2023年
2月号

神大病院の魅力はココだ!Vol.17 神戸大学医学部附属病院 救命救急科
宮﨑 勇輔先生に聞きました。

カテゴリ:医療関係

2019年7月、神大病院に「救命救急センター」が開設されました。救急救命科の先生方が日々、緊急搬送されてくる重症患者さんをどのように受け入れ対処しているのでしょうか?集中治療専門医の宮﨑勇輔先生にお話を伺いました。

―救命救急センターができて、それまでの救急医療体制とどう変わったのでしょうか。
神戸市内だけでなく兵庫県内全域から救急患者さんの受け入れが可能になりました。また、それまでは「救急部門」というような位置づけで、救急科だけで対応していましたが、センター立ち上げによって総合内科の先生方にも入っていただき救急科と2本柱でマンパワーの面で協力し、より幅広い専門領域での対応ができるようになりました。

―設備や環境で変わったことはあるのですか。
救命救急センター開設の1年後に、人工呼吸器のような生命を維持する装置が必要な重症患者さん用の救急専用病床「ECU」4床が1階に併設されたのは集中治療専門医としてとてもありがたかったです。従来は3階のICUを使っていましたので患者さんに緊急事態が発生した場合、駆け付けるのに数分かかってしまい、命にも関わっていました。今は数秒で行って対処できます。患者さんにとっても良かったと思っています。

―総合内科の先生方とは?
専従の先生をはじめ、循環器内科や腎臓内科など他の内科系の専門の先生に定期的に入れ替わって入っていただいています。「お腹が痛い」「胸が痛い」など内科的症状を訴えて来られる軽傷から中等症の患者さんを主に担当して大きなマンパワーになっていただいています。

―外科系の先生はメンバーに入っておられないのですか。
救急科に入っていただいています。常時、整形外科の中の外傷グループの先生に入っていただき、皮膚科や形成外科、歯科口腔外科など外科系の先生方にも診療科との兼務で協力いただいています。

―大学病院の救急救命センターなので重篤な患者さんのみを受け入れるのですか。
毎日、ドクターヘリで患者さんが運ばれて来て「すぐに手術!」というドラマ「コード・ブルー」のイメージを持っておられるのでしょうね(笑)。もちろんそういうケースもありますが、軽症から重症まで受け入れを基本に、赤ちゃんからお年寄りまで可能な限り私たちで対応します。救急医もそれぞれに専門分野があり、例えば私の場合は集中治療専門の〝草食系救急医〟ですから手術はできません。専門の先生方の処置が必要だと判断した場合は各科の先生にお願いして力を貸していただきます。

―どういった症状の患者さんが搬送されてくるのですか。
今のような寒い時季には血圧が上がって脳出血や心筋梗塞を起こしたり、大動脈解離を起こしたりする循環器系や血管系の患者さんが非常に多く、ウイルス系の病気は一年中あり、子どもさんのアデノウイルス感染症や冬は特にインフルエンザや感染性の胃腸炎も多いですね。

―どの病院に搬送するかは救急隊員が判断するのですか。
救急隊員が診療科リストの中から対応可能な病院を選んで連絡し、受け入れ可能かを確認します。大学病院には幅広く診療科が網羅されていて、夜間でもほぼ全科の先生がオンコールで待機されているので搬送先の第一候補になってしまうこともあります。先生方はとても優しく対応してくださるのですが、万が一に備えてゆっくり睡眠をとってもらいたいので可能な限り私たちで対処するようにしています。あごが外れた患者さんが1時間かけて搬送されてきたケースでは、歯科口腔外科の先生を起こすのも申し訳ないので私が診察して、処置10秒で終わりました(笑)。

―「お断りする」ということはできないのですか。
近所の病院で断られて困っている人を目の前で見てしまうと「助けてあげたい」と思ってしまって…。臓器移植など大手術後で大学病院がかかりつけという患者さんや専門性の高い対応が必要な患者さん、事故で重傷を負った患者さんなどを受け入れる使命が大学病院にはあります。軽症の患者さんでベッドが埋まり、マンパワーも取られるということがあってはならないので非常に難しい立ち位置にあるとは思いますね。

―コロナの影響で神大病院でも救急医療が厳しい状況になっているのですか。
現段階(1月16日)で既にひっ迫した状況になりつつあります。コロナ病床が展開されるとマンパワーがかかり、他のベッドが使えなくなり必然的に救急も受け入れられなくなります。コロナの疑いがある患者さんに対しては予防対策をして、隔離した部屋で処置しなくてはいけません。2部屋しかなく、埋まってしまうと3人目の患者さんが来られても断るしかありません。

