2016年
7月号
湾曲した1本のアカマツをカウンターテーブルに

芦屋山手のフロントラインを歩く④ 珈琲 麓(ろく)

カテゴリ:グルメ, コーヒー, 芦屋,

木のぬくもりの中で炭火焙煎珈琲を
珈琲 麓(ろく)

 緑に包まれた屋根がトレードマークの喫茶店。「大人が憩える喫茶店」をテーマにした店内では、木と漆喰のぬくもりの中でゆっくりとした時間が流れる。アカマツの一枚板を使ったカウンター、テーブルや柱、床、梁などはすべて古木を再利用。建物屋上には「草屋根」を用いており、植物の気化熱によって夏の暑い日でも部屋の温度は低めなのだという。
 一杯ずつ丁寧に淹れられる萩原珈琲の炭火焙煎珈琲は、ブレンド、コロンビア スプレモ、サントス ニブラ等。有田焼、ロイヤルコペンハーゲン、マイセンなどお好みのコーヒーカップでどうぞ。また、毎週水曜日のみ営業の芦屋の有名ケーキ店「Feu(フー)」のケーキを、ここでは毎日仕入れている。その希少さから「幻」ともいわれる。パウンドケーキ(いちじく、黒ごま)、ベイクドチーズケーキからチョイス。ケーキセット(900円)、トーストセット(800円~)。屋根裏の小部屋のような2階席も人気。
 ゆったりとした上質な雰囲気の中で味わってほしい。

20160705001

湾曲した1本のアカマツをカウンターテーブルに

湾曲した1本のアカマツをカウンターテーブルに

目の前で丁寧にコーヒーを淹れる

目の前で丁寧にコーヒーを淹れる

有田焼のカップからコーヒーの良い香りが立ちこめる

有田焼のカップからコーヒーの良い香りが立ちこめる

春日町の工房「Feu」のいちじくのパウンドケーキ

春日町の工房「Feu」のいちじくのパウンドケーキ

木のぬくもりの中でゆったりと時間が流れる

木のぬくもりの中でゆったりと時間が流れる

1階奥のテーブル席にもアカマツの一枚板を使用

1階奥のテーブル席にもアカマツの一枚板を使用

有田焼やマイセンなど趣のあるコーヒーカップ

有田焼やマイセンなど趣のあるコーヒーカップ

萩原珈琲の炭火焙煎珈琲を使用する

萩原珈琲の炭火焙煎珈琲を使用する

20160705002

珈琲 麓

芦屋市東山町7-32
TEL:0797-23-6684
営業:11:00~21:00
定休日:火曜日

〈2016年7月号〉
兵庫県医師会 新会長インタビュー 「県民のみなさまのために日本の医療を守りたい」…
「集中力の大切さ」 千 宗室 <茶道裏千家 家元>
創業75周年の歴史から「創新」で次のステージへ 橋本 覚 <株式会社神戸マツダ …
華麗なるデザインの原点も展示 神戸マツダファンフェスタ2016
芦屋山手のフロントラインを歩く④ 珈琲 麓(ろく)
芦屋山手のフロントラインを歩く③ グランドフードホール
芦屋山手のフロントラインを歩く② ワインハウス センチュリー
芦屋山手のフロントラインを歩く① 京料理 たか木
先人たちが夢見た地 東山町・東芦屋の洋館とその背景
里山から邸宅街へ 芦屋と東山町周辺の歴史
ー扉ー 芦屋山手のフロントライン 「東山町」 その 一
自由な発想を空間に生かす
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”①
第1回 神戸洋藝菓子ボックサン
「西神飯店」 「神源」誕生秘話 ①
Kamine Watch Jam! vol.4 2016.7.31 SUN 今年…
有馬歳時記|有馬グランドホテル
NEWS 神戸百店会|「ゴンチャロフさんちか店」
連載エッセイ/喫茶店の書斎から② コーヒーカップの耳
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十九回
神戸鉄人伝 第79回 和田 行雄(わだ ゆきを)さん
Power of music(音楽の力)第7回
連載コラム 「第二のプレイボール」 |Vol.17
神戸のカクシボタン 第三十一回 幅広い芸で活躍するお笑いコンビ「ボルトボルズ」
早くて安い!神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜札幌の飛行機旅(前編)