2018年
9月号

連載 神戸秘話 ㉑ 日本が誇る名優 志村喬と政子夫人

カテゴリ:文化人, 神戸

文・瀬戸本 淳 (建築家)

日本が誇る名優で邦画の黎明期を支えた志村たかし。生涯で出演した映画は「姿三四郎」「酔いどれ天使」「野良犬」「羅生門」「生きる」「七人の侍」など黒澤明監督の作品21本を含め443本にものぼる。
かつて銀山で栄えた全国屈指の鉱山町、生野町(現・朝来市)で1905年、志村喬(本名・島崎捷爾しょうじ)は、土佐藩士の家系・島崎家に父・毛登女もとめ、母・喜与きよの次男として生誕。きょうだいは男3人、女4人の7人で、父は銀山の冶金やきん技師だった。小学校を優等で通し、兄の敏夫を追って神戸一中(現・県立神戸高校)へ。後に横浜ゴムの社長を務めた敏夫は21回生。志村は23回生で、私の時代の名校長・高山忠雄と同期だ。青谷の下宿家に敏夫と一中の英語の先生(後に外交官になる三浦和一)と3人で住み、3人でよく摩耶山に登り、一中名物「立ち食い」も経験している。
その後、父親が宮崎に単身転勤となる。志村は軽い肺病のため2年進級が遅れ、母や兄弟と共に父のもとに合流し、延岡中学へ転校。在学中は泳ぎ、ボート漕ぎの名手として知られたほか、同人雑誌に加わって詩も寄稿していた。卒業後、関西大学予科に入学するが、父の退職で学資援助が得られなくなって夜間の専門部英文科に転じ、大阪市水道局の臨時職員として生計を立てる。この頃、講師に劇作家の豊岡佐一郎やシェイクスピア研究家の坪内士行(坪内逍遥の養子)がいたことから演劇熱が芽生え、大学の演劇研究会に参加。芝居に熱中するあまり水道局は欠勤続きで、ついにはクビとなる。そこで大学も中退して本格的に役者の道を目指し巡業などをするが、結果は大赤字で失敗。志村の人生の転機は、この行き詰まりから生まれた。生活できず、友人で後に東宝撮影所長になった森田信義の世話で「近代座」に入り職業俳優として舞台に出演。しかし同じような芝居が続いて気持ちや生活態度は荒み、演技も惰性になっている自分に気付き、巡業先で一座を離れ「新選座」などの舞台に立つが、芝居の世界は景気が悪くなる一方で、舞台で鍛え上げた実績を生かせると思い、この頃主流になり始めたトーキー映画へ転向した。
志村は1937年2月に見合いをし、結婚は11月と時間がかかっている。相手は8つ下の山田政子。神戸元町の老舗料亭「松源」を営んでいた父の死後、はじめて経験した母との借家暮らしは須磨区権現町の家だった。神戸市森高等女学校(現・神戸学院)を卒業し神戸大丸に勤めていた。志村は「いまの女房が、ああいう変わったのが見合の相手に出てきたんですよ」と照れながらまわりに語っていた。32歳と24歳の二人の間を手紙が行き交う。婚約時代の往復書簡の文面からは彼の独特の思いやりが伝わってくる。嵯峨野で結婚生活をスタートさせ、志村が没するまでとても仲のいい夫婦だった。夫人は天真爛漫で芯が強く、誰もが人間性に魅了された。子どもがいなかったこともあり、妻を残して逝った志村はさぞ辛かったことだろう。「お前にはえらい目にあわせた…もう4、5年楽しんでからおいで」と志村に言われた政子夫人は、2005年に92歳で大往生を遂げた。夫人の著『美しく老いたし』では高倉健がまえがきを書いている。【つづく】

※敬称略
※神戸新聞社編『わが心の自叙伝(映画・演劇編)』(神戸新聞総合出版センター 2000年)、薄地久枝『男ありて 志村喬の世界』(文芸春秋 1994年)、志村喬記念館広報などを参考にしました。

志村 喬(しむら たかし)

