2017年
9月号
人前で話す苦手意識を克服しようと児童劇団に入団。CMポスターへのモデル起用をきっかけにプロのモデルの道へ。透明感あるお顔立ちはまるで妖精のよう。日本文化の素晴らしさを世界に広めたいと着物のファッションショーなどでも活躍

連載 輝く女性⑦ がん治療の副作用による外見の悩みに応えたい

カテゴリ:文化人, 芦屋

化粧と医療のかけ橋となり
悩める人をサポート

インタビュアー・伊藤 紀美子

第7回は、モデルとして活躍しながら、大阪樟蔭女子大学大学院の化粧ファッション学科で「がん患者さんのためのアピアランスケア」の研究を進めている中川栄美さんです。「アピアランス」とは外見や容姿を意味します。中川さんは抗がん剤などのがん治療による皮膚の変色など、患者さんのストレスとなる外見の変化を、お化粧の力でサポートする研究を様々な業界の一人者と協力しながら進めておられます。

─今春、中川さんが参加されている合同プロジェクトチームによるアピアランスケアのための化粧品が完成したとか。
 約2年にわたり研究を進めていたものが、ようやく形になりました。今は製品化について検討している段階です。この研究は、がん患者さんが自分らしく生活する支援を行う目的で、国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センターの野澤桂子センター長を代表に、医学のみならず、薬学、看護学、化粧品学、心理学という異なる領域の専門家が協働して進めています。
─具体的にはどのような化粧品になるのですか。
 抗がん剤治療の副作用で肌が黒ずんでしまった方や、濃いシミやクマが出てお悩みの方のお顔の色をカバーするファンデーションです。カバー専用と言っても濃い化粧品で覆い隠すのではなく、光とハーモナイズ(調和)して血色よく見せる、全く新しい考え方の化粧品になっています。
─なるほど、それならば年齢・性別関係なく、男性やお子さんも使用できそうですね。現在、芦屋病院などをボランティアで訪問し、メイクアップのアドバイスやセラピー活動も行われているとか。
 化粧やファッションはアンチエイジングや心の充実を促す効果があるというデータもございますので、少しでもお役に立てればと思いまして。例えば、お肌の変色を気にしてお見舞いを断ったり、外出を拒んでいたりした方がご友人に会えるようになったとか。また退院して社会復帰された方にも喜んでいただいています。病気治療の副作用なのだからどうしようもないと諦めていた方から、「肌悩みをカバーできて気持ちが明るくなりました!」と涙を流さんばかりに喜んでいただけ、逆に私の方がセラピー効果をいただいています。
─がん医療の進歩によって、仕事をもちながら通院されるがん患者さんも増えています。
 特にお化粧経験がない男性の方に好評いただいています。日焼けしたような健康的な肌色になり、周りに心配をかけずに仕事に集中できるのが嬉しいとの声も寄せられています。
─モデルと医療、関わりがないように思えましたが、実はそうではないのですね。この研究に参加されたきっかけは?
 幼いころから携わってきたモデル業を活かし、社会に恩返しできるものはないかと考えました。単にキレイに魅せるだけではない美容に関する知識を学術的にまとめ、後進に引き継ぎたいと。それで大阪樟蔭女子大学大学院の化粧ファッション学科に入学し、研究に参加させていただいた経緯があります。今後も医療と化粧・ファッションのかけはしとなり、患者さんの外見に関する不安や悩みを少しでも軽くして、治療中も今までどおり、自分らしく過ごしていただくことに努めたいと思います。
─治療後の人生に夢を持って、快適な治療生活を送るのは重要なことだと思います。現在、治療を受けておられる方、これから治療を受けられる方の、心も元気になる価値ある研究ですね。

人前で話す苦手意識を克服しようと児童劇団に入団。CMポスターへのモデル起用をきっかけにプロのモデルの道へ。透明感あるお顔立ちはまるで妖精のよう。日本文化の素晴らしさを世界に広めたいと着物のファッションショーなどでも活躍

中川 栄美(なかがわ えみ)

