2016年
7月号

「集中力の大切さ」 千 宗室 <茶道裏千家 家元>

カテゴリ:, 文化・芸術・音楽, 文化人, 茶道・華道・書道

茶道裏千家 家元 千 宗室 さん

経済人や文化人などと裏千家家元との交流の会
「神戸今日会(こんにちかい)」が、
60歳の誕生日を迎える千宗室さんのお祝いを兼ねて、
5月25日に神戸倶楽部で開かれた。
お茶会に続く講演会では、幅広い分野での高い見識をもつ
家元ならではのお話に、参加者は熱心に耳を傾けた。

基本を身に付けたら、次は工夫

 神戸今日会(角南会長)は毎回、いろいろな会場で開いていただき楽しみにしています。神戸ポートピアホテル、北野クラブ・ソラ…。私の記憶では今回の神戸倶楽部は二度目ではないでしょうか?今回、場所をどこにするかを考え、釜を懸ける先生方には会場に合わせて設えしていただき、皆さん相談しながら工夫する勉強もされているようです。とても素敵なことだと思っています。
 茶の湯といえば趣味の世界と言われます。とりあえず簡単にお茶を点ててお客様に差し上げられればというところから始まりますが、それで全てだと思われるのではないでしょうか?もちろん基本は、お茶を一服楽しく召し上がっていただくことです。この基本が身に付いた後、「あそび」の部分を入れていきます。ここでお洒落に例えてみましょう。今日は皆さん、男性はジャケットにシャツ、パンツ…ネクタイを締めたり、クールビズであったり、基本はスーツですね。茶の湯でいえば、お茶を美味しく召し上がっていただく基本の部分に当たり、これができたら次はコーディネート。スーツでいえば、ネクタイの色や柄、シャツの色、フラワーホールの使い方、靴や靴下の色、ベルトはどうするか、サスペンダーを付けるか、カフスをどうするか、タイバーやタイピン等々、このコーディネートがお洒落であり、毎日社会で戦う男性にとってのちょっとした憂さ晴らしにもなります。それが工夫する楽しみです。

工夫は、基本の上に経験が作用して生まれる

 今日のお菓子には、神戸凮月堂の「坐薔薇(スワローズ)」をいただきました。白あんの中にヤクルトが入っている、一般的な和菓子では考えられない取り合わせのお菓子です。阿部さん(兵庫ヤクルト販売㈱阿部泰久社長)が以前、湊川神社で茶席を設えるに当たって下村さん(㈱神戸凮月堂下村治生社長)と相談して「坐薔薇」を工夫されました。これも阿部さんが何度も客として茶席を経験されたことの延長線上にあります。基本の上に、経験がうまく作用し、下村さんとのコラボレーションという形で実を結びました。
 このお菓子をいただき、前回の湊川神社のお茶席でいただいた時より粘りを感じました。下村さんにお話ししたところ、次は「クランキー坐薔薇を作ってみます」と…。こんな冗談からも何かが生まれるものなんです。

工夫には集中力が必要

 私たちは今、情報化社会や人工知能等々…昔、鉄腕アトムや映画の世界で見た未来社会の一部分を担い始めています。しかし、スマホやパソコンなどさまざまなツールを使いこなし高度情報化社会を生きる私たちには〝錯覚〟もあります。実は人間の質は確実に低下しているのです。
 今日ここに来るまで、私は新幹線の中でちょっとした原稿を書きメールでパソコンに送りました。とても簡単にでき、修正も容易です。15年位前ですと、万年筆片手に原稿用紙に向かっていました。ほとんど最後まで書き終えたのに全体の流れが気にくわなくなると、グチャグチャっとして捨てることになりますから、一心不乱に集中していました。各種ツールを使いこなしている今、たとえ内容の良いものが書けたとしても、その頃の自分と今の私とを比べたら、きちんとした文章を書き連ねていく能力は格段に落ちていると思っています。高度になった情報化社会に携わる私自身は、高度にはなっていないのです。
 世の中が便利になっていくにつれて、私たちは工夫しなくなっています。工夫することは楽しいことですが、集中力が必要です。集中してこそ、そこに何を付け加えたらよいのかが分かってきます。

一日のどこかで、グッと集中する時間をつくりましょう

 植木屋さんが茶の間の縁側に腰かけて一日中キセルをふかしているのを見て、子ども心に私は「ええ商売やなー」と思っていました(笑)。おやじさんはたまに庭に下りて、どこか一枝を切り、また縁側に戻って来ます。「これが仕事や。よお見とかんと、ちょっとでも気抜いたら庭はすぐ変わるからな」と言っていました。日差しの変化を見ていたんですね。葉っぱ一枚、枝一本で庭は変わる。1カ所が弱くなると庭全体の調子が変わり、1カ所が強くなり過ぎると他が全部貧相になってしまう。この歳になってようやく分かってきました。今の時代、こんな〝悠久の時間を過ごす〟仕事を復活させていては、世界の動きに取り残されてしまいます。ただし、そういう仕事に携わる人たちが世の中の歯止めとして必要なんだと思います。
 矢継ぎ早に何でもこなすのも能力です。しかし、ドンと構えて何が必要なのかを集中して見ることも大切です。皆さんも、ご自身の仕事や一日の生活の中でグッと集中して何かを観察し、そこから何かを学び工夫に変えていく時間を取ってみてください。

