2014年
12月号
作り付けの机はラウンド状で、やさしいカーブが美しい

フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.6

カテゴリ:建築

インテリアの心地よさ

 我々はみな、よい服を着たときの気持ちがどんなものか、その結果引き起こされる意識の変化がどういうものかよく知っている。我々の行いは確かに変わる。これと同じ感覚を、あなたが住む家からも受け取るべきだ。これは倫理的にも有益な効果がある。それと気付かないような心の奥底での影響だが、その確かな基盤の上に気高い生活が実る。自分自身にふさわしい家に住めば、人はよりよき社会の気高い務めに従い、あなた自身の信念に従って生きていることを知る。
 ここでいう「よい服」とは何だろう? 空間の快適性を追求し、華美な装飾を嫌ったライトの姿勢から鑑みると、着心地のよさと洒脱なデザインが融合した服と解釈するのが適当ではないだろうか。
 服の着心地を家に置き換えると、暮らし心地ということになるだろう。我々は自分の家を眺めて暮らしているのではなく、自分の家の中に居て暮らしている。つまり、心地よさを大きく左右するのは、建物のフォルムではなく、インテリアということになるのではないだろうか。
 19世紀末から20世紀初頭にかけ、シカゴはアメリカでのアーツ・アンド・クラフツ運動の中心だった。ライトはちょうどその頃シカゴを拠点としていて、シカゴ・アーツ・アンド・クラフツ協会の創立メンバーの一人であった。「生活のための美術」を模索したアーツ・アンド・クラフツ運動には機能と美の融合を目指すという側面があり、彼が「愛する師」とあがめたルイス・サリヴァンは「形は機能に従う」という言葉を残している。ライトがこの運動に影響を受けていることは間違いない。
 ライトの思想を継承するオーガニックハウスのインテリアには、さりげない装飾が施されて機能と美が見事に融合している。例えば書斎。作り付けの机はラウンド状で機能的なだけでなく、やさしいカーブが美しい。何気なくあしらわれたステンドグラスから柔らかい光が注ぎ、読書に耽るにはこの上ない空間だ。
 必要な機能から造形を生み、それが自ずと美へと昇華し、あくまでも生活に寄り添う。居心地や使い心地がよいだけでなく、さり気なく自然な美をまとったインテリアが、まさによい服を着たときのような幸せな感覚へと導いてくれるに違いない。

作り付けの机はラウンド状で、やさしいカーブが美しい


オーガニックハウス(神戸市東灘区本庄町)



〈2014年12月号〉
第20回 神戸ルミナリエ 開催期間:12月4日(木) 〜 12月15日(月)
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.20
特集 ー扉 私の神戸デザイン
私のKOBEデザイン1 キャンパスは街全体 目標は神戸をもっとステキな街に
私のKOBEデザイン2 魅力ある街で心地よく暮らす“神戸移住”のすすめ
私のKOBEデザイン3 誰もがピカソのように才能をもっている
私のKOBEデザイン4 森とまちをつなげるため、自然の力で土づくり
私のKOBEデザイン5 パンをつくり 笑顔をつくり 思い出をつくり 未来を創る
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.17
神戸の初詣
神戸の初詣 生田神社
神戸の初詣 湊川神社
神戸の初詣 蛭子神社
神戸の初詣 北野天満神社
〝昭和の寺子屋〟で学んだこと
外国人留学生から見た有馬の魅力「私のARIMA」
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第四十五回
フランク・ロイド・ライト その思想と建築を今に Vol.6
田辺眞人のまっこと!ラジオ出張版 「神戸っ子出張版」24
神戸のカクシボタン 第十二回
耳よりKOBE ホットな豚饅で日本の元気を神戸から!第4回KOBE豚饅サミット2…
耳よりKOBE ブラック豚まんの見た目と味のギャップを体感せよ!
耳よりKOBE 貸切電車&まちあるきでスイーツを堪能「夢のSweetsトレイン …
耳よりKOBE 手塚治虫作品が永遠の輝き「ジュエリー絵画」に
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 第60回
第十回 兵庫ゆかりの伝説浮世絵
触媒のうた 46
神戸のバーめぐり KOBE OLD & NEW vol.8
最高級神戸牛、特撰和牛をカジュアルに[ひよりや]