2016年
10月号

有馬の街歩き新発見

カテゴリ:おすすめスポット, 楽しむ

有馬へようこそ! 温泉や自然だけでなく、たくさんの魅力あふれる有馬温泉。「街歩き」の楽しみもそのひとつです。昨夜は旅館で、おいしい懐石料理をいただいたので、翌日は温泉街で気軽なグルメやスイーツを味わいましょう。そんな“翌日の有馬温泉”をテーマに、湯本坂から有馬温泉駅までを歩いてみました。

20161002002
20161002003
20161002004
20161002005
20161002006

神戸っ子のキャラクター「神戸っ娘」ちゃん。 Facebookもご覧くださいね! https://www.facebook.com/kobecco/

神戸っ子のキャラクター「神戸っ娘」ちゃん。
Facebookもご覧くださいね!
https://www.facebook.com/kobecco/

鼓ヶ滝

マイナスイオンたっぷりの名所
有馬温泉の古くからの名所です。滝の落ちる音が、鼓の音のようだということから名付けられました。緑の中で、新鮮な空気と水しぶきから生まれるマイナスイオンをたっぷり浴びてください!滝のそばにはベンチがあり、お茶屋さんでゆっくりひと休み!
20161002101

瑞宝寺公園

兵庫県内でも有数の紅葉スポット
清々しい山の空気を感じることができる瑞宝寺公園。明治初期に廃寺になったお寺の跡地を整備してつくられました。有馬大茶会の野点の席にもなります。紅葉の美しさから「錦繍谷」とも呼ばれています。紅葉の季節にぜひ訪ねてください!
20161002102
20161002103
20161002104

へてから有馬温泉店

「これからのモノづくり。モノ選び」がコンセプト
モノづくりの作り手、職人、デザイナーが集まってプロデュースされた「へてから」。全国各地の作家による作品、グッズ、地元のこだわり食品などが並びます。「へてから」とは有馬の古い方言で“それから”という意味があるそうです!

神戸市北区有馬町1166
078-907-3600
営業 10:00~17:00 
定休日 無休

20161002201
20161002202
20161002203
20161002204

有馬ジェラテリア スタジオーネ

旬の手作りジェラートとコーヒーのお店
店内にある工房で作られる手作りジェラートは、北区の酪農家の牛乳を使った濃厚な「六甲プレミアムミルク」をはじめ、旬のフルーツやお酒のジェラートも人気。有機栽培の豆によるコーヒーもおすすめ。

神戸市北区有馬町1163
078-907-5468
営業 10:00~17:00
定休日 水曜日

20161002205
20161002206
20161002207

堂加亭(どうかてい)

湯本坂のおもむきある茶房
古民家をリノベーションしたおもむきのある茶房。ポルトガル在住経験のあるシェフによるポルトガルのお菓子「セリカイア」、ドリップコーヒー、丹波の銘茶「母子茶」など、こだわりの料理やドリンクの味わいが人気。ランチメニューあり。

神戸市北区有馬町1176
078-904-0105
営業 10:30 ~17:00
定休日 金曜日

20161002208
20161002209

竹中肉店

揚げたてのお肉屋さんのコロッケをどうぞ!
神戸牛、黒毛和牛などを扱うお肉専門店による、揚げたての「お肉屋さんのコロッケ」、「お肉屋さんの特製ミンチカツ」は1個130円~。竹中肉店では、本店の近くで「神戸牛牛丼」や限定の「神戸牛牛串」のお店もオープン。

神戸市北区有馬町813
078-904-0763
営業 9:00~18:00
定休日 水曜日

20161002301
20161002302

まめ清

手作り豆腐専門店による豆乳の大判焼き!
手作り豆腐専門店による豆乳の「大判焼き」(150円~)は、北海道あずきを原料にした豆乳を生地に練り込んだもちもち食感がたまらない。こしあん、つぶあんのほか、すうぃーとぽてとや甘辛ポークなど味わいも多数。甘さひかえめの豆乳ソフトクリームも人気。

神戸市北区有馬町1175
078-903-3225
営業 9:00~18:00
定休日 水曜日

20161002303
20161002304

三ツ森 まんじゅう店

炭酸せんべいを挟んだ、その名も「炭酸和ッフル」!
炭酸せんべいの三ツ森による「炭酸和ッフル」(180円)は、ふわふわのワッフル生地にあんこと炭酸せんべいをはさんだお手軽スイーツ。食べ歩きなら生クリームもOK。甘さひかえめなのも◎

神戸市北区有馬町811
078-904-0107
営業 9:00~17:00
定休日 水曜日
焼き立ての「ほっこりさん」をどうぞ!

