみ 激動の時代に世界平和を…
「ボキューズ・ドール世界大会」に出場する髙山英紀シェフへ 藤井 芳夫さん<藤井内…
ターブルドール創立15周年 日本の食卓を「黄金のテーブル」に!
人とつながりを持ち、自分で考える力を養う「人物教育」
KOBE PREMIUM Night
ラグビーと神戸① 日本ラグビーの父、神戸に眠る
いよいよ本格的なEV時代の到来を予感 ジャガー・ランドローバー神戸中央6周年を迎…
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.13
harmony(はーもにぃ) Vol.9 食品ロスを減らすために
Hill of the Rising Sun|芦屋 朝日ヶ丘話譚
住吉界隈の地域住民の健康増進をめざし、天然温泉の温もりで日々の疲れを癒す 恋野温…
神戸のカクシボタン 第五十九回 絶景の観光スポットが続々と誕生 淡路島の西海岸
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十九回
縁の下の力持ち 第5回 神戸大学医学部附属病院 総合周産期母子医療センター
神戸を豚饅愛で包もう!「第8回KOBE豚饅サミット2018」がはじまるよ!
音楽のあるまち♬13 シンプルな言葉をメロディーにのせ、そっと心に寄り添う
万田発酵 HAKKOパーク しまなみ海道・因島にオープン
神戸鉄人伝 第107回 写真家 森井 禎紹(もりい ていじ)さん
世界の民芸猫ざんまい 第六回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉚ メエメエハナハナ
北野ガーデン古典芸能イベント 爽秋の宴 芝能「小鍛治」を開催|NEWS 神戸百店…