2020年
3月号

明日あたりはきっと春|作詞家・ミュージシャン 松本 隆さん

カテゴリ:文化・芸術・音楽, 文化人, 神戸

「あの松本隆が神戸に住んでいる」。そんな噂を聞いてから久しい。ご自身のSNSには神戸の風景に溶け込み、たくさんの神戸の人たちと交流する姿がある。インタビューをお願いすると、「堅苦しい話じゃなければね」と応じていただいた。

日本語で書くのは、いい詩を作りたいから

―音楽との関わりの初めはドラムだったとか。憧れのミュージシャンがいたのですか。
高校1年のとき、バンドで何となくドラムを始めたけど1年たったら全国大会で優勝。当時はうまかった(笑)。一番好きなのはリンゴ・スター。憧れたのはザ・バンドのリヴォン・ヘルム。あまり連打がなくて、手数が少ないけれど、すごくセンスがいい。

―そして「唯一無二」とまで評されるドラマーに。
始めた頃は意味もわからずリヴォン・ヘルムを真似していて、それから独自の音を探していったからそう言われたのかな。後から知ったんだけど、彼はリードボーカルだからマイクがあって複雑なことができないし、あまり大きな音を出すと歌が聞こえなくなるからあのスタイルだったんだよね。

―ご自身で自分のドラムを評すると?
岡林信康と競演する時は迫力あるドラムになるし、高田渡だと少し大人しくなる。一緒に演奏する相手次第。

―松本さんがミュージシャンとして活躍しておられた70年から80年代のロックを、今若い世代が好んで聴いています。なぜでしょう。
それがロックの基準となったからでしょう。以前は、高齢になったら昔を懐かしみ遡って聴いていたけれど、今は質の高い音楽を求める人たちが70年代、80年代に回帰している。あの頃、僕たちが作っていた音楽もYouTubeで聴ける時代になったことは大きな要素だろうね。

―当時は珍しかった海外を思わせるサウンド、でも歌詞は日本語。その理由は。
インタビューのたびに聞かれるんだけど(笑)、答えは単純に「慣れた日本語でいい詩を作りたいから」。当時の東京は「英語じゃないとオシャレじゃない」「ダサイ日本語でロックができるか!」なんていう風潮があって。英語で作れないこともないけれど、それほど自信はない。カッコだけ付けても中身が薄っぺらじゃあ意味がない、モノが良くなければ腐っちゃう。ご飯でもそうでしょう?どんなに見た目が奇麗でも、美味しくなければダメ。ファッションでも同じこと。見た目カッコ良くても、底が浅いとカッコ悪い。この持論は18歳の時から一切ブレていないな。

女性は強い人、音楽はクラシックが好き

―主人公が女性の歌詞が多いです。思い描いている素敵な女性は。
気が強くて、自分の意思をしっかり持った女性。

―意外。「行かないで」「そばにいて」「おとなしくしているから」と言える女性かと…。
原点は、今も健在で相変わらず気が強い母親かな。卓球のシニア大会でチャンピオンになった人。80歳過ぎたころ、全国大会前日に高熱出して入院していたのに「明日はどうしても行く」と言ってね。「説得してくれ」と父親から夜中に電話がきて、僕は「一度言い出したら決して前言を翻えさないから引き留めるのは無理。行かせなさい」と。そんな母親に育てられる息子は理不尽なことが多くて、悲劇だったけど。

―でも強い女性に魅かれてしまうのですね(笑)。
 ところで、このお店にはジャズが流れていますが、普段聴く音楽は?

ジャズを聴くのはここに来たときぐらいで、よく聴くのはクラシック。今、気に入っているのは指揮者のグスターボ・ドゥダメル。中米ベネズエラ出身でね、何だか可愛い。ロシアの若手指揮者テオドール・クルレンツィスもいいね。バイオリニストのパトリシア・コパチンスカヤは素晴らしい。燕尾服みたいな不思議なドレスを着て、裸足でチャイコフスキーのバイオリン協奏曲をまるでオーケストラを挑発するように弾くのがすごく印象的だった。

―佐渡裕さんと交流がおありですね。
彼は天才。日本の財産だね。

神戸は、のんびりしていて、おおらかな街

―神戸に来る前のお住まいは東京?
子どもの頃からずっと東京。神戸に来る前20年ほど住んでいた家は、天才建築家・妹島和世さんが設計してくれた建物。金沢21世紀美術館もつくっているから、あそこへ行くとうちに居るみたいだった。素敵な建物で大好きだった。でも、東京暮らしはもういいかなって。

―なぜ神戸へ?7年住んでみて、印象は変わりましたか。
東京での生活が煩わしくなって、京都か神戸と思っていたけれど、たまたま今住んでいるマンションが建ち始めていて、すごく気に入って神戸を選んだ。だから大した理由じゃない(笑)。でも、港町は子どもの頃から好き。船の出入りを眺めるのが好きなんです。街の印象はのんびりしていて、おおらか。7年間、住んでみてもこの印象は変わらない。

―これからもずっと神戸?
特に心惹かれる街は他にないから、多分ずっと神戸かな。

―「風街神戸」も続けていただけたら神戸っ子として嬉しいです。
あのライブは本当に素晴らしかった。正直、全然知らないミュージシャンばかりだったから不安もあったけれど、期待の10倍以上、面白かった。