映画俳優
1905年、兵庫県朝来郡生野町(現在の朝来市)生まれ。旧制神戸一中などを経て関西大学予科へ進学、同大学専門部二部(夜間)へ転部、大阪市役所に勤務しながら通学していたが、演劇に打ち込み、中退。近代座を経て、30歳で新興キネマに入社。マキノ、日活、松竹と移り、東宝へ。ここで黒澤明監督に出会い、「姿三四郎」「わが青春に悔なし」「酔いどれ天使」「羅生門」「七人の侍」「生きる」「用心棒」「醜聞」「隠し砦の三悪人」「蜘蛛巣城」「天国と地獄」「赤ひげ」「影武者」など、ほとんどの黒澤作品で重要な役割を果たす。ほかにも溝口健二、伊丹万作、吉村公三郎といった名監督らの傑作に数多く出演し、渋い役回りの名優として評価は高い。ほかの出演作は「ゴジラ」シリーズ、「男はつらいよ」シリーズ、「華麗なる一族」「動乱」「天平の甍」など。1982年、76歳で死去。

瀬戸本 淳(せともと じゅん)

株式会社瀬戸本淳建築研究室 代表取締役
1947年、神戸生まれ。一級建築士・APECアーキテクト。神戸大学工学部建築学科卒業後、1977年に瀬戸本淳建築研究室を開設。以来、住まいを中心に、世良美術館・月光園鴻朧館など、様々な建築を手がけている。神戸市建築文化賞、兵庫県さわやか街づくり賞、神戸市文化活動功労賞、兵庫県まちづくり功労表彰、姫路市都市景観賞、西宮市都市景観賞、国土交通大臣表彰などを受賞

〈2018年9月号〉
My Vitamin Lunch ● 私のビタミンランチ ●|SIMA SIMA…
<インタビュー>Make KOBE Great Again! ダン・カーター選手…
「ポップアップミュージアム ~1 YEAR TO GO FESTIVAL~」
神戸らしいハイカラな寄席で「生」の落語にふれる楽しさを
芸は思いと人間性
対談/個性を育む私立中学の教育 第3回 甲南女子中学校
甲南ブラスバンドからニューヨークへ|黒田 卓也さんインタビュー
新型BMW X2で、もっと、KOBEを楽しく!
レクサスと日本のモノづくり ③
コベルコ ラグビーフェスティバル 2018
連載 神戸秘話 ㉑ 日本が誇る名優 志村喬と政子夫人
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.6
神戸で落語を楽しむ
上方落語の祖 米沢彦八ってどんな人?
落語を知らぬは人生の損! ビギナー向け 落語の楽しみ方入門
輝く女性Ⅱ Vol.4 香港李小龍會執行幹部海外統括 ソフィ・ウエカワさん
地域社会や世界に対して活力を与える存在になろう
甲南ファミリージャズの夕べ in ラヴィマーナ神戸
ローテ・ローゼ40周年 日本にドイツワインの美味しさを
フランク ミュラー × カミネ「Playful Summer Day at Fr…
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.11
harmony(はーもにぃ) Vol.7 しあわせ感が高まる超高齢期
PORTOPIA HOTEL|猛暑で疲れた心とカラダをホテルで休めよう!
旧居留地に行く楽しみがまたひとつ。世界を虜にする米国発のコーヒーショップ「ブルー…
神戸のカクシボタン 第五十七回 神戸は、映画作りのふるさとです 映画監督・脚本家…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十七回
縁の下の力持ち 第3回 神戸大学医学部附属病院 輸血・細胞治療部
認定NPO法人 神戸国際占術協会 設立15周年新規プロジェクト「みんなのリンゴ占…
小さないのちを守る最も良い方法を一緒に考えましょう|小さないのちのドア
音楽のあるまち♬11 楽しい演奏とパフォーマンスで神戸のまちの人気者
「風さやか 愛と夢♥永遠のタカラジェンヌ」放送1,000回にトップスターが共演!…
神戸鉄人伝 第105回 日本舞踊協会会員・兵庫県舞踊文化協会評議員 花柳 伊奈輔…
世界の民芸猫ざんまい 第四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉘ 病床日誌