ファッションモデル
芦屋市在住。FFモデル事務所所属のファッションモデルとしてCM、スチール、ファッションショーなどで活躍。2015年 大阪樟蔭女子大学 大学院の化粧ファッション学科入学。東京・築地の国立がん研究センター中央病院との合同プロジェクトチームに参加、「がん患者さんのためのアピアランスケア」を研究、現在も進行中。趣味は旅行・乗馬・自然や動物に触れる事・美しいモノを鑑賞する事など。最近、愛犬のラブちゃんがドッグセラピー犬としてデビュー決定。

伊藤 紀美子氏

伊藤 紀美子(いとう きみこ)

田嶋株式会社 代表取締役社長
神戸生まれ。95年より同社社長に就任。02~06年神商議女性会会長、07年から国際ビジネス委員長。16年、女性初で神戸商工会議所の副会頭に就任。
田嶋株式会社/1899年、繊維を主体とした貿易商社としてスタート。会社創業110周年の2009年に美容&健康分野を新設。オリジナルブランドのスキンケア「PLUSUI(プラスイ)」を開発販売。同ブランドでナチュラルミネラルウオーターも販売

〈2017年9月号〉
神戸のまちと共に、大丸神戸店は進化していきます
大丸の神戸みやげ
標高931メートルの都市資源・六甲山
KAMINE WATCH JAM! THE PARTY NIGHT
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.1
私の神戸みやげ my Kobe souvenir ―扉
〈神戸みやげ〉生花|フローリスト PETAL
〈神戸みやげ〉スイートハート|ジャーマンホームベーカリー フロインドリーブ
〈神戸みやげ〉パティ、ブロックベーコン、ローストビーフ|トアロード デリカテッセ…
〈神戸みやげ〉御影雪月花|常盤堂
直火ローストしたての新鮮な珈琲を味わってほしい|まめや総本店
〈神戸みやげ〉有明産味附海苔|菊屋商店
〈神戸みやげ〉バターサンド|ボンボンロケット
〈神戸みやげ〉いちじく大福|御菓子司 幸福堂 御旅店
〈神戸みやげ〉オリジナルブレンド珈琲豆、アイスコーヒー、カフェオレベース|生豆焙…
連載 神戸秘話 ⑨ かな書道の第一人者 かな書道の第一人者 書家・安東 聖空
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.2
連載 輝く女性⑦ がん治療の副作用による外見の悩みに応えたい
関西屈指の文教地区六甲界隈について【上】
開港150年 こうべ食の博覧会 STYLE in KOBE
港都KOBE芸術祭|時を刻み、豊かな広がりへ
家づくり 〝だけじゃない〟平尾工務店 「食の安全」を目指して
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.2 岩手県
祝・仙台便就航!に寄せて
ポートピアホテル30階に新ブッフェレストラン「GOCOCU~五国のめぐみ~」オー…
「DEEP PARTY part4」が盛大に開催!神戸メリケンパークオリエンタル…
第8代 神戸ウエディングクイーン 3名決定!
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の “特別なもの”との出会い …
第15回 神戸洋藝菓子ボックサン
時代は変わっても「親睦と奉仕」のロータリー精神は変わらない
神戸のカクシボタン 第四十五回 神戸スイーツの英雄「ウィリアム」
Power of music(音楽の力) 第21回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十六回
平松純子さんの旭日小綬章受章を祝う
JAGUAR LAND ROVER in [神戸開港150年記念]海フェスタ神戸…
英国と神戸 Vol.3 日本最初、重力式コンクリートダム 布引ダム
サルトルとボーヴォワールと神戸|神戸っ子アーカイブ Vol.5
神戸鉄人伝 第93回 書家 六車 明峰(むぐるま めいほう)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十三回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑯  二人の女性
炭火焼とお出汁のお店 WOOD STOCK(ウッドストック)オープン!|耳よりK…
県立淡路島公園、夜の森の中で神秘的な体験をするナイトウォーク|耳よりKOBE
有馬玩具博物館 相沢康夫 創作玩具展|有馬歳時記