2019年
3月号
(実寸タテ19㎝ × ヨコ7㎝)

連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉞  ああ栄冠は

カテゴリ:文化・芸術・音楽, 文化人

今村 欣史
書 ・ 六車明峰

昨秋のことになる。「富田砕花展」を芦屋市立美術博物館へ見に行った時のことだ。
ウィークデイのことでもあり、観覧者はわたしのほかにはなく、館内はことのほか静かだった。
ゆったりとしたスペースに砕花師愛用の書斎机や椅子、その他書籍、生原稿、色紙、条幅などが展示されていて心豊かな時を過ごさせてもらった。
中に高校野球に関するコーナーがあった。高校野球ファンであった砕花師は、昭和10年に「全国中等野球大会行進曲」を作詞しておられ、その直筆幅も飾られていた。
ところがそのコーナーには、昭和24年に新たに制定された「全国高等学校野球大会歌」についての資料も展示されていた。今も夏の大会で流れる、小関裕而作曲の、胸躍る思いがするあの歌である。

雲は湧き 光あふれて
天高く 純白の球今日も飛ぶ

その歌についての資料展示が結構なスペースを占めている。わたしは、「なぜ?」と思った。たしかその歌は砕花師の作詞ではなかったはず。富田砕花展にはそぐわないのでは?資料にも、作詞者加賀大介となっている。もしかしたら加賀大介は、何かの事情で砕花師のこの時だけのペンネームか?と思ったりした。いやいや、そんなわけはない。いただいた展示品リストを調べると、選者とあった。この大会歌の詞は公募されて、全国から五二五二篇もの応募があり、加賀大介という人の作品が採用されたのだ。しかし選者だからといって、これほどの展示スペースを取るのもおかしいなと思った。そこでわたしは、この歌のことを詳しく知りたくなり、帰宅してネットで調べてみた。すると思わぬことが分かった。
元々作詞者として発表されたのは加賀大介ではなく、後に彼の妻となる高橋道子だったのだ。
これについては『ああ栄冠は君に輝く』(手束仁著・双葉社・二〇一五年)という本が出ているのを知り、わたしはすぐさま入手した。そして一気に読み終えて、深いため息をついた。毎年の高校野球大会でテレビから流れるあの行進曲が急に愛おしいものに思えてきたのだ。

作詞者加賀は、若き日、大好きな野球をしていて足を怪我し、それがもとで片足を失う。その後、自分の将来を文学に求め、やがて地域では指導者的立場になる。しかし、中央で活躍できるような文学者を目指すも思い通りに行かない。そんな時に、高校野球大会歌の公募を知り、〆切前日に完成し応募する。自分の名前ではなく、婚約者であった道子の名前を使い加賀道子(本名高橋道子)として。その理由は、「ぼくは文学者だ。文学の道を究めて芥川賞を獲るんだから、新聞社の賞金の高い応募作に、加賀大介の名前は使いたくないんだ」というわけである。
この秘密は、その後20年間も明かされずに過ぎる。明かされたのは全国高等学校野球選手権大会が第50回の記念大会を控えた昭和43年2月のこと。朝日新聞記者が、「『栄冠は君に輝く』が発表されてから丁度20年になりますのでお話を」と取材を申し入れたのがきっかけ。道子は悩みに悩むが、もう秘密を持ち続けることに耐え切れず、その記者に真実を話し、二月二十二日の朝日新聞にこの事実が掲載される。

《「作詞者は夫でした」
加賀さん20年ぶりに真相語る》
この50回記念大会に加賀大介は招待されるが出席していない。そしてその後も甲子園に行くことは一生なかったという。このあたりの感動的な話は、著書『栄冠は君に輝く』をお読み頂きたい。

ところで、富田砕花展である。わたしはもう一度、芦屋美術博物館へ行って、あの展示を見なければならないと思った。
その日も観覧者は少なく、わたしのほかには赤いベレー帽をかぶった女子大生らしき女性が一人だけだった。
わたしはすぐさま高校野球のコーナーへ行き、資料を書き写していた。やがてそこへ先ほどの女性が回ってきた。わたしは一旦鉛筆を置き、場所を譲った。そしてお節介かも知れなかったが、高校野球ファンだという彼女に「この歌のエピソード知ってる?」と訊ねてみた。すると、知らないと言う。で、あの感動的な話をしてあげると、「楽しい話をありがとうございました。今後はこの歌をこれまでと違った思いで聴くことになります」と喜んでくれた。
わたしが書き写していたのは、加賀大介による歌詞が書かれた朝日新聞社の原稿用紙二枚。緑色の罫線の色褪せたものである。それに砕花師が赤鉛筆で補作しておられるのだ。わたしには、特に二番の補作が印象的だった。その一部。加賀大介の元詞は、
《青春のほのほをかざせ ああ 栄冠は君に輝く》だが、砕花師の補作はこうだ。
《青春の賛歌を綴れ ああ 栄冠は君に輝く》
ほかの何ヶ所かの補作と合わせ、見違えるように歯切れよく、そして格調高くなっている。流石です。

