2022年
3月号

映画をかんがえる | vol.12 | 井筒 和幸

カテゴリ:文化・芸術・音楽, 文化人

人間らしいオモロい奴、人間に見えないケッタイな奴が次々に現れる、そんなアメリカン・ニューシネマの洗礼を受けて、知らぬ間に二十歳を過ぎ、70年代の日々の喜怒哀楽を映画と共に生きられたのは、映画と無縁な人よりは幸福だったかも知れない。大阪や京都や兵庫や和歌山だろうと、そこの映画館で半月おきに替わる作品に出会うためなら、何処でも足を伸ばし、ご飯を食べる時間も金も惜しんで、その光と影の世界に没入したものだ。ボクの眼前では、日々の誰かの現実と、銀幕の中の誰かの現実が入れ替わり立ち代わりしていて、現実の憂さや切なさを慰められ、怒りを鎮められ、苦しみが和らぐ、かと思えば、銀幕の中の悦びや怒りに共感し、自分の感情も振り回された。でも、どっちの現実も、心を鍛える途中の自分には大事なことだった。改めて思うが、そんな幻影に遭遇してなかったら、今、どうしてたか見当もつかない。
18世紀のまだ英国の植民地だったアイルランド地方出身の、バリーという青年の流転の半生につき合わされて、こっちまで何十年も歳をとったような気になった傑作がある。スタンリー・キューブリック監督の『バリー・リンドン』(76年)だ。前作の『時計じかけのオレンジ』(72年)は、暴力と性欲の限りをつくす不良青年が専制国家から精神治療の実験台にされる近未来を描く、あんまりいい気分がしない映画だった。でも、このバリー青年の方は、恋敵の貴族と決闘して勝ち残り、母と暮らす農家を出て、大英帝国軍に入隊して何度もの戦争に参加し、詐欺師にもなり、遂にはリンドン伯爵婦人の後婿になって爵位ももらって息子も生まれるが、また決闘して片足を失って財産も失って、不運に翻弄される成り上がり者の話で、貴族の醜さやだらしなさをリアリズムで暴いた。電灯がない時代を描くためにロウソクの光で撮ったと噂になった。3時間見続けるとボクの心も空っぽになっていた。一緒に観た友人が「人間、立って半畳、寝て一畳、天下取っても二合半やな」とうそぶいた。
「無常」や「空」の仏教観に惹かれたのはこの頃からだ。アメリカは介入したベトナム戦争に敗北したし、沖縄から爆撃機を飛ばせて戦争に加担していたはずの日本もオイルショックで経済成長は止まったものの、途端に平和を求め始め、無常感どころか、大人も若者も一億総中流を目指して自分の幸福探しに精一杯だった。でも、ボクの空っぽの心は世の中の虚栄にはついていけず、自分の映画作りもうまく運ばず苦闘していた。そして、田舎の喫茶店で煙草をくゆらせる度、世間にはぐれていても、血が騒ぎ身体も震えるような社会を射る映画を見たかった。そこに現れたのがマーティン・スコセッシ監督の『タクシードライバー』(76年)だ。主人公はベトナムの地獄から五体満足で帰還したが戦争後遺症で不眠症を患い、何をして生きたらいいのか悩んでいる海兵隊上がりの、ちょっと、いや、かなり外れた青年だ。ベトナム体験はないが、知らぬ間にはみ出てしまったボクと気分が似ていて、すぐに画面の中のニューヨークを走る彼のタクシーキャブに同乗できた。彼は流しの運転手をしながら自分に何が出来るか考えた末、次期大統領候補の暗殺を思いつく。しかし、社会はそんなに甘くない。すぐに諦めて、今度は下町に巣食う怪優ハーベイ・カイテル演じるポン引き男や売春業者を始末しに行く。  
この“怪物映画”はボクの血肉になっている。バーナード・ハーマンのやるせない主題曲はいつも、生きあぐねるボクの心を泣かせる。何十回観たことだろう。後年、テレビ番組でニューヨークに行き、最後の銃撃シーンのパロディーを16ミリで撮り、3分間の『タクシードライバー・88』を仕上げた。もしもロケ中、デ・ニーロさんに見つかっても歓迎してもらえるように、主役の若者の頭はモヒカン刈りにしてもらった。結局、本人には出会えなかったが。

PROFILE
井筒 和幸

1952年奈良県生まれ。奈良県奈良高等学校在学中から映画製作を開始。8mm映画『オレたちに明日はない』、卒業後に16mm『戦争を知らんガキ』を製作。1981年『ガキ帝国』で日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。以降、『みゆき』『二代目はクリスチャン』『犬死にせしもの』『宇宙の法則』『突然炎のごとく』『岸和田少年愚連隊』『のど自慢』『ゲロッパ!』『パッチギ!』など、様々な社会派エンターテイメント作品を作り続けている。映画『無頼』セルDVD、2021年11月25日発売。

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

  • ジャガー・ランドローバー西宮 / 神戸中央 / 姫路
〈2022年3月号〉
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
アレックス|トータルビューティーサロン[KOBECCO Selection イン…
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection インスタグラム]
KOBECCO お店訪問|東天閣 神戸本店
マダム・チェリーの petit bonheur ちいさなしあわせ
Movie and cars |フィアット124(スポーツ)スパイダー
ノースウッズに魅せられて Vol. 32
神戸で始まって 神戸で終る ㉕
僕の幸せは僕のピアノを聴いてくれる人がいること
兵庫・宝塚から挑む世界照準 1世紀を超えても変わらぬ新明和工業のチャレンジ精神
未来の社員への贈り物 兵庫ヤクルト新社屋「健康情報発信station」完成
ジャズってなんかいい。
映画をかんがえる | vol.12 | 井筒 和幸
兵庫のテロワールを味わう 船上で感じる匠の技|Produced by HAYAK…
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
Hair&Face Elizabeth|ヘアサロン[KOBECCO S…
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド ビスポークテーラー[KOBECCO Select…
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
亀井堂総本店|瓦せんべい[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
ALEX|トータル ビューティーサロン[KOBECCO Selection]
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
「こども本の森 神戸」3月25日オープン|竹下景子さんが名誉館長に就任
「こども本の森 神戸」へ ようこそ 12
南京町をぶらり|曹さんぽ|11|2月10日(木)のおさんぽテーマは…
JCは会員みんながフラット 共に活動し、成長する〝友達〟
KOBECCOおすすめの一冊|君の名前の横顔
元町映画館 vol.3|『三度目の、正直』
メタバースって知っていますか? METAVERSE
GRAND NIKKO AWAJI グランドニッコー淡路
神大病院の魅力はココだ!Vol.7 神戸大学医学部附属病院 リハビリテーション科…
神戸大学医学部附属病院整形外科 第4回 健康寿命に関わる「骨粗しょう症」のはなし…
有馬温泉史略 第三席|行基による再興~伝説か? 真実か? 奈良時代
神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~㉓後編 菊原静男
木のすまいプロジェクト|平尾工務店|瓦編|Vol.2
兵庫県立淡路夢舞台公苑温室「あわじグリーン館」|淡路島の春を訪ねて<淡路島特集>…
「淡路島国営明石海峡公園」|淡路島の春を訪ねて<淡路島特集>
兵庫県立公園「あわじ花さじき」|淡路島の春を訪ねて<淡路島特集>
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第129回
harmony(はーもにぃ) Vol.49 旗じいちゃんの生きる道
神戸のカクシボタン 第九十九回 六甲山から尼崎へ出張アート
連載エッセイ/喫茶店の書斎から 70 雪の中で山鳥を拾つた
NEKOBE|vol.41|神戸御影メゾンデコール