20161002305
20161002306

三ツ森 金の湯前店

焼き立ての「ほっこりさん」をどうぞ!
もち粉を使い、もっちりした食感の焼きまんじゅう「ほっこりさん」は、有馬新名物としておみやげにも人気の商品。金の湯前店ではお茶のセットをいただくことができ、店内で実演販売を見学し、焼きたてを食べられることも(休止の場合あり)。

神戸市北区有馬町 8325
078-903-0210
営業 9:00~17:00 定休日 水曜日

20161002401
20161002402

まめ清 豆腐屋の洋菓子

モチモチ感がたまらない!
人気の「有馬ドーナツ」

手作り豆腐の「まめ清」のもうひとつのお店では、人気の「有馬ドーナツ」をどうぞ。豆乳とおからでできたモチモチした手焼きのドーナツは、プレーンやチョコレートなど味わいが多数。店内でドリンクとともにイートインも可能。

神戸市北区有馬町869-3
078-903-1470
営業 10:30~17:30
定休日 不定休

20161002403
20161002404

くつろぎ家 NOKISAKI TACOS

淡路島の食材を使ったスパイシーなタコス!
有馬にタコス屋さんがオープン! 新鮮な淡路産野菜を使った本場メキシコのタコスはお好みでスパイシーなソースをかけて。淡路牛ビーフタコス(500円)、クリームチキンタコス(500円)、2つの味が楽しめるビーフ&チキンコンボ(800円)。

神戸市北区有馬町839-2
078-903-1550
営業 11:00~17:00
定休日 火曜日

20161002405
20161002406

有馬炭酸力

炭酸発祥の地・有馬の炭酸専門店
炭酸水発祥の地・有馬温泉の炭酸専門店。炭酸ミストを皮膚に吹き付けてマッサージを行う「炭酸ボディメンテナンス」の他、炭酸美容コスメや全国各地のおもしろ炭酸飲料を集めています。

神戸市北区有馬町798 湯本ビル2階
078-903-5757
営業 11:00~20:00 定休日 無休
※炭酸ボディメンテナンスは予約優先制

20161002501
20161002502

吉高屋

懐かしくて楽しい、有馬みやげ
神鉄「有馬温泉」駅前にあるおみやげ屋さん。人気の薬用入浴剤「カメ印自宅湯原料」「美肌石鹸」「金泉美肌石鹸」などオリジナルコスメは女性に大人気! 楽しくてどこか懐かしい雑貨などもいっぱいで、時間を忘れてはしゃいでしまいます!

神戸市北区有馬町259
078-904-0154
営業9:00~20:00
定休日 水曜日

20161002503
20161002504
20161002505

金泉堂本店

大人気の「ぼっかけうどん」!
神鉄「有馬温泉」駅構内にある金泉堂本店。2Fでは本格的甘味茶房があり、ゆったりとお食事をいただけます。何と言ってもおすすめは、「ぼっかけうどん」。すじ肉をとろとろになるまで煮込み、ツヤのある細麺といただくとこれがまた絶品です!

神戸市北区有馬町266-2
078-904-4755
営業9:00~18:00
定休日 元旦のみ

20161002506
20161002507

〈2016年10月号〉
有馬の街歩き新発見
企業経営をデザインする⑨お客様のニーズにお応えして愛される旅館づくり
対談/進化する名門私立中学校 第2回 神戸女学院中学部
連載 ミツバチの話 ③
おとな旅・神戸 ワンランク上の神戸を楽しむ
美しい心を育む 品格ある建築W・M・ヴォーリズ設計による 神戸女学院 岡田山キャ…
神戸市医師会設立60周年 会長インタビュー 地域医療を支えて60年
早くて安い!神戸空港からひとっ飛びの旅!!|神戸〜鹿児島の飛行機旅(後編)
有馬温泉がスゴイ理由(ワケ)
芦屋山手のフロントライン「東山町」 その 四
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 3
第4回 神戸洋藝菓子ボックサン
「西神飯店」 「神源」誕生秘話 ④
なるほど医学体験「HANSHIN健康メッセ」開催
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十五回
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”④
いかりの美味しさ ∞ むげんだい
関西の働く女性を応援し続けて11年 「ACCJ関西ウォーカソン」
人生無 一 事
スイス高級時計産業の芸術性を伝えるために
連載コラム 「第二のプレイボール」|Vol.20
第67回 豊公を偲ぶ有馬大茶会
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑤  北山冬一郎その後
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十二回
神戸鉄人伝 第82回 石田 皓山(いしだ こうざん)さん
YANASE CELEBRATION ヤナセ セレブレーション
“事故のない明るい兵庫はあなたから” 〜安全で快適な交通社会「兵庫」の実現を目指…
神戸のカクシボタン 第三十四回 神戸のご当地飲料「アップル」
Power of music(音楽の力) 第10回
文化の融合が、独自の邸宅文化を生んだ『芦屋の和洋館よとわに』