(実寸タテ19㎝ × ヨコ7㎝)

■六車明峰(むぐるま・めいほう)

一九五五年香川県生まれ。名筆研究会・編集人。「半どんの会」会計。こうべ芸文会員。神戸新聞明石文化教室講師。

■今村欣史(いまむら・きんじ)

一九四三年兵庫県生まれ。兵庫県現代詩協会会員。「半どんの会」会員。著書に『触媒のうた』―宮崎修二朗翁の文学史秘話―(神戸新聞総合出版センター)、『コーヒーカップの耳』(編集工房ノア)ほか。

〈2019年3月号〉
神戸のお嬢さん メゾソプラノ歌手 田中 玲奈さん
神戸大人スタイル ミュージシャン 森本 ケンタさん
My Vitamin Lunch ● 私のビタミンランチ ●|tea room …
兵庫県のANDO建築探訪 ③ 淡路夢舞台 兵庫県淡路市 2000年完成
ファンタジー・ディレクター 小山 進の考えたこと Vol.11(最終回)
輝く女性Ⅱ Vol.10 株式会社スリィ インフィニティー 代表取締役 寺谷 真…
神戸を代表する企業・経済人が文化振興を支援 神戸文化マザーポートクラブ
追悼 堺屋太一さん
イタリア料理 Motomachi Timo|神戸の粋な店
廣野ゴルフ倶楽部の歩みと、 その価値|扉
廣野ゴルフ倶楽部の歩みと、 その価値
日本の ゴルフ近代化と C・H・アリソン
廣野ゴルフ倶楽部の 戦後復興に尽力した乾豊彦氏
名門・廣野にふさわしい 渡辺節設計のクラブハウス
ゴルフの進化を辿り、 先人たちの功績を称える JGAゴルフミュージアム
「つながる」住まいで 新たなライフスタイルの創造を
ゴルフウエア業界の新たなマーケットを創造する
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
Fine Second-ファインセカンド- 神戸本店|ゴルフウエア・雑貨[KOB…
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
フラウコウベジャパン 神戸三宮店|ジュエリー[KOBECCO Selection…
ウエディングサロンイノウエ|ウエディングドレスショップ[KOBECCO Sele…
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
アレックス|ヘアサロン[KOBECCO Selection]
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド お誂え紳士服[KOBECCO Selection…
北野クラブ|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
「神戸で落語を楽しむ」シリーズ 其の十 3月12日、いよいよ「四代 桂小文枝」襲…
福を招く恒例イベント 兆楽新春寄席を開催
対談/個性を育む私立中学の教育 第6回 親和中学校
縁の下の力持ち 第9回 神戸大学医学部附属病院 リハビリテーション部
音楽のあるまち♬17  一曲の中で二つの歌唱法を 自在に操りファンを魅了
♪お菓子の甲子園♪で 神戸国際調理製菓専門学校2名が受賞!
国生みのふるさと淡路島へ|扉
国生みのふるさと 淡路島へ ⓵ 淡路島 国営明石海峡公園 220品種、約19万株…
国生みのふるさと 淡路島へ ⓶ 兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」 日本…
国生みのふるさと 淡路島へ ⓷ あわじ花さじき 国生みの島の桟敷より下界を見渡す…
国生みのふるさと 淡路島へ ⓸ 伊弉諾神宮 国生み神話ゆかりの神社
国生みのふるさと 淡路島へ ⓹ 洲本城跡 山城からの絶景パノラマ
国生みのふるさと 淡路島へ ⓺ 成ヶ島 紀淡海峡に浮かぶ砂州の島
国生みのふるさと 淡路島へ ⓻ うずの丘 大鳴門橋記念館 大鳴門橋を眺めながら、…
国生みのふるさと 淡路島へ ⓼ 鳴門海峡のうずしお 自然が創り上げた鳴門海峡の神…
国生みのふるさと 淡路島へ ⓽ 沼島 国生み伝説の聖地
国生みのふるさと 淡路島へ ⓾ 若人の広場公園 淡路島に遺る、丹下健三建築
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第九十三回
harmony(はーもにぃ) Vol.13 黒田裕子さんのこと
神戸のカクシボタン 第六十三回 名店の〆に出てきた意外なメニュー 炭火焼肉ハマン…
文字に生命感が満ちあふれた「創の書」の世界 第12回 「高砂流 創の書 会員展~…
神戸鉄人伝 第111回 芦屋大学名誉教授・インテリアデザイナー 小宮 容一(こみ…
世界の民芸猫ざんまい 第十回
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㉞  ああ栄冠は