2012年
6月号

神戸の婦人帽子店 「マキシン」が 70周年記念誌を発行

カテゴリ:お洒落・ファッション, 婦人服

昭和15年に、神戸の地で産声をあげた婦人帽子店「マキシン」が、この度創業70周年を機に記念誌を刊行した。戦後、ファッションが大衆化する中で、エレガントなマキシンは女性たちの憧れのまなざしを受けるように。また、大阪万博でも文化遺産としてタイムカプセルの収蔵品に選ばれ、脚光を浴びた。
その後、創業者・渡邊利武の息子である渡邊浩康が昭和59年に社長に就任。オリンピック選手団や航空会社などから制帽の依頼も多くうけ、婦人帽子・マキシンは広く知られるようになった。しかし、平成4年に浩康が急逝。急遽、現社長・渡邊百合が社長を引き継ぐこととなった。「それから20年を経て、従業員も世代交代が進み、マキシンの歴史や歩みについて知る者は少なくなりつつあります。そこで、礎を築いた創業者・利武、2代目・浩康が残した足跡を後世に伝えるため、創業70年を経て、記念誌を発刊いたしました。」
マキシンはラテン語の最高や最上を意味するMaximumに由来している。最上の技術、最高の素材で顧客に最大限のホスピタリティを尽くすという自負とこだわり。その心根が現在にまで息づいているからこそ、長年にわたり愛され続けてきたのだろう。この記念誌では、マキシンの作品画像をふんだんに紹介しており、まったく肩のこらない、見ていて楽しい構成となっている。70年間のファッションの変遷をつづった珠玉の一冊。

戦争直後の混乱など数々の苦難を乗り越えた創業者・渡邊利武


二代目社長として制帽の受注など新たな柱を築いた渡邊浩康


マキシンの発展を支えたスタッフたち


昭和45年に開催された万博でエスコートガイドとして活躍した
現社長・渡邊百合


平成12年タイムカプセル開封式典で
収められたものと同型の帽子を手に


皇室をはじめ、これまでマキシンが手掛けた数多くの制帽がずらり

〈2012年6月号〉
新連載 ぶらり私のKOBE散歩
フロントアート
特集 ー扉 ふるさと 産業再発見
神戸のビール工場「キリンビアパーク神戸」 おいしさを笑顔に
やがて、 いのちに変わるもの。
灘の酒どころ、伝統の味 甲南漬・本みりん
もっと知りたい西神インダストリアルパーク 第2回
ROAD to神戸マラソン 2012
海上クルーズと街歩きがセットになった!〝清盛めぐり〟のガイド付きクルーズ&ウォー…
桂 吉弥の今も青春 【其の二十五】
日本麻酔科学会第59回学術集会会長インタビュー
市民の健康とふれあいの場 しあわせの村
地域と家庭で健康づくり
モデルルームの上をいく 「体感型」住まいのパビリオンSumai館へ行こう!
モデルルームの上をいく 「体感型」住まいのパビリオンSumai館へ行こう!
神戸の婦人帽子店 「マキシン」が 70周年記念誌を発行
セレクトショップの枠に収まらない企画力と表現力で全国にファン層を広める Palm…
みんなの医療社会学 第十八回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 57
田辺眞人の まっこと!ラジオ人物事典 「神戸っ子出張版」⑥
里親ケースワーカーの 〝ちょっといい お話〟
日豪青少年交流に半生を捧げた古澤峯子先生 「オーストラリアが趣味なの」
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 芸術家女星編 第29回
関西の地球人
日本初、ママ事業家のためのママ事業家専用のコワーキングオフィスオープン
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ30
浮世絵にみる 神戸ゆかりの「平清盛」 第6回
[海船港(ウミ フネ ミナト)]ライン河クルーズ⑥ 古城渓谷クルーズ(その2)
触媒のうた 16
Kobe Snap 2012
有馬歳時記 ITと交流で新しい有馬の魅力づくりを