2016年
8月号
「兵庫築嶋人柱祈祷の図」一寿斎芳員画

兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十回

カテゴリ:文化・芸術・音楽

中右 瑛

経が島建設と松王丸の悲劇

清盛は遷都挙行より10年も早くから福原に移り住んで、国際交易港を造るため、海を埋め立て、人工島・経が島の建設に取りかかった。今の兵庫・築島あたりという。
しかしこの計画はあまりにもスケールが大きく、それに難工事であった。台風や災害で事故が相次ぎ、築地の土が台風や大雨のたび流され、また工事人足が思うように集まらず、工事中断もたびたび。
生田の森あたりで旅人たちをかどわかしては、強制人足に使ったり、その場しのぎの工事であった。
工事に支障があるのは、何かの祟りではないかと、側近たちは言い出した。
「悪霊を祓うためには祈祷がいい」
「いや、人柱が必要だ!」
安全祈願のため、人柱を立てることになり、誰がその犠牲となるのか。
「旅人をかどわかし、それを人柱にすればいい」
と誰かしこから言い出した。しかし、罪なき人を犠牲にすることは、あまりにも惨いやり方。
それを聞いていた大勢の中から、一人名乗り出た者がいる。
「私が人柱になりましょう」
名乗り出たのは、清盛の侍童・松王丸だった。祈祷のあと、松王丸は犠牲となった。苦渋の選択であった。
松王丸とともに経典を添えたので「経が島」と名付けられた。兵庫・築地寺には、今も松王丸の菩提が祀られている。
このように計画遂行のためには、多くの人民の犠牲が強いられた。世に「悪逆無道の清盛」と呼ばれたのも、そのためである。がしかし、この経が島の建設だけは後世に残る大偉業であると『平家物語』で褒め称えている。いま神戸が国際港都として反映しているのも、先達・清盛がいたからである。

「兵庫築嶋人柱祈祷の図」一寿斎芳員画

「兵庫築嶋人柱祈祷の図」一寿斎芳員画

『松王物語』のさしえ北斎 「清盛像と松王児童像」を悼む

『松王物語』のさしえ北斎 「清盛像と松王児童像」を悼む

■中右瑛(なかう・えい)

抽象画家。浮世絵・夢二エッセイスト。1934年生まれ、神戸市在住。行動美術展において奨励賞、新人賞、会友賞、行動美術賞受賞。浮世絵内山賞、半どん現代美術賞、兵庫県文化賞、神戸市文化賞、地域文化功労者文部科学大臣表彰など受賞。現在、行動美術協会会員、国際浮世絵学会常任理事。著書多数。

〈2016年8月号〉
玉岡かおる著『ウエディングドレス』発刊!
企業経営をデザインする⑧「本物のおいしさ」を追い求めて50年
お手本にしたいのは、神戸女子のおしゃれな花嫁支度
時代を超えて輝きを放ち続ける(株)平尾工務店のオーガニックハウス
芦屋山手のフロントライン「東山町」その 二
連載 ミツバチの話 ①
異業種で集まり自己研鑽しながら、社会の役に立とう!
ガゼボショップが提案する“上質なくらし”②
いかり神戸三宮店7/27グランドオープン!
神戸ウエディングを世界に!
WEDDING SALON INOUE
結婚しようよ、神戸で!
「西神飯店」 「神源」誕生秘話 ②
“特別なもの”との出会い ベール・ド・フージェールの家具
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十三回
第2回 神戸洋藝菓子ボックサン
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第三十回
神戸鉄人伝 第80回 友定 聖雄(ともさだ まさお)さん
KOBECCO 催しもの情報
熊本地震復興に向けて「がまだせ熊本」! 故郷へ「絆の風」のエール
神戸のカクシボタン 第三十二回 商店街発のイケメンアイドル「石だたみボーイズ」
年を重ねた女性たちが輝くファッションショー MAKE OVER MAGIC IN…
シリーズ神戸の匠 第3回  “美しさ”を表現する
Power of music(音楽の力)第8回
早くて安い!神戸空港からひとっ飛びの旅!!|神戸〜札幌の飛行機旅(後編)
芦屋山手のフロントラインを歩く
連載コラム 「第二のプレイボール」 |Vol.18
連載エッセイ/喫茶店の書斎から③ ルイ・フィリップ
食事したい人も飲みたい人も大満足の隠れ家「NOMIENA(ノミーナ)」[神戸っ子…
FLOWERS No.3 -BABY’S BREATH-
カミネ創業110周年連載企画 Vol.07