2017年
9月号
カメラ・赤松慶三郎

サルトルとボーヴォワールと神戸|神戸っ子アーカイブ Vol.5

カテゴリ:文化人, 神戸

十月四日夜。大阪から神戸のオリエンタルホテルに向かう途中、ジャン・ポール・サルトル(実在主義者)とシモーヌ・ド・ボーヴォーワール(女流作家)のタクシーが磯辺通で交通事故に遭った。事故直後はショックでノーコメント。しかし翌朝、九州への船旅に中突堤へ向かう二人はしごく元気で、サインにも気軽に応じて周囲をほっとさせた。そして、「交通事故が多いのはどこでも同じ、フランスでもよくあることですよ」とユーモアまじりに予期せぬ出来事への感想を置いて、関西汽船のタラップを上がって行った。

神戸とサルトル

慶応大学教授 白井 浩司

あなたの事件を報道した新聞記者が、「交通事故の実在的体験」という見出しがついていたと言うと、サルトルは大笑いした。広島に着いてまた彼に会い、夕食をともにとりながらの話である。神戸の名はこうして、彼の記憶の中に残るだろうし、もしもボーヴォワールが将来、回想録を書けば、必ず神戸で起こった事故についての記述があるだろう。昭和四十二年十月四日の夜、という日づけも彼らにとっては歴史的にあるだろう。しかしこれは必ずしも神戸の不名誉にはならないと思う。なぜなら、事故の責任は、大阪でひろったタクシーの運転手にあったからだ。事故現場が暗すぎたという説もあり、これは改善の余地はあるが、乱暴な運転をする人間がいる限り、事故は絶えまい。それにしても不幸中の幸いは、彼らがほとんどなんのけがもしなかったことだ。十月五日早朝、彼らは船に乗り込んでしまったので、神戸の楽しさを十分に味わえなかったのが、私には心残りである。

1966年
『神戸っ子』12月号掲載

オリエンタルホテルフロントにて


関西汽船に乗り込むサルトルとボーヴォーワール


カメラ・赤松慶三郎

「神戸っ子 アーカイブ」で検索ください

〈2017年9月号〉
私の神戸みやげ my Kobe souvenir ―扉
〈神戸みやげ〉生花|フローリスト PETAL
〈神戸みやげ〉スイートハート|ジャーマンホームベーカリー フロインドリーブ
〈神戸みやげ〉パティ、ブロックベーコン、ローストビーフ|トアロード デリカテッセ…
〈神戸みやげ〉御影雪月花|常盤堂
直火ローストしたての新鮮な珈琲を味わってほしい|まめや総本店
〈神戸みやげ〉有明産味附海苔|菊屋商店
〈神戸みやげ〉バターサンド|ボンボンロケット
〈神戸みやげ〉いちじく大福|御菓子司 幸福堂 御旅店
〈神戸みやげ〉オリジナルブレンド珈琲豆、アイスコーヒー、カフェオレベース|生豆焙…
神戸のまちと共に、大丸神戸店は進化していきます
大丸の神戸みやげ
標高931メートルの都市資源・六甲山
KAMINE WATCH JAM! THE PARTY NIGHT
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.1
連載 神戸秘話 ⑨ かな書道の第一人者 かな書道の第一人者 書家・安東 聖空
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.2
連載 輝く女性⑦ がん治療の副作用による外見の悩みに応えたい
関西屈指の文教地区六甲界隈について【上】
開港150年 こうべ食の博覧会 STYLE in KOBE
港都KOBE芸術祭|時を刻み、豊かな広がりへ
家づくり 〝だけじゃない〟平尾工務店 「食の安全」を目指して
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.2 岩手県
祝・仙台便就航!に寄せて
ポートピアホテル30階に新ブッフェレストラン「GOCOCU~五国のめぐみ~」オー…
「DEEP PARTY part4」が盛大に開催!神戸メリケンパークオリエンタル…
第8代 神戸ウエディングクイーン 3名決定!
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の “特別なもの”との出会い …
第15回 神戸洋藝菓子ボックサン
時代は変わっても「親睦と奉仕」のロータリー精神は変わらない
神戸のカクシボタン 第四十五回 神戸スイーツの英雄「ウィリアム」
Power of music(音楽の力) 第21回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十六回
平松純子さんの旭日小綬章受章を祝う
JAGUAR LAND ROVER in [神戸開港150年記念]海フェスタ神戸…
英国と神戸 Vol.3 日本最初、重力式コンクリートダム 布引ダム
サルトルとボーヴォワールと神戸|神戸っ子アーカイブ Vol.5
神戸鉄人伝 第93回 書家 六車 明峰(むぐるま めいほう)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十三回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑯  二人の女性
炭火焼とお出汁のお店 黒十バール(コクトウバール)【旧店名】WOOD STOCK…
県立淡路島公園、夜の森の中で神秘的な体験をするナイトウォーク|耳よりKOBE
有馬玩具博物館 相沢康夫 創作玩具展|有馬歳時記