2012年
6月号

関西の地球人

カテゴリ:

トルコ、アメリカで経済、ドイツ、日本で哲学を学ぶ

トルガさんが研究するのは「哲学」。今年、京都大学大学院博士課程の哲学専攻に入学した。
生まれ故郷は、エーゲ海に面する都市・イズミルに近い町。高校卒業後は、経済を学ぶためにアンカラにある大学に進んだ。その後、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校に留学、そこで、哲学に関心を持ち始めた。より深く学びたくなり、哲学の名門校である、ドイツ・フライブルグ大学哲学科に進学して修士をおえ、西洋哲学以外に「アジア哲学」にも興味を持ち、日本に来た。
トルコ語はもちろん、英語、ドイツ語、スペイン語を操るトルガさん、日本語を学びはじめたのはまだ一年弱といいながら、とても上手に日本語を話す。語学修得には、コツがあるらしい。
さて「人間とは何か」「生きるとはなにか」を追究する学問「哲学」。哲学を表す古代ギリシャ語の「philosophia」は、愛情(philo)と知恵(sophia)という言葉が組み合わさっている。「西洋哲学は、そこに“有る”ものについてのみ考えるが、東洋哲学、特に日本では“無”についても考える、禅の考えがあるのでしょうか。そこが興味深いです」と、トルガさん。日本食も、特に苦手なものはないとか。

Tolga Insel
トルガ・インセルさん

(トルコ出身)

〈2012年6月号〉
新連載 ぶらり私のKOBE散歩
フロントアート
特集 ー扉 ふるさと 産業再発見
神戸のビール工場「キリンビアパーク神戸」 おいしさを笑顔に
やがて、 いのちに変わるもの。
灘の酒どころ、伝統の味 甲南漬・本みりん
もっと知りたい西神インダストリアルパーク 第2回
ROAD to神戸マラソン 2012
海上クルーズと街歩きがセットになった!〝清盛めぐり〟のガイド付きクルーズ&ウォー…
桂 吉弥の今も青春 【其の二十五】
日本麻酔科学会第59回学術集会会長インタビュー
市民の健康とふれあいの場 しあわせの村
地域と家庭で健康づくり
モデルルームの上をいく 「体感型」住まいのパビリオンSumai館へ行こう!
モデルルームの上をいく 「体感型」住まいのパビリオンSumai館へ行こう!
神戸の婦人帽子店 「マキシン」が 70周年記念誌を発行
セレクトショップの枠に収まらない企画力と表現力で全国にファン層を広める Palm…
みんなの医療社会学 第十八回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 57
田辺眞人の まっこと!ラジオ人物事典 「神戸っ子出張版」⑥
里親ケースワーカーの 〝ちょっといい お話〟
日豪青少年交流に半生を捧げた古澤峯子先生 「オーストラリアが趣味なの」
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 芸術家女星編 第29回
関西の地球人
日本初、ママ事業家のためのママ事業家専用のコワーキングオフィスオープン
KOBEアスリートドリーム! 子どもたちの未来へのメッセージ30
浮世絵にみる 神戸ゆかりの「平清盛」 第6回
[海船港(ウミ フネ ミナト)]ライン河クルーズ⑥ 古城渓谷クルーズ(その2)
触媒のうた 16
Kobe Snap 2012
有馬歳時記 ITと交流で新しい有馬の魅力づくりを