5月25日、「神戸今日会」での講演より。
神戸倶楽部にて。

20160701202

御家元の手ほどきを受けるメンバーたち

御家元の手ほどきを受けるメンバーたち

お茶席では、神戸淡交会第一支部の協力のもと、お茶が振る舞われた

お茶席では、神戸淡交会第一支部の協力のもと、お茶が振る舞われた

20160701303

茶掛けには季節の花を添えて

茶掛けには季節の花を添えて

神戸淡交会第一支部・第二支部の皆さんと共に

神戸淡交会第一支部・第二支部の皆さんと共に

「坐薔薇」は七宝模様の菓子鉢で出された。その箱書(極め書き)

「坐薔薇」は七宝模様の菓子鉢で出された。その箱書(極め書き)

神戸今日会は年に1度開催されている

神戸今日会は年に1度開催されている

少し緊張した面持ちでお点前を披露する

少し緊張した面持ちでお点前を披露する

主菓子「坐薔薇(スワローズ)」は、兵庫ヤクルト販売㈱と㈱神戸凮月堂の共同開発

主菓子「坐薔薇(スワローズ)」は、兵庫ヤクルト販売㈱と㈱神戸凮月堂の共同開発

今年は神戸倶楽部で開催された。窓越しの初夏の緑が美しい

今年は神戸倶楽部で開催された。窓越しの初夏の緑が美しい

御家元の楽しいお話が場を和ませる

御家元の楽しいお話が場を和ませる

御家元と同じ還暦を迎えるメンバーと共に

御家元と同じ還暦を迎えるメンバーと共に

お茶席の後、御家元の還暦を祝うパーティーが開催された

お茶席の後、御家元の還暦を祝うパーティーが開催された

神戸今日会会長の角南忠昭さん

神戸今日会会長の角南忠昭さん

バースデーケーキには御家元の似顔絵が

バースデーケーキには御家元の似顔絵が

「神戸は大好きな街です」と御家元。神戸今日会のメンバーの皆さんと共に

「神戸は大好きな街です」と御家元。神戸今日会のメンバーの皆さんと共に

瑞々しい緑に包まれた庭園を眺めながら

瑞々しい緑に包まれた庭園を眺めながら

20160701201

千 宗室(せん そうしつ)

京都府出身。同志社大学卒業。臨済宗大徳寺派管長・僧堂師家 中村祖順老師のもとで参禅得度。祖順老師没後、妙心寺 盛永宗興老師のもとで参禅。平成14年、裏千家16代家元継承

〈2016年7月号〉
兵庫県医師会 新会長インタビュー 「県民のみなさまのために日本の医療を守りたい」…
「集中力の大切さ」 千 宗室 <茶道裏千家 家元>
創業75周年の歴史から「創新」で次のステージへ 橋本 覚 <株式会社神戸マツダ …
華麗なるデザインの原点も展示 神戸マツダファンフェスタ2016
芦屋山手のフロントラインを歩く④ 珈琲 麓(ろく)
芦屋山手のフロントラインを歩く③ グランドフードホール
芦屋山手のフロントラインを歩く② ワインハウス センチュリー
芦屋山手のフロントラインを歩く① 京料理 たか木
先人たちが夢見た地 東山町・東芦屋の洋館とその背景
里山から邸宅街へ 芦屋と東山町周辺の歴史
ー扉ー 芦屋山手のフロントライン 「東山町」 その 一
自由な発想を空間に生かす
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”①
第1回 神戸洋藝菓子ボックサン
「西神飯店」 「神源」誕生秘話 ①
Kamine Watch Jam! vol.4 2016.7.31 SUN 今年…
有馬歳時記|有馬グランドホテル
NEWS 神戸百店会|「ゴンチャロフさんちか店」
連載エッセイ/喫茶店の書斎から② コーヒーカップの耳
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十九回
神戸鉄人伝 第79回 和田 行雄(わだ ゆきを)さん
Power of music(音楽の力)第7回
連載コラム 「第二のプレイボール」 |Vol.17
神戸のカクシボタン 第三十一回 幅広い芸で活躍するお笑いコンビ「ボルトボルズ」
早くて安い!神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜札幌の飛行機旅(前編)