2017年
9月号

連載 神戸秘話 ⑨ かな書道の第一人者 かな書道の第一人者 書家・安東 聖空

カテゴリ:建築, 文化人

文・瀬戸本 淳 (建築家)

 神戸に、人々を幸福にするためにと本気で働いている書家の友人がいる。その作品は静かで深く、優しくて英知に満ちあふれ、書の現れは幼き子からお年寄りまで年齢や境遇を超えたさまざまな人々を惹きつける。
 神戸はすぐれた書家の多い街でもある。その大きな原点は、現代かな書道のパイオニア、安東聖空(せいくう)だ。明治26年(1893)に兵庫県赤穂郡船坂村(現在の上郡町)で生誕。姫路師範学校を卒業後小学校の先生となったが、同僚の勧めで大正6年(1917)、齢26にして書の道へ。晩学であったが、近藤雪竹のもとで漢字を学びつつ、熱心にかな文字を研究する。やがて神戸市臨時教員養成所書道教師を経て大正11年(1922)、第一神戸高等女学校(県一)の習字科担当教諭に。安東が指導した県一生の字はひときわ美しく、「県一流」と高く評された。
 大正14年(1925)には教員養成所時代の教え子のくわだ桑田笹舟(ささふね)らと「正筆会」を結成し会長に。この会には県一やその流れを汲む神戸高校関係者が多いという。昭和4年(1929)にはかな書道研究誌『かなとうた』を発刊する。
  しかし、当時かな書道はマイナーで、当時の書壇の重鎮、丹羽海鶴(かいかく)から「君が神戸のかな書きか」というひと言を浴びたそうだ。安東はその言葉に発憤、かなの研究に生涯を捧げる覚悟を抱いたそうだ。
 昭和16年(1941)、安東は県一を辞し、書道一本の生活に身を投じるも、その直後に18歳の一人娘を失う。悲嘆に暮れつつも研究の歩みは止まることなく、その努力は戦後見事に開花する。昭和28年(1953)の日展出品作を文部省が買い上げ、昭和32年(1957)には戦後初の式年遷宮を迎えた伊勢神宮の社宝として作品が永久保存された。そして昭和35年(1960)、「みなそこ」が芸術院賞を受賞。かなの作品としては初の快挙で、まさにかな書道が世の中に認められた瞬間になった。日本独自のひらがな文字は平安時代に優美の極地へと高められたが、安東は藤原行成の『和漢朗詠集』を手本に独学でかなを学んで古典への回帰を目指しただけでなく、机の上でひとり味わう小字かなから、展覧会場で多くの人に鑑賞してもらう新たな壁面芸術としての大字かなへと昇華させた。「みなそこ」はその代表作だ。その後、安東の書は日本文化の象徴として、在外公館や大阪万博の貴賓室などを彩った。
 神戸では安東の作品に出会うことができる。須磨離宮公園には自作の歌の碑が、県庁一号館には「第一神戸高等学校跡」の石版がある。安東の作品を多く所蔵する神戸市立博物館の正面玄関の額も、安東の筆によるものだ。また、長田区の蓮池小学校の校歌の作詞も手がけている。ちなみに、作曲はこの連載の初回で紹介した田中銀之助だ。
 安東聖空の作品は、人間のまごころから現れる汗と涙と祈りが、流れるような筆の一筆一筆にあらわれている。人ならぬ輝きにうたれたとき、心の花が咲き、拝みたい気持ちになる。本当に豊かな、書の世界である。

※敬称略
※神戸高校同窓誌『鵬友』、『上郡町史』、筑摩書房『現代書道教室 安東聖空』、神戸市立博物館ホームページ、須磨区ホームページなどを参考にしました。

写真/「安東聖空」神戸市立博物館
Photo : Kobe City Museum / DNPartcom

安東 聖空(あんどう せいくう)
書家
明治26年、兵庫県生まれ。大正3年に姫路師範学校(現在の兵庫教育大学)を卒業後、大正11年に兵庫県立神戸第一高等女学校(現在の兵庫県立神戸高等学校)教諭となる。古筆かなを独学で学び、雑誌『かなとうた』、『正筆』を創刊して書道の普及に尽力。各展で活躍し、書道界に大きな影響を与えた。日本書芸院副会長、日展参事、日展評議員、日展顧問などをつとめ、日本芸術院賞受賞、勲四等旭日小綬章、勲三等瑞宝章受章等を受賞。昭和55年文化功労者

