2016年
10月号
「フィリップ・デュフォー」「グルーベル・フォルセイ」のダブルネームが刻まれている

スイス高級時計産業の芸術性を伝えるために

カテゴリ:お洒落・ファッション, ジュエリー・時計

 今年、創業110周年を迎えた高級時計宝飾専門店カミネ。9月3日、110周年記念事業のひとつとして「Le Garde-Temps-Naissance d’une Montre(時を計る、時計の誕生)」の公開取材がホテルオークラ神戸で開催された。
 近年、スイスの時計業界では、高度な工作機械を取り入れることで、古くから「手づくり」による時計製造を行う職人たちが減っていっている現状がある。このことに危惧を感じていた時計界の巨匠・フィリップ・デュフォー、グルーベル・フォルセイらが2007年に「Time Aeon」という財団を結成。そして、そのプロジェクトは「ガルド・タン プロジェクト」としてスタートした。
 このプロジェクトは、最も伝統的で古典的技法による時計を、パリの時計学校の教師ミッシェル・ブーランジェ氏が11本だけ製造し、それを販売することで、若手時計師の育成のための基金にするというもの。この「ガルド・タン プロジェクト」に、日本の時計店として賛同するのがカミネ。この11本のうちの1本をカミネが扱い、またその1本はプロジェクトの意義に賛同されたお客様が即決し、2年後の納品が決定している。
 記念すべき1本目は、2016年6月の香港・クリスティーズオークションで、約1億5000万円で落札され、クリスティーズ史上初めて落札金が活動基金に寄付されることとなった。
 この11本の時計には、「フィリップ・デュフォー」「グルーベル・フォルセイ」のダブルネームが刻まれており、最初で最後の名作になっている。
 上根社長は、「営利目的ではなく、伝統的な時計技術継承への願いと歴史に対するリスペクトが介在するこのプロジェクトに110周年記念事業のひとつとして参画できることを心から光栄に思います」と話をした。

「フィリップ・デュフォー」「グルーベル・フォルセイ」のダブルネームが刻まれている

「フィリップ・デュフォー」「グルーベル・フォルセイ」のダブルネームが刻まれている


東京方面から多数 プレス関係者も来場した

東京方面から多数 プレス関係者も来場した


9月3日イベントは公開取材という形式で実施された

9月3日イベントは公開取材という形式で実施された


多くの時計ファンが詰めかけた。 関心の高さをうかがわせた

多くの時計ファンが詰めかけた。
関心の高さをうかがわせた

〈2016年10月号〉
有馬の街歩き新発見
企業経営をデザインする⑨お客様のニーズにお応えして愛される旅館づくり
対談/進化する名門私立中学校 第2回 神戸女学院中学部
連載 ミツバチの話 ③
おとな旅・神戸 ワンランク上の神戸を楽しむ
美しい心を育む 品格ある建築W・M・ヴォーリズ設計による 神戸女学院 岡田山キャ…
神戸市医師会設立60周年 会長インタビュー 地域医療を支えて60年
早くて安い!神戸空港からひとっ飛びの旅!!|神戸〜鹿児島の飛行機旅(後編)
有馬温泉がスゴイ理由(ワケ)
芦屋山手のフロントライン「東山町」 その 四
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具 3
第4回 神戸洋藝菓子ボックサン
「西神飯店」 「神源」誕生秘話 ④
なるほど医学体験「HANSHIN健康メッセ」開催
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十五回
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”④
いかりの美味しさ ∞ むげんだい
関西の働く女性を応援し続けて11年 「ACCJ関西ウォーカソン」
人生無 一 事
スイス高級時計産業の芸術性を伝えるために
連載コラム 「第二のプレイボール」|Vol.20
第67回 豊公を偲ぶ有馬大茶会
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ⑤  北山冬一郎その後
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十二回
神戸鉄人伝 第82回 石田 皓山(いしだ こうざん)さん
YANASE CELEBRATION ヤナセ セレブレーション
“事故のない明るい兵庫はあなたから” 〜安全で快適な交通社会「兵庫」の実現を目指…
神戸のカクシボタン 第三十四回 神戸のご当地飲料「アップル」
Power of music(音楽の力) 第10回
文化の融合が、独自の邸宅文化を生んだ『芦屋の和洋館よとわに』