2016年
5月号
「触媒のうた」のためにお世話になった本の一部

触媒のうた(63) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―

カテゴリ:文化・芸術・音楽

20160509001

出石アカル
題字 ・ 六車明峰

 「触媒のうた」の第一回目に宮崎翁のことを次のように書いた。

《博覧強記とはこの人のことをいうのだろう。文学に関する疑問はこの御仁に聞けば立ちどころに解決する。
 兵庫県の文学史についてもすでに数々の著書、紙誌に書きつくしておられるが、中にご自分では書きにくいこともあって、それが結構貴重な証言だったりする。この新連載では、そんな秘話を書いてゆきたいと思っている。放っておけばそれらの話は記録されることなく消え去ってしまい、あまりにも惜しい。》

 五年余りにわたって書いてきたが、この辺りで一旦筆を置こうと思う。兵庫県、いや日本の文学史にとっても少しは貴重な話が残せたのではないだろうか。
 実は、宮崎翁とは切っても切れない富田砕花師の話をもう少し書くつもりでいた。特にお二人の旅の話を書ければいいなと思っていた。お二人の間には数多くの旅の話があるはず。しかしわたしは果たせなかった。とてもじゃないが書けないのである。単にエピソードを並べるだけでは、お二人の心の中には届かない。少々の想像力を使っても真相には迫れない。わたしは諦めるほかなかった。
 宮崎翁から頂いたお手紙の一部である。

《私は砕花師に幾度か旅につれ出していただきました。旅とは?を“無言”で教えていただきました。ありがたいことでした。旅は“独学”だとさとることができたのは、人生の幸せの最高でしたヨ。貴兄と、もうご一緒に旅することも叶いません。旅とは「賜び」であることをあなたとしみじみ実感したかった願いもついに実現しなかった。(略)》

 砕花師の旅、また宮崎翁の旅は、決して文字にはできないものというわけだ。それを私に実感させてやろうと思っておられたのだが…。いつの日にか、わたしにその力がつけばとの思いを残して、この連載を終えたいと思う。
 終えるにあたって、もう一度確認しておきたいことがある。
 それは、「触媒のうた」というタイトルのこと。途中からの読者には意味が解らないであろう。
 連載を始めて二回目の「本の背中2」より。

《翁、まだ十七、八歳の若き日、文部省図書館講習所時代のことである。長崎県の片田舎から東京に出て行った宮崎翁を襲ったのは強烈な劣等感だったのだ。あまりにもレベルの高い教授陣と大学卒を含む同期生に、自分の力の無さを思い知らされたのだと。そんな時、岡田温講師(後、国会図書館長)の“触媒”についての講義を聞き、「自分はこれだ、これで行こう。人間は偉くならなくったっていいじゃないか、人のお役に立てればいいじゃないか、と思うようになりました」わたし、信じられません。青雲の志もあったであろう二十歳に満たない若者が考えつくことではないであろう。ところがそれを88歳(現在94歳)の今日まで変わらず貫いておられる。わたしはため息をつくばかりだ。》

 この、ため息をつく思いは、今も変わらない。翁には今日まで50冊にあまる著書があるが、その全てがご自分を表現したものではない。名著『環状彷徨』を始め、みんな世のため人のために書かれたもの。後の研究者の役に立つものばかりだ。
 ということで、翁は、ご自分の手柄話になるようには書いておられない。しかし、わたしが「喫茶・輪」で折に触れお聞きした話には、翁が関わられた文学上の秘話がたくさんあった。これは残しておかなくてはならないと思ったのである。それがこの連載「触媒のうた」になったわけだ。
 やがて一冊にまとめたいと思っているが、翁には気に入らないだろうな。翁は、翁が尊敬してやまない砕花師と同じように自らを語ることを嫌われる。ご自分では絶対に書かれないことをわたしは書いている。しかしお許し頂きたい。きっと後の研究者の役に立つと信じるからである。いわば、わたしにも、ちょっとだけ触媒の役目をさせて頂けたのかと思う。これはわたしの誇りです。
 宮崎先生、ありがとうございました。先生はご自分のことを「先生」と呼ばれることを嫌われますが、わたしは先生のことを文中では「宮崎翁」と書きながら、「先生」以外の言葉でお呼びすることはできません。いい勉強をさせて頂きました。いや、これからも続けて御指導下さいますよう、よろしくお願い致します。

 次号から装いを新たにして、またわたしの駄文をお届けすることになっています。その中で、これまでに宮崎翁にお聞きしておきながら、紹介できなかった話も折に触れて書きたいと思っていますのでよろしくお願い致します。