瀬戸本 淳(せともと じゅん)

株式会社瀬戸本淳建築研究室 代表取締役
1947年、神戸生まれ。一級建築士・APECアーキテクト。神戸大学工学部建築学科卒業後、1977年に瀬戸本淳建築研究室を開設。以来、住まいを中心に、世良美術館・月光園鴻朧館など、様々な建築を手がけている。神戸市建築文化賞、兵庫県さわやか街づくり賞、神戸市文化活動功労賞、兵庫県まちづくり功労表彰、姫路市都市景観賞、西宮市都市景観賞、国土交通大臣表彰などを受賞

〈2017年9月号〉
神戸のまちと共に、大丸神戸店は進化していきます
大丸の神戸みやげ
標高931メートルの都市資源・六甲山
KAMINE WATCH JAM! THE PARTY NIGHT
かけがえのない生命(いのち)をジュエリーで表現 『ギメルの四季』Vol.1
私の神戸みやげ my Kobe souvenir ―扉
〈神戸みやげ〉生花|フローリスト PETAL
〈神戸みやげ〉スイートハート|ジャーマンホームベーカリー フロインドリーブ
〈神戸みやげ〉パティ、ブロックベーコン、ローストビーフ|トアロード デリカテッセ…
〈神戸みやげ〉御影雪月花|常盤堂
直火ローストしたての新鮮な珈琲を味わってほしい|まめや総本店
〈神戸みやげ〉有明産味附海苔|菊屋商店
〈神戸みやげ〉バターサンド|ボンボンロケット
〈神戸みやげ〉いちじく大福|御菓子司 幸福堂 御旅店
〈神戸みやげ〉オリジナルブレンド珈琲豆、アイスコーヒー、カフェオレベース|生豆焙…
連載 神戸秘話 ⑨ かな書道の第一人者 かな書道の第一人者 書家・安東 聖空
メルセデス・ベンツで旅するドイツ in KOBE Vol.2
連載 輝く女性⑦ がん治療の副作用による外見の悩みに応えたい
関西屈指の文教地区六甲界隈について【上】
開港150年 こうべ食の博覧会 STYLE in KOBE
港都KOBE芸術祭|時を刻み、豊かな広がりへ
家づくり 〝だけじゃない〟平尾工務店 「食の安全」を目指して
今すぐ行きたい、東北飛行機旅 Vol.2 岩手県
祝・仙台便就航!に寄せて
ポートピアホテル30階に新ブッフェレストラン「GOCOCU~五国のめぐみ~」オー…
「DEEP PARTY part4」が盛大に開催!神戸メリケンパークオリエンタル…
第8代 神戸ウエディングクイーン 3名決定!
ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール 佐藤よし子の “特別なもの”との出会い …
第15回 神戸洋藝菓子ボックサン
時代は変わっても「親睦と奉仕」のロータリー精神は変わらない
神戸のカクシボタン 第四十五回 神戸スイーツの英雄「ウィリアム」
Power of music(音楽の力) 第21回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第七十六回
平松純子さんの旭日小綬章受章を祝う
JAGUAR LAND ROVER in [神戸開港150年記念]海フェスタ神戸…
英国と神戸 Vol.3 日本最初、重力式コンクリートダム 布引ダム
サルトルとボーヴォワールと神戸|神戸っ子アーカイブ Vol.5
神戸鉄人伝 第93回 書家 六車 明峰(むぐるま めいほう)さん
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第四十三回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑯  二人の女性
炭火焼とお出汁のお店 WOOD STOCK(ウッドストック)オープン!|耳よりK…
県立淡路島公園、夜の森の中で神秘的な体験をするナイトウォーク|耳よりKOBE
有馬玩具博物館 相沢康夫 創作玩具展|有馬歳時記