2020年
9月号
(実寸タテ13㎝ × ヨコ11.5㎝)

連載エッセイ/喫茶店の書斎から 52  語り・コーヒーカップの耳

カテゴリ:文化人, 神戸

今村 欣史
書 ・ 六車明峰

尊敬する人に立命館大学名誉教授の木津川計さんがおられる。
第46回菊池寛賞ほか受賞歴豊富。芸術選奨文部科学大臣賞選考委員主査、上方お笑い大賞審査員など多くの選考委員を歴任。『朗読・語り文化の地平』など著書多数。約半世紀にわたって『上方芸能』(2016年に200号をもって終刊)を発行して来られた関西芸能界の恩人である。
84歳になられるが、今も各地で「木津川計の一人語り劇場」の舞台活動を続けておられてお元気だ。わたしも「無法松の一生」「番町皿屋敷」などいくつかの舞台を見せていただいたが、その度に新たな感動を受けた。
その木津川さん、わたしの書くものに注目して下っていて、これまで何度かご自分のラジオ番組で紹介してくださったことがある。そして又この度である。
近著『完本コーヒーカップの耳』を二回にわたってNHKの「ラジオエッセイ」で語って下さったのだ。
氏の語りは単なる朗読ではない。芸である。講談、浪曲、落語などのように一つの芸なのだ。語ってくださった作品をちょっと紹介しましょう。これは落語の枕のような口頭詩の紹介。
――きよさん九つの時です。お父さんの今村さんにこう言ったんです。「もしもお父さんがね、いまのお母さんと別れてね、よその、子どもが三人ある奥さんと結婚したらね、わたしとお兄ちゃんとでその人たちをいじめるからね、覚悟しといてよ。わたしはほんまにやるからね。わたしはきつい女やねん」であります。笑いました。これは九つの女の子の本心です。それをパッと捕らえて文章にすると詩になる。――

木津川節独特の抑揚をつけて巧みな間を取りながら語られる。
単に文章を読んだだけでは聴取者には解りづらい。なので最低限の解説を加えての語り。
そんな風にして『完本コーヒーカップの耳』から、氏お気に入りの作品をいくつか語って下さった。その中から二篇だけ紹介しましょう。
――西山さんという女性が戦争中の思い出をマスターの今村さんにこう話すんです。手紙という題です。「終戦前、航空隊におる時やった。日暮れ時に白いマフラーをした若い隊員が、そのあたりをウロウロしよるんが気になってね、見てたの。そしたら、人目をはばかるようにスッとわたしに近づいて来てね、手紙を手渡したの。そのころ、わたしも若い娘やったから驚いてね。なにかと思ったら、小さな声で、あなたの名前で投函してほしいって。そしてサッと行ってしまったの。後でその人の両親がわたしを訪ねて来られてね、その時の様子を涙を浮かべながら、何度も何度も尋ねられたの。」であります。涙の出る思い出です。その若い隊員はどこかの戦場で戦死したんです。その最期がどんなことやったのか、知ったところでどうなるものでもないんですが、尋ねずにはおられない親御さんの気持です。――

面白いのをもう一篇。
――『コーヒーカップの耳』は辛い話だけではありません。今の巷の庶民の面白い話、世知辛い話、びっくりする話などいろいろ集められているんです。その中のこれは原さんという人の「悪友」という話です。「マスター、ちょっと聞いて。この人、ほんまひどいんや。こないだ休みの日ィ、一緒にパチンコ行ったんですわ。この人、負けてスッカラカンになって、奥さんに電話して軍資金持って来させはりますねん。ぼく、久しぶりに奥さんに会うたから挨拶しましてん。ほんで、奥さんが帰らはった後ですわ。この人、うちの嫁はん歳いったやろて言わはるから、いやそんなことない、て言うたんです。あんまり変わってはらへん、て。そやのに、いや遠慮せんでええ、ほんまのこと言うたらええ、て、しつこいんですわ。ぼく、しまいに面倒くさくなって、誰かてちょっとぐらい歳行きまっせて言うたんです。そしたら、帰って奥さんに言うてはるんですわ。原さんがお前のこと齢いった言うてたぞ、て。ムチャクチャでっせ」であります。無茶苦茶です。奥さん歳いった言うてへんのに言うたことにされて、そら奥さん怒りますがな。――

さぞ、お聞きになったリスナーは楽しかったことだろう。
木津川さんの今後とものご活躍をお祈りいたします。どうかお元気で。

(実寸タテ13㎝ × ヨコ11.5㎝)

■六車明峰(むぐるま・めいほう)

一九五五年香川県生まれ。名筆研究会・編集人。「半どんの会」会計。こうべ芸文会員。神戸新聞明石文化教室講師。

■今村欣史(いまむら・きんじ)

一九四三年兵庫県生まれ。兵庫県現代詩協会会員。「半どんの会」会員。著書に『触媒のうた』―宮崎修二朗翁の文学史秘話―(神戸新聞総合出版センター)、『コーヒーカップの耳』(編集工房ノア)、『完本 コーヒーカップの耳』(朝日新聞出版)ほか。

〈2020年9月号〉
NEKOBE|扉
ノースウッズに魅せられて ―大竹英洋フォトコレクション
たった一室、至高の逗留  別墅結楽7階「大空」 銀泉露天風呂付貴賓室
〈同窓生対談〉多国籍の学び舎で 磨きあった 〝ステラマリス〟の精神
クライアントの独り言に耳をすまし具現化する 大きな 〝お世話焼き〟が神戸を元気に…
⊘ 物語が始まる ⊘ THE STORY BIGINS – vol.…
音楽のあるまち♬25 ジャンルを越え音楽にはそれぞれ良さがある
神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~⑤嘉納治五郎前編
カワムラの"神戸ビーフ"への思い Vol. 11
Rhyme of LIFE Spice of SPACE|平尾工務店|chapt…
KOBECCOお店訪問|中国家庭料理 杏杏(シンシン)
GLION MUSEUM 名車との出会い vol.7
ノースウッズに魅せられて Vol.14
Tadanori Yokoo|神戸で始まって 神戸で終る ⑧
神戸偉人伝外伝|扉
Walz(ワルツ)|革小物[KOBECCO Selection]
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド注文紳士服[KOBECCO Selection]
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
北野クラブ|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
Hair&Face Elizabeth|ヘアサロン[KOBECCO S…
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
ALEX|トータルビューティーサロン[KOBECCO Selection]
神戸のお嬢さん Sparrow 米田 綾香さん
神戸大人スタイル ファミリアメディカル神戸クリニック 田中 聡さん
輝く女性Ⅲ Vol.9 芦屋神社 宮司 山西 康司さん 権禰宜 明子さんご夫妻
「自分らしく」を叶える ビスポークシューズの夢|La Rificolona
甲南大学同窓会 コロナウィルスに負けるな!大抽選会開催!!
この夏、シンデレラの馬車が 神戸にやってきました! vol.1|ウエディングサロ…
神戸シーバス KOBE RESORT CRUISE「boh boh(ボーボー) …
平尾工務店のオーガニックハウス|目次[PR]
最高の神戸ビーフ|ビフテキのカワムラ|扉
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第111回
harmony(はーもにぃ) Vol.31 宇宙へのあこがれ
神戸のカクシボタン 第八十一回 地域に寄り添った地産地消Vegetable Di…
連載エッセイ/喫茶店の書斎から 52  語り・コーヒーカップの耳
NEKOBE|vol.10 |ねこさんぽ 浅香 正和さんちのねこちゃん②
NEKOBE|vol.9 |ねこさんぽ 浅香 正和さんちのねこちゃん①