「触媒のうた」のためにお世話になった本の一部

「触媒のうた」のためにお世話になった本の一部

これまでの主な登場人物

足立巻一 秋田実 阿部知二 池田蘭子 石上玄一郎 井伏鱒二 伊藤整 イワタタケオ 内海信之 頴田島一二郎岡本久彦 嘉治隆一 川内康範 山本周五郎 久坂葉子 笹部新一郎 椎名麟三 島尾敏雄 白川渥 杉本苑子 杉山平一 高見至孝 竹中郁 多田智満子 辰野隆 土屋文明 富田砕花 中河与一 中野繁雄 中野重治 野坂昭如初山滋 三浦光子(啄木の妹) 柳田國男 矢野徹ほか。

出石アカル(いずし・あかる)

一九四三年兵庫県生まれ。兵庫県現代詩協会会員。「半どんの会」会員。詩集「コーヒーカップの耳」(編集工房ノア刊)にて、二〇〇二年度第三十一回ブルーメール賞文学部門受賞。

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

有馬温泉の魅力満載!「有馬温泉神戸さんちか案内所」オープン![有馬歳時記]
アサヒスーパードライ「神戸開港150年記念」ラベル新発売![NEWS]
北野ガーデン古典芸能イベント 芝能「春風の宴」を開催[耳よりKOBE]
シンガーソングライター・MAKOさんがリオ五輪を祝う歌を作曲[耳よりKOBE]
触媒のうた(63) ―宮崎修二朗翁の話をもとに―
兵庫ゆかりの伝説浮世絵 第二十七回
神戸鉄人伝 第77回 小川 哲生 さん
The Rotary Club of Kobe West 国際ロータリー第268…
Power of music(音楽の力)第5回
神戸のカクシボタン 第二十九回「まねきのえきそば」〜老若男女に愛される姫路市民の…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第六十回
ボーイスカウト神戸第23団の経験が、社会に出て役立った
ボーイスカウト神戸第23団 通称〝寺子屋〟
月見山浄徳寺「平成の国宝」新築落慶、新住職「晋山」を祝う
リニューアルしたさんちかを楽しもう|Rouge Diamant(ルージュ ディア…
リニューアルしたさんちかを楽しもう|NAGASAWAさんちか店|new open…
リニューアルしたさんちかを楽しもう|BEAUTY CELLAR by HOLLY…
リニューアルしたさんちかを楽しもう|ブティック セリザワ|renewal
連載コラム 「第二のプレイボール」 |Vol.15
早くて安い!神戸空港からひとっ飛びの旅!! |神戸〜東京の飛行機旅(前編)
神戸市立須磨離宮公園|関西屈指のバラ園が見ごろを迎えています
私のイチオシ神戸|天狗のような巨石から望む神戸の絶景「天狗岩」
私のイチオシ神戸|心ときめく、宝石箱のような街の輝き「ヴィーナスブリッジ」
私のイチオシ神戸|大観覧車から足元に広がる神戸の街を「神戸ハーバーランドumie…
私のイチオシ神戸|美味なる空間 グラシアニ「ラ メゾン ドゥ グラシアニ神戸北野…
私のイチオシ神戸|「鉄塔の美女」神戸ポートタワーに登ろう♪「神戸ポートタワー」
私のイチオシ神戸|神戸開港の時代へタイムワープ「北野異人館」
私のイチオシ神戸|パンダにもコアラにも会える「神戸市立王子動物園」
私のイチオシ神戸|海から楽しむ日本新三大夜景「ウォーターフロントの夜景」
私のイチオシ神戸|愛らしくもたくましい植物たちに出会う「六甲高山植物園」
ぶらり私のKOBE散歩|北野の町がもつ“雰囲気”を感じる裏路地
ぶらり私のKOBE散歩|家族で気軽に六甲山を体いっぱいに感じる!
ぶらり私のKOBE散歩|世界にひとつだけの香水
ぶらり私のKOBE散歩|街の魅力を再発見できる「神戸空港」
ぶらり私のKOBE散歩|須磨浦ビーチボーイズ
ぶらり私のKOBE散歩|海辺にて神戸の過去・現在・未来を思う
ぶらり私のKOBE散歩|神戸を世界的に有名にした「布引の滝」
企業経営をデザインする⑦|健康お役立ち おもてなし企業をめざして
横尾忠則のアートな世界が導く舞台 玉置浩二プレミアムシンフォニックコンサート21…
〈2016年5月号〉