2016年
7月号
芦屋の閑静な住宅街の中に、隠れ家のように佇む

芦屋山手のフロントラインを歩く① 京料理 たか木

カテゴリ:グルメ, 和食, 芦屋,

オーセンティックな和食の愉しみ
京料理 たか木

価値あるものを大切にする気風のある芦屋の地で愛される、京料理「たか木」。料理長・高木一雄さんが大切にしていることは、とにかく「できたてを食べていただく」という基本だ。食材はもちろん、先付けの間に碗ものを用意するなど、だしも直前に引く。料理は時間をかけて提供される。「食べるということは、生きるということ。料理を作るプロとしてやらせていただく以上、真心を込めて、一つひとつ丁寧にお出ししたい」と高木さん。現在では海外にも出かけ、季節感やだしの旨みを大切にしてきた“和食”文化を忠実に広めるために活動を続ける高木さんは、海外で本物の日本料理を広めたいと外国からの研修生を受け入れたり、国内では食育のための「和食給食応援団」として活動している。
しだれ桜の揺れる枝ぶりが見えるテーブル席、竹をバックにしたカウンターなど、店はモダンな雰囲気。ゆっくり流れる芦屋の時間とともに和の伝統料理を楽しみたい。

芦屋の閑静な住宅街の中に、隠れ家のように佇む

芦屋の閑静な住宅街の中に、隠れ家のように佇む

「日本料理の良さは季節感」と高木さん。頻繁に海外に出向き、本物の日本料理を広める

「日本料理の良さは季節感」と高木さん。頻繁に海外に出向き、本物の日本料理を広める

しだれ桜と灯篭が日本情緒を引き立てる

しだれ桜と灯篭が日本情緒を引き立てる

竹林に包まれたお店が特徴的

竹林に包まれたお店が特徴的

シンプルに配置されたテーブル席

シンプルに配置されたテーブル席

カウンター席からは竹林を望む

カウンター席からは竹林を望む

20160704401
京料理 たか木
包宰
高木 一雄 さん

20160704402

京料理 たか木

芦屋市大原町12-8
TEL:0797-34-8128
営業:昼12:00~、夜18:00~ ※要予約
定休日:不定休

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2016年7月号〉
兵庫県医師会 新会長インタビュー 「県民のみなさまのために日本の医療を守りたい」…
「集中力の大切さ」 千 宗室 <茶道裏千家 家元>
創業75周年の歴史から「創新」で次のステージへ 橋本 覚 <株式会社神戸マツダ …
華麗なるデザインの原点も展示 神戸マツダファンフェスタ2016
芦屋山手のフロントラインを歩く④ 珈琲 麓(ろく)
芦屋山手のフロントラインを歩く③ グランドフードホール
芦屋山手のフロントラインを歩く② ワインハウス センチュリー
芦屋山手のフロントラインを歩く① 京料理 たか木
先人たちが夢見た地 東山町・東芦屋の洋館とその背景
里山から邸宅街へ 芦屋と東山町周辺の歴史
ー扉ー 芦屋山手のフロントライン 「東山町」 その 一
自由な発想を空間に生かす
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”①
第1回 神戸洋藝菓子ボックサン
「西神飯店」 「神源」誕生秘話 ①
Kamine Watch Jam! vol.4 2016.7.31 SUN 今年…
有馬歳時記|有馬グランドホテル
NEWS 神戸百店会|「ゴンチャロフさんちか店」
連載エッセイ/喫茶店の書斎から② コーヒーカップの耳
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十九回
神戸鉄人伝 第79回 和田 行雄(わだ ゆきを)さん
Power of music(音楽の力)第7回
連載コラム 「第二のプレイボール」 |Vol.17
神戸のカクシボタン 第三十一回 幅広い芸で活躍するお笑いコンビ「ボルトボルズ」
早くて安い!神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜札幌の飛行機旅(前編)