2014年
7月号

フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.1

カテゴリ:建築

内と外の融合

 ─大地のゆったりとした広がりが入ってくると同時に、建物とその内部空間が外にあふれ、大地のつながりと共調する。大地と建物は直に開きあい、親密につながりあって、お互いを一層引き立てる。環境としてつながりあうだけでなく、建物のなかで営まれるよき生活パターンとしてつながりあうのだ。
近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライト。彼の思想の根源は「大地」にある。彼の生み出した「プレイリースタイル」は、その名の通り草原に習い、自然から有機的建築というアイデアを得て体現したものとも言えるだろう。ライトの世界は「調和した秩序」という自然の本質から広がっている。
大地から現れ、光の中へ伸びていく─自然の中で樹木のように存在する家こそ、有機的建築のあるべき姿であるとライトは述べているが、外部が内部へと入り込み、内部は外部へと広がる空間は、その特徴のひとつである。
内部と外部が、互いに調和しながら統合されていく。そんな彼の理想は、ガラスという建築資材の登場によって実現した。それまでの西洋の古典的な建築で強いられてきた「厚い壁で仕切られた洞窟生活」から人類を解放したのは、ライトの提唱した有機的建築の理念であるとも言っても過言ではない。
人間は陽光と大気に直接結ばれてはじめて、大地の自由を謳歌できる。有機的建築の系譜を受け継ぐ「オーガニックハウス」は内と外の結びつきを体現し、私たちに自由の翼を与えてくれる。
透き通ったガラスの窓を天井いっぱいまでとり、リビングとデッキをつなげ、内と外の調和を体現。床板も同じ方向に貼り、壁にも同じ煉瓦を使うことで、リビングはデッキと統合され、まるでひとつの空間のようだ。ゆえに広さと開放感が生まれ、大地と一体となるような感覚が呼び覚まされる。
さらにライトデッキからは日差しが漏れ、昼は太陽の光、夜は間接照明で室内をやさしく包んでくれる。
内部と外部の融合は、内と外があいまいな日本古来の民家にも通じるものがあるのではないだろうか。ライトの思い描いた「大地とつながる」空間は、日本人が心から安らぐことのできる空間でもある。私たちがもっとも健康的に過ごすことができる場所は、このリビングが体現している「内と外の有機的な融合」にある。


〈2014年7月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.17
特集 ー扉 進化する大学
創立125周年 今も生きる建学の精神 —関西学院大学
草創期の関西学院と神戸
共に神戸で創立。姉妹兄弟のような思い —関西学院創立125周年に寄せて
文教地区、西宮で互いに切磋琢磨を —関西学院創立125周年に寄せて
私の関学青春時代
教養に根ざした実学教育を目指す —甲南女子大学
〝グローカル〟な視点をもつ看護師の育成を
学生時代の思い出 ー甲南女子大学創立50周年に寄せて
甲南女子大学卒業生 朝井まかてさんが第150回直木賞を受賞
OPEN CAMPUS 2014 ー甲南女子大学
兵庫県全域が教育・研究拠点 設立10周年にさらなる飛躍を ー兵庫県立大学
兵庫県立大学創立10周年・創基85周年記念事業
自立した女性の育成を目指し、さらにウィングを広げる ー神戸女子大学・神戸女子短期…
OPEN CAMPUS 2014 ー神戸女子大学・神戸女子短期大学
あらゆる場面で発揮できる〝360°看護力〟を育てる ー武庫川女子大学
オープンキャンパス ー武庫川女子大学・武庫川女子大学短期大学部
実践的学習で学ぶ〝グローバル・シティズン〟の考え方 ー神戸市外国語大学
神戸市外国語大学 OPEN CAMPUS 2014
神戸のカクシボタン 第七回
老祥記 vol.8 おいしい食べ方 基本編
神戸洋藝菓子ボックサン:「甘みは旨み」― 初代・善之助の教えを守り50年
[NEWS]田辺眞人さん 兵庫県教育功労者表彰、宝塚市市政功労者表彰を受賞 宝塚…
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.12
オルタンシアビル
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十二回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.1
風さやか
KOBECCO催しもの情報
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第55回
KOBEの本棚 『神戸鉄人伝 -神戸の芸術文化人-』 とみさわかよの著
第五回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 41
Report KOBE 創立100年を迎えた「Kobe Women’s Club…
Report KOBE ソムリエや生産者とともに「スイスワインを楽しむ会」
Report KOBE 第44回神戸まつり
耳よりKOBE 女性向けごほうびおやつ「tabé té bimi(食べて美味)」…
神戸っ子グルメ 新鮮な野菜と魚介がたっぷりの広東料理