2014年
11月号
ドアは寄せ木のしつらえ。デザイン性が目を惹く

フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.5

カテゴリ:建築

装飾と意匠

 単純性-芸術家としてこの言葉を用いるとするなら-は、ある有機的全体のなかの完璧なる一部分となってはじめて達成されるものなのだ。単なるひとつの特徴、単なる一部分に過ぎなかったものが、単純性の域に達すると、調和した全体における調和した要素となる。(中略)デザインの明瞭さと、完全なる意義の表明は、ともに野に咲く百合の自然な単純性の第一の本質である。「苦労もせず、紡ぎもしない」。このイエス・キリストの言葉こそ、単純性についての至言である-
 装飾は住宅にとって欠かせない要素であり、住まいの「雰囲気」を醸す重要なファクターであることは言うまでもない。
 しかし、それが建物と調和していなければ、快適さを邪魔するだけのものに成り下がってしまう。部分ごとの要素を付け足し付け足ししていく装飾は「装飾のための装飾」であり、装飾そのものの意図から大きく逸脱してしまう。
 何よりもまず、家は居心地の良い場所でなくてはならない。住む人の使いやすさや心地良さが室内のあらゆるところに存在する。それをより魅力的かつ快適なものとするのが、装飾の本質であるとライトは言う。
 ライト建築の魅力のひとつとして、その統合的な装飾を挙げる人は多いだろう。建物と一体となった単純なパターン、ディテールにまで散りばめられた何気ないデザインは、優れた詩のように心を動かす。
 オーガニックハウスでもまた、心を動かすシーンに出会うことができる。階段の手すりに施されたスクエアのパターンや、ドアの寄せ木風のしつらえ。座り心地の良い備え付けのベンチのファブリックは、その色合いが空間の何気ないアクセントに。リビングのライトデッキは昼は陽光、夜は間接照明で光までデザインしている。ライトの愛弟子、ジョン・ラッタンバリーをはじめとする建築家たちが監修したその意匠には、野の花のような単純性と飽きのこない造形美が宿っている。
 これがないと味気ないし、これ以上だとうるさいという絶妙なバランス。そして空間との調和。良いデザインは決して色褪せることはない。だからこそ末永く、我が家を愛し続けることができるだろう。

ドアは寄せ木のしつらえ。デザイン性が目を惹く


三角形の装飾を何気なく手すりにも施す


統合的な装飾も特徴のひとつ。写真は階段


幾何学的な装飾は、ディテールにまでこだわる。写真は玄関窓



〈2014年11月号〉
特集 ー扉 今も静かに“楽園”の輝きを放つ「苦楽園」
苦楽園の歴史
湯川秀樹が歩いた街「苦楽園」
「神戸の紅葉の名所」
苦楽園のお店 1
苦楽園のお店 2〜5
苦楽園のお店 6〜8
苦楽園のお店 9〜12
苦楽園のお店 13〜14
苦楽園のお店 15〜16
住環境に優れた街を走る甲陽線 地元で愛され90年
美味しさのブランド ikari
造営100年 武庫離宮と須磨
神戸市立須磨離宮公園の催し案内
「歩いて」「見て」感じる須磨の歴史と自然
須磨の魅力を勝手にどんどん発信!
「須磨 智慧の道」を歩く
神戸市立森林植物園 世界の森のもみじめぐり
芦屋平田町に歴史を刻む洋館・稲畑邸
女性たちが力を合わせて「神戸アピール」を発表 全国商工会議所女性会連合会総会が神…
ホットな“豚饅”で神戸を元気に! 第4回 KOBE豚饅サミット開催
まだまだあるよ! 神戸の豚饅人気店
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.16
神戸のカクシボタン 第十一回
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十四回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.5
It’s NEW! 「つくる人」と「買う人」を繋ぐ神戸発のショッピングサイト『L…
耳よりKOBE 竹中大工道具館がリニューアル!大工道具の魅力をより深く!
耳よりKOBE もっと北淡路を楽しみたい!あわ神あわ姫バス、運行開始!
キュレーターズ連携で震災を語り継ぐ
草葉達也の神戸物語
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第59回
第九回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 45
神戸のバーめぐり KOBE OLD & NEW vol.7
[神戸百店会NEWS]北野ガーデン古典芸能イベント 芝能「仲秋の宴」を開催