2014年
7月号

神戸のカクシボタン 第七回

カテゴリ:文化・芸術・音楽

文 / 岡 力 写真/六楽嶋泰正

「偉大なる書斎を前にして」

2012年に亡くなった直木賞作家・藤本義一先生。
今年4月、芦屋市奥池にある別荘敷地内に「藤本義一の書斎」が完成した。1981年、周囲の景観を気に入り山荘をイメージして建設された別荘。大好きだったゴッホの「黄色い家」を模した棟跡地に今回ギャラリーが増築された。年始や夏になると気心知れた友人が集い語らった想い出の場所。多くの事を学び吸収して帰るこの地を仲間内では、「バキューム共和国」と呼ぶようになった。
「書物などの資料は、放っておくと散る」と生前より記念館の設立を計画。ガラス張りの緑に囲まれた展示スペースには、愛用品を始め多くの原稿を執筆した机が再現されている。ズドーンと天井までぎっしりの本棚。大英博物館をイメージした図書スペースには、著書や資料となった出版物2千冊が並んでいる。数多く手掛けたドラマの台本。ガリ版刷りのそれらを放送局別に精査し紺色(NHK)・赤色(読売)・灰色(関西)・緑色(朝日)・黄土色(毎日)といった具合にハードカバー装丁が施されている。
夫人の藤本統紀子さんにお話を伺った。「最近、電子書籍が流行っていますが多くの書籍に触れ読んだ時の情景がいつまでも記憶に残る活字の良さを知ってほしいです」。帰りがけに購入したポストカードには、「蟻一匹炎天下」の書。暑い夏、その言葉を胸に刻み関西で孤軍奮闘したい。

手にとって閲覧できる図書スペース


藤本統紀子さん、次女の藤本芽子さん




■藤本義一の書斎 Giichi Gallery

兵庫県芦屋市奥池11-10
【営】土曜・日曜 11:00〜16:00 入場無料
  ※展示期間は、4月〜10月まで
■アクセス
●阪急バス 芦屋有馬線 
 阪急芦屋川駅、JR芦屋駅、阪神芦屋駅より
 有馬行または芦屋ハイランド行き乗車
 「奥池」下車 徒歩5分

■岡力(おか りき)コラムニスト

ふるさとが神戸市垂水区。著書「アホと呼ばれた’80S」「噂の内股シェフ」「関西トラウマ図鑑」連載「大阪ロマン紀行」(大阪日日新聞)「ハコの十八番」(Whole Earth Magazine Fm Cocolo)
出演「おちゃのこSaiSai」(J:COMチャンネル)

〈2014年7月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.17
特集 ー扉 進化する大学
創立125周年 今も生きる建学の精神 —関西学院大学
草創期の関西学院と神戸
共に神戸で創立。姉妹兄弟のような思い —関西学院創立125周年に寄せて
文教地区、西宮で互いに切磋琢磨を —関西学院創立125周年に寄せて
私の関学青春時代
教養に根ざした実学教育を目指す —甲南女子大学
〝グローカル〟な視点をもつ看護師の育成を
学生時代の思い出 ー甲南女子大学創立50周年に寄せて
甲南女子大学卒業生 朝井まかてさんが第150回直木賞を受賞
OPEN CAMPUS 2014 ー甲南女子大学
兵庫県全域が教育・研究拠点 設立10周年にさらなる飛躍を ー兵庫県立大学
兵庫県立大学創立10周年・創基85周年記念事業
自立した女性の育成を目指し、さらにウィングを広げる ー神戸女子大学・神戸女子短期…
OPEN CAMPUS 2014 ー神戸女子大学・神戸女子短期大学
あらゆる場面で発揮できる〝360°看護力〟を育てる ー武庫川女子大学
オープンキャンパス ー武庫川女子大学・武庫川女子大学短期大学部
実践的学習で学ぶ〝グローバル・シティズン〟の考え方 ー神戸市外国語大学
神戸市外国語大学 OPEN CAMPUS 2014
神戸のカクシボタン 第七回
老祥記 vol.8 おいしい食べ方 基本編
神戸洋藝菓子ボックサン:「甘みは旨み」― 初代・善之助の教えを守り50年
[NEWS]田辺眞人さん 兵庫県教育功労者表彰、宝塚市市政功労者表彰を受賞 宝塚…
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.12
オルタンシアビル
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十二回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.1
風さやか
KOBECCO催しもの情報
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第55回
KOBEの本棚 『神戸鉄人伝 -神戸の芸術文化人-』 とみさわかよの著
第五回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 41
Report KOBE 創立100年を迎えた「Kobe Women’s Club…
Report KOBE ソムリエや生産者とともに「スイスワインを楽しむ会」
Report KOBE 第44回神戸まつり
耳よりKOBE 女性向けごほうびおやつ「tabé té bimi(食べて美味)」…
神戸っ子グルメ 新鮮な野菜と魚介がたっぷりの広東料理