―美味しいお店もあちこち行っておられますね。
洋食屋も好きだけど、神戸はやっぱり中華かな。三宮、元町界隈ならどこでも美味しい。小さなお店でも頑張っていて、美味しいものを食べさせてくれたら応援したくなる。パンの名店もたくさんあって、ドンク、サ・マーシュ、リキ…。

―ご自身のこれからについては。
キアヌ・リーブスの言葉で「自分のために生きていたら鬱になった。だから他人のために生きる」っていうのがTwitterに流れていて、ちょっと気になってね…そういうことかな。



取材協力 ・風見鶏の館 ・ラインの館 ・MOKUBA’S TAVERN ・TICK-TOCK

摩耶山頂で松本隆のことばに出会う朗読イベント
本読みの時間
松本隆の世界2 in 摩耶ビューテラス702

3月15日(日) 開場14:00/開演14:30
2,500円(ワンドリンク付き)限定30席(予約優先)
お問い合せ:
monte702:078-882-3580(火曜定休日)
Info@mayasan.jp
芦屋市制施行80周年記念 社会福祉法人千種会30周年記念
クミコsings松本隆songs
松本隆の「ことばうた」in 芦屋ルナ・ホール

4月18日(土)開場13:00/開演13:30
S席6500円、A席5000円
お問い合わせ:㈱Les芦屋:0797-31-5533
ローソンチケットLコード:
52896(0570-000-407)
寺門孝之が描く 松本隆の言の葉の間(あわい)の天使たち
作詞家 松本隆×画家 寺門孝之
“風街ヘブン”絵画展 in 神戸北野美術館

4月22日(水)~5月18日(月)
9:30~17:30(入館は~17:00)/会期中無休
大人800円、小人300円
お問い合せ:神戸北野美術館078-251-0581
美術画廊ギャルリ・ムスタシュ090-3287-2458
http://www.kitano-museum.com/
松本 隆

昭和から現在に至るまで数々の国民的ヒットとなる名曲を世に送り出し2020年には作詞家生活50周年を迎える。大滝詠一、細野晴臣、松任谷由美、松田聖子などに新境地を開かせた言葉の達人。これまで2100曲以上の楽曲を400組以上のアーテイストに提供。130曲以上がオリコントップ10入り、うち52曲が1位獲得。日本の音楽史上に燦然と輝くキャリアを持つ。慶応義塾大学特選塾員。平成29年紫綬褒章受章。
「神戸は自由な風が吹いています。港町で一度震災で壊れた街でありながら、なんかみんなほんわかしている。一度地獄を見て、それでいてほんわかしているというところに詩人としてすごく興味をひかれます。」松本隆談

〈2020年3月号〉
KOBECCOお店訪問|神戸ポートピアホテル 神戸串あげ SAKU
パンヲカタル 浅香さんと歩く | パンさんぽ | Vol.23 FREUNDL…
パンヲカタル 浅香さんと歩く | パンさんぽ | Vol.22 オンコーアンマ…
明日あたりはきっと春|作詞家・ミュージシャン 松本 隆さん
Tadanori Yokoo|神戸で始まって 神戸で終る ②
GLION MUSEUM 名車との出会い vol.1
Mercedes-AMG A 35 4MATIC Edition1で走る 猪名川…
無二の存在、無上の快哉 マセラティを神戸で
SAVOY北野坂|Days of Wine and Roses
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
Hair&Face Elizabeth|ヘアサロン[KOBECCO S…
らくだ洋靴店 三宮本店|セミオーダーパンプス[KOBECCO Selection…
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
THE SORAKUEN|レストラン/パーティ、カフェ/ウェディング[KOBEC…
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
北野クラブ|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
ALEX|トータルビューティーサロン[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド注文紳士服[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
ノースウッズに魅せられて Vol.08
神戸のお嬢さん 株式会社merchu 平田 静蘭さん
神戸大人スタイル サッカー選手 和田 倫季さん
輝く女性Ⅲ Vol.7 LAUT PHOTO 代表 フォトグラファー梶 敬子さん…
どれだけ惚れて、死んでいけるかじゃないの? 映画監督 三島 有紀子 さん
世界に誇る高級リゾートホテルをめざして
ウェスティンホテル淡路 開業20周年
心の深くに届く医療を提供する 神戸東の基幹病院 「甲南医療センター」オープン!
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第一〇五回
縁の下の力持ち 第20回 神戸大学医学部附属病院 栄養管理部
星付きレストランシェフのフルコースを楽しみながら ワンポイントフォトレッスン
神戸いちごコレクション 2020 ~いちご畑の甘い夢~
カワムラの"神戸ビーフ"への思い Vol. 07
兵庫県立横尾救急病院展|横尾忠則の肉体と生活・創作との関係を探る
KOBECCOアーカイブ 映画評論家 淀川 長治
淡路島国営明石海峡公園|春到来 淡路島の旅|淡路島特集
あわじ花さじき|春到来 淡路島の旅|淡路島特集
奇跡の星の植物館|春到来 淡路島の旅|淡路島特集
国際ソロプチミスト神戸 第44回 チャリティバザー
スイミング業界の風雲児が流水プールで改革に挑む!
harmony(はーもにぃ) Vol.25 「妻が願った最期の七日間」の詩
神戸のカクシボタン 第七十五回 「和しょくや 佳肴」
連載エッセイ/喫茶店の書斎から ㊻  大岡信氏の書状
笑って、泣いて、心にしみる 『完本 コーヒーカップの耳』 阪神沿線 喫茶店「輪」…
女子ラグビーチーム「神戸ファストジャイロ」始動!