2017年
1月号
金網は、ミツバチだけが通れてスズメバチが通れないような網目の大きさになっている

連載 ミツバチの話 ⑥

カテゴリ:医療関係, 神戸

天敵スズメバチ

藤井内科クリニック 藤井 芳夫

ミツバチは家畜
守らなければならない

 ミツバチのことを色々書いてきたが、ミツバチは家畜であるので守らなければならない。ミツバチの天敵は同じ蜂の仲間のスズメバチである。日本ミツバチはある程度はスズメバチに対応することができる。蜂球と呼ばれる方法で、一、二匹のスズメバチなら集団で囲み、オシクラ饅頭で、中にスズメバチを閉じ込め蒸殺するのだ。
 一方、西洋ミツバチはその様な対抗手段をもたないため、養蜂家が守らなければ全滅する。日本ミツバチが多くの場合野生であるのに対し、本邦では野生化した西洋ミツバチの報告がない点からも理解できると思う。スズメバチは攻撃的で、刺されると生命に危険が及ぶことがあるのは周知の通りであるが、今回は養蜂の視点からスズメバチ対策について述べる。

スズメバチ撃退法

 スズメバチは何種類かある。やってくるのは主にオオスズメバチとキイロスズメバチであるが、オオスズメバチの方がさらに攻撃的である。当方では5月から7月まで採蜜するが、その期間、スズメバチはほとんど来訪しない。8月の半ば過ぎから、9月、10月、11月とミツバチを襲いに来る。養蜂を始めて6年目になるが、このスズメバチ対策の如何によって、翌年のハチミツの収穫量が左右されると言っても過言ではない。最初の1年か2年目のころは巣箱の入口(巣門)の部分を狭くし、スズメバチが容易に侵入できないようにし、巣門の前にスズメバチ捕獲器を取り付け、さらに粘着シートのネズミ捕りを巣箱の上に置いて防御していた。
 スズメバチはいきなり集団では襲ってこない。まず偵察がやって来て色々情報を集め、一旦本部に戻ってから大挙して押し寄せるのである。一度に20匹ほどで来られると対処していなかったら2時間ほどで全滅だ。巣箱の入口はミツバチしか通れない広さにしているので、数の多いミツバチも簡単には巣に入ることが出来ず、巣門はミツバチでごった返している。そこに偵察のスズメバチがやってくると、ミツバチは弱いくせに巣を守るため果敢にもスズメバチめがけて突進していく。迎え撃つスズメバチは突進してくるミツバチをいとも簡単にかみ殺すが、多勢に無勢でミツバチに追われてスズメバチ捕獲器の中に逃げ込む。捕獲器はミツバチが通れてスズメバチは通れない金網で出来ており、二階建て構造になっている。蜂のように昆虫は高いほうへ登っていく性格があるのでこれを利用する。二階は外には出られない仕組みになっているので、二階に上がったが最期、スズメバチは捕獲される。8月を過ぎると沢山のスズメバチが捕獲器の中にトラップされる。
 さらに様子を見に来たスズメバチが巣箱上の粘着シートに着地した途端、そのネバネバがくっついて身動きが出来なくなり、もがきながらも助けを呼ぶフェロモンを出す。あるいは攻撃フェロモンを出すとも言われているが、仲間のスズメバチが舞い降りてきて、またまた捕獲されることになる。この方法で有効なのはオオスズメバチである。キイロスズメバチは仲間を助けには来ない。
 もうひとつの方法として、ペットボトルに砂糖水を入れエビオス錠など酵母菌を加えると発酵しスズメバチが寄ってくる。入るに容易で、出るのに困難な窓を作ると簡易捕獲器が出来上がる。それを巣箱の周りにつるしておけば、ペットボトル一杯のスズメバチを捕ることができる。市販されているハチトリもあり、これは劇とれだ。殺虫剤を使うとスズメバチだけでなくミツバチもやられてしまい、ハチミツも駄目になるので、このような方法で対処するのである。しかし、油断するとあっという間に巣箱の前に犠牲になったミツバチの山ができる。

バドミントンのラケットでスズメバチを叩き落す

 そこで現在は、8つの巣箱をすっぽり覆うニワトリ小屋のような金網の小屋を作っている。この金網はミツバチが通れてスズメバチは通れない。金網で覆うとミツバチはかなりストレスを感じて?いるようだが、スズメバチの餌になるよりはましである。しかし、スズメバチは小屋の周りを飛び回り、外勤から帰ってきたミツバチを空中でたやすく捕まえ、大きな顎であっという間に肉団子にしてさらっていく。巣に帰ってくるミツバチは花蜜と花粉を一杯積んでいるので、動作が鈍くゆっくりと飛んでいるからである。スズメバチはただ生きるためにミツバチを襲っているだけなのであるが、それを黙って見ている訳にはいかない。
 実は、百円ショップで買ってきたバドミントンのラケットで、この忌々しいスズメバチを叩き落すのである。スズメバチはミツバチを狙ってゆっくりと飛んでホバリングしている。スズメバチはまさか自分が狙われているとは思っていないので、こちらに対しては無警戒である。そこで軽くスナップを利かして叩き落すのである。叩き落したスズメバチで気絶しているものは、翅をそっと掴んでネズミ捕りの粘着シートの上に乗せる。しばらくすると仲間のスズメバチが「おい、どうした?」とかで集まって来てネズミ捕りの上に降り立ったが最期、ネバネバに御用となるのである。
私は学生の時、バドミントン部に属していたので、私にとってはいい運動でストレス解消になる。もちろんエピペンというアドレナリン注射は用意しているが使ったことはない。しかし、読者の皆様は決して真似をしないでほしい。スズメバチ退治は役所か業者に依頼すること。刺されると大変なことになります。

金網は、ミツバチだけが通れてスズメバチが通れないような網目の大きさになっている


花蜜と花粉を積んだミツバチは動きが遅く、スズメバチに簡単に捕らえられてしまう


巣箱の前に仕掛けた、スズメバチ用の捕獲器


捕獲器は、ミツバチの巣門に入れないスズメバチが高所へ登る習性を利用したもの


現在は8つの巣箱を金網で覆えるようにしている



藤井 芳夫

藤井内科クリニック

〈2017年1月号〉
連載 神戸秘話 ① 神戸の音楽界の父、 田中銀之助
人が暮らして働く、賑わいのある街、神戸を!
西宮の云われについて|神様に愛された地、夙川
ぶらりニテコ池|神様に愛された地、夙川
RANGE ROVER EVOQUE 新型レンジローバー イヴォーク コンバーチ…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十八回
対談/進化する名門私立中学校 第4回 甲陽学院中学校
連載 ミツバチの話 ⑥
早くて安い! 神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜長崎の飛行機旅(前編)
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 6
第7回 神戸洋藝菓子ボックサン
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”⑦
神戸市結婚新生活支援事業
オーガニックハウス『ラッタンバリー』のモデルハウス リニューアルオープン
広がる美味しさ いかりのお店
Power of music(音楽の力) 第13回
会下山の桜を守りたい! 神戸印刷若人会設立60周年 “繋がれた襷”
「とらふぐと水仙は“淡路の冬”を代表する魅力」
神戸のカクシボタン 第三十七回 兵庫県唯一のプロバスケットボールチーム西宮ストー…
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十五回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑧ 木守り柿
風さやか、酉年に羽ばたく!風見鶏の街から今年も「絆の風」
有馬歳時記 有馬温泉発!大人気コスメ