2018年
9月号

落語を知らぬは人生の損! ビギナー向け 落語の楽しみ方入門

カテゴリ:おすすめスポット, 文化・芸術・音楽, 文化人

桂 福丸 さん

寄席には楽しさや発見がいっぱい!
落語鑑賞未経験のあなたに、
神戸出身の落語家、桂福丸さんがその魅力をご紹介。

来館するには緊張無用 いつでも気楽に普段着で

 落語って敷居が高いですか?それはきっと、しばらく関西に落語の定席がなかったからでしょうね。明治時代は関西に寄席が何十軒もあったんです。落語はもともと非常に身近な大衆芸能なんですよ。
 そして落語家は羽織着て正座していますから、写真だと堅く見えちゃうんですよね。でも音で聴くと全くそんなことはありません。噺家は着物ですが、お客様が着物で観に来られる必要はありませんよ!ラフな服装で気楽に聴いてください。
 関西の人は意外と舞台を観に行かないんですよね。落語のみならず、演劇、歌舞伎、文楽など本場の劇場がこれだけ揃っているのは東京と阪神間しかないんです。せっかく身近に舞台があるのに、一回も観ないなんて勿体ない話だと思いませんか?寄席は値段もそんなに高くないし、お芝居と違っていろいろな芸を観られる「ショーウインドウ」のようなもの。ですから芸能に触れる入口としても最適ではないでしょうか。
 寄席の雰囲気も和の舞台で、普通の光景じゃないですよね。出囃子の音がワクワク感を醸し出し、そこから演者が色を染めていく。そういうところにも魅力を感じるでしょう。

クライマックスに向け盛り上がるストーリーの深遠さ

 落語は、演目は同じでも演者によって演出、やり方が変わるのが魅力です。初めて落語に触れた方はそれが新しい発見になると思います。
 噺家は座ってお辞儀していきなり本編に入るのではなく、まずは演者が噺家自身の言葉としてしゃべる「まくら」とよばれるものがありますが、演者のキャラクターが滲み出て面白いんですよ!そこでお客さんが和んで本編に入っていくのですが、その展開も聴きどころです。
 本編の演目には、大きく分けて古典落語と新作落語があります。古典落語は昔から受け継がれてきた噺で、時代に淘汰されず残ってきたものです。しかもその時々の演者が必死で自分のネタにしようと努力し、その数百人、数千人の努力により磨かれ創られてきたので、完成度が高いのは当たり前です。
 古典落語は時代設定も古いですけれど、それがなぜ現代にも通用するかというと、日常的な場面や人間関係がベースになっているからだと思うんです。だからシーンを自分の経験に、登場人物を身近な人に置き換えることで噺に共感でき、親しみを感じるのかもしれません。
 一方、新作落語はナンセンスやファンタジーも採り入れているところが面白さの大きな要素です。基本は演者=作者ですので、演者のセンスや個性を反映させやすく、その人のすべてが表れるのが魅力でしょうね。

豪快に、そして繊細に 噺家たちの仕草にも注目

 「芸は人なり」という言葉がありますが、演者の人生やキャラクターが噺にも反映されます。演者の見た目だけでなく、声の質も重要で、所作も人それぞれ。同じ話でも演者が変わると全く違う話のように感じるでしょう。
 ですから噺家と聞き手の相性も重要で、ビッグネームより若い噺家の方が面白く感じることもあるかもしれません。自分に合う噺家との出会いも、寄席の大きな楽しみです。
 噺家は舞台装置のないところで、セリフと所作、そして扇子と手ぬぐいというたった2つの道具でいろいろな情景を見せてくれます。その映像を描いているのはお客様の頭の中なんですね。だから実はお客さんが「参加」しているんですよ。
 道具の使い方も見どころのポイントです。例えば刀。扇子は30センチもありませんが、それを前にかざして目線を下から上に上げて剣先を見るようにしてちょっと視線を落とすことで長い刀に見せます。
 人は話を聴くときに相手の目を見ますので、目の動きや表情も非常に重要、まばたきのタイミングひとつで場面の緊張感を演出することができます。ちょっとしたことなんですが、かなり空気が変わるんですよ。
 演者は想像力を喚起させるような言葉と仕草で、想像の手助けをしているだけで、本当に描いているのはお客様なんですね。ですからやはり、落語は生で観るべきなんです。喜楽館は噺家と客席の距離感が近く、目線も仕草もよくわかります。神戸に久々にできた演芸場ですし、交通の便も良いですから、ぜひ喜楽館で落語を味わってください!




噺家の必須アイテム
手拭いと扇子


桂 福丸(かつら ふくまる)

1978年神戸市生まれ。灘中、灘高を経て京都大学法学部へ進学し、卒業後に英語落語を学びアメリカで公演をおこなう。2007年に4代目桂福團治に入門。現在は古典落語を中心に創作落語も演じ、高座・メディアで幅広く活躍。文化庁芸術祭賞・大衆演芸部門新人賞や花形演芸大賞銀賞を受賞するなど、上方落語界の注目株

〈2018年9月号〉
My Vitamin Lunch ● 私のビタミンランチ ●|SIMA SIMA…
<インタビュー>Make KOBE Great Again! ダン・カーター選手…
「ポップアップミュージアム ~1 YEAR TO GO FESTIVAL~」
神戸らしいハイカラな寄席で「生」の落語にふれる楽しさを
芸は思いと人間性
対談/個性を育む私立中学の教育 第3回 甲南女子中学校
甲南ブラスバンドからニューヨークへ|黒田 卓也さんインタビュー
新型BMW X2で、もっと、KOBEを楽しく!
レクサスと日本のモノづくり ③
コベルコ ラグビーフェスティバル 2018
連載 神戸秘話 ㉑ 日本が誇る名優 志村喬と政子夫人
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.6
神戸で落語を楽しむ
上方落語の祖 米沢彦八ってどんな人?
落語を知らぬは人生の損! ビギナー向け 落語の楽しみ方入門
輝く女性Ⅱ Vol.4 香港李小龍會執行幹部海外統括 ソフィ・ウエカワさん
地域社会や世界に対して活力を与える存在になろう
甲南ファミリージャズの夕べ in ラヴィマーナ神戸
ローテ・ローゼ40周年 日本にドイツワインの美味しさを
フランク ミュラー × カミネ「Playful Summer Day at Fr…
ウガンダにゴリラを訪ねて Vol.11
harmony(はーもにぃ) Vol.7 しあわせ感が高まる超高齢期
PORTOPIA HOTEL|猛暑で疲れた心とカラダをホテルで休めよう!
旧居留地に行く楽しみがまたひとつ。世界を虜にする米国発のコーヒーショップ「ブルー…
神戸のカクシボタン 第五十七回 神戸は、映画作りのふるさとです 映画監督・脚本家…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第八十七回
縁の下の力持ち 第3回 神戸大学医学部附属病院 輸血・細胞治療部
認定NPO法人 神戸国際占術協会 設立15周年新規プロジェクト「みんなのリンゴ占…
小さないのちを守る最も良い方法を一緒に考えましょう|小さないのちのドア
音楽のあるまち♬11 楽しい演奏とパフォーマンスで神戸のまちの人気者
「風さやか 愛と夢♥永遠のタカラジェンヌ」放送1,000回にトップスターが共演!…
神戸鉄人伝 第105回 日本舞踊協会会員・兵庫県舞踊文化協会評議員 花柳 伊奈輔…
世界の民芸猫ざんまい 第四回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉘ 病床日誌