2013年
12月号

関西の地球人

カテゴリ:文化人

日本の温泉はすばらしい!

有馬温泉の「銀水荘 兆楽」で、着物姿で働く劉さん。お客様には「来るたびに日本語が上達している!」と応援されている。中国からの旅行客も多く、団体客にあいさつする女将の通訳をつとめたりと多忙だ。
中国東北部の吉林省出身。日本語を学べば、大連市に多くある日本企業への就職に有利になるのではないかと、大連の大学で日本語を学び始めた。4年間の勉強の末、「日本の文化はすばらしいと思った。若いうちに本当の日本を見てみたかった」と来日を決意。来日後さらに日本語学校で学んだ後、「人とふれあう仕事がしたい」と、旅館・ホテル・サービス業の専門学校に入学。卒業後に「兆楽」に就職、一年半がたつ。
一人っ子の劉さんが日本で働きたいと話すとお父様は大反対。しばらく反対が続いたが、「夢が実現できないなんて悲しい。私は後悔する人生は送りたくない。苦労は覚悟しています」という長いメールを初めて父に送ったところ、父は「わかりました」と許してくれたという。中国では日本観光が大人気。とりわけ温泉が人気で、「こんなに美味しい食事ができて、温泉に浸かって良い空気が吸えて…帰りたくない!」と、全員感動して帰るとか。
日本で大変なことはありますか、という質問には、「お客様に平等にサービスしたいのに、忙しくてお見送りができなかったりすると本当に残念」という、旅館接客業のプロフェッショナルとしての答えが返ってきた。

劉賀さん Liu He

<銀水荘 兆楽 客室係>

〈2013年12月号〉
ぶらり私のKOBE散歩 Vol.13
KOBEルミナリエ
マリンピア神戸で見つけるおしゃれスタイル Marine-Pia Style Ma…
マリンピア神戸でのお買い物がますます楽しく!ウェブマガがスタート!
Bridal Collection カミネ
「カワイイ!」「素敵!」な神戸の女性たちの ライフスタイルにもうワンプラス|そご…
暮らしの真ん中に食卓を 神戸菊水
弁護士は社会生活の医師
神戸初! 第18回弁護士業務改革シンポジウム開催
可能性と夢のある公認会計士の世界
老祥記 vol.2 「豚饅の日」とKOBE豚饅サミット
神戸の初詣
玉岡かおる原作 『お家(いえ)さん』舞台化
神戸はなぜ 探偵小説が似合うのか 『探偵小説の街・神戸』を野村恒彦さんが出版
KOBEの人気ヘアサロン コウベ/スタイル Vol.5
佐藤悦枝 創作50周年記念パリ展「風に吹かれて」
パリの街並「パサージュ」をイメージしたクラシカルな複合ビル
みんなの医療社会学 第三十六回
神戸市医師会公開講座 くらしと健康 75
神戸鉄人伝(こうべくろがねびとでん) 神戸の芸術・文化人編 第47回
関西の地球人
浮世絵にみる神戸ゆかりの源平合戦 第24回
触媒のうた 34
徳島発 無添加ハム・ソーセージの美味の秘密は「健康」にあり
「第58回CWAJ現代版画展」神戸外国倶楽部で
ポートアイランド「UCCコーヒー博物館」リニューアル
「神戸は第二の故郷」駐日ハンガリー大使 歓迎会を生田神社で開催