―宮﨑先生のお話を聞いていると救急医の「オレに任せろ」というイメージが変わってきました。
地味なお話しかできなくてすみません(笑)。救急医は診断が付くまでの患者さんを安定化させ、適切なタイミングで適切な専門の先生に引き受けていただく橋渡し的な存在だと思っています。他科の先生方とうまくコミュニケーションを取ることが重要です。救命救急センターは救急医が支えているわけではなく、多くのスペシャリストの先生方の力をお借りして、看護師さんをはじめ多くのスタッフに支えられて成り立っていると思っています。

―DMAT隊員でもあるのですね。ここでは「オレに任せろ!」ですか。
DMATは災害が発生したら送り出してもらい、帰って来たら労をねぎらってもらえます。一方、チームを組んで動くので、減るマンパワーを残ったメンバーで補わなくてはいけません。先生方や看護師さんたちのサポートがあるから活動が成り立っているのです。被災地に入れば医療者をはじめ現地の人たちに寄り添った対応やアドバイスをするのがDMATだと思っています。やはり「オレに任せろ!」ではないかもしれませんね。

―救急医としてやりがいを感じるときは?
専門の先生方に患者さんの状態を説明し、診断の根拠を話し、分からないことは「教えてください」とお願いします。そうするうちに「宮﨑先生がそう言うのなら」と信頼していただけるようになったときは嬉しいですね。私が一生かかって経験を積み勉強してもしきれないだろう自分の専門外の知識や考え方を、研究・臨床を重ねた先生方から学ばせていただける関係性を築けるのも救急医だからこそ。普通ならお話もできないような立派な先生方がとても優しく何でも教えてくださる。これは神大病院の魅力の一つだと思っています。

宮﨑先生にしつもん

Q.宮﨑先生はなぜ医学の道を志されたのですか?
A.医学に興味があって、動物も好きなので獣医さんになろうと思っていました。でもやはり人と関り、患者さんが歩んできた人生や背景を考えながら病気で窮地に陥っている状況をちょっとでも良くして寿命を延ばしてあげられたら、きっとまたご家族といい時間を過ごせるようになるはずだと思い、お医者さんになろうと決めました。担任の先生に話したら「おまえの頭では絶対無理だ」と言われて悔しくて、猛勉強していると最終的に先生も応援してくれました。

Q.そして神戸大学に入られたのですね。
A.高知の田舎育ちの私は大学に入って初めて神戸に出て来たとき「都会の人はなんて賢いんだろう!」と驚きました。私が10時間かけて勉強することを1時間で理解してしまうんです。だから難しいことは賢い人にお任せして、そのパワーをお借りして自分に出来ることをやればいいと考えるようになりました。ちょうど救急での自分の立ち位置だと思います。

Q.救急を専門にされたのはなぜですか?
A.重症患者さんを何とか救命をしたいという思いがあって集中治療の専門医を目指し、その前段階で救急の勉強をしました。麻酔科は全身管理ができとても大好きだったのですが、患者さんから病歴を聴取したり、診察をして推論をする診断学もやりたかったので幅広く患者さんを診られる救急科を選びました。

Q.趣味やストレス解消法は?
A.私は地味な人間ですし、正直、仕事、勉強、家事をしていたら趣味を楽しむ時間が残らないんです。今は家族と過ごしているときが一番楽しくて、幸せな時間です。

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

  • 電気で駆けぬける、クーペ・スタイルのSUW|Kobe BMW
  • フランク・ロイド・ライトの建築思想を現代の住まいに|ORGANIC HOUSE
〈2023年2月号〉
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection インスタグラム]
「仲人が、婚活の選択肢の一つになれば」
Movie and CARS|ムスタング BOSS 429
竹中大工道具館 叡智の彼方へ|第五回| 木を組む秘訣
神戸で始まって 神戸で終る ㉟
NEKOBE|扉
風に吹かれた手紙のように|松本 隆|Vol.4
⊘ 物語が始まる ⊘THE STORY BEGINS – vol.27 林 英哲…
ベトナムと日本 外交関係樹立50周年 お互いに敬意を持って、Win-Winの関係…
KOBECCO お店訪問|グリル一平 西宮店
il Quadrifoglio(クアドリフォリオ)|ビスポークシューズ[KOBE…
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
亀井堂総本店|瓦せんべい[KOBECCO Selection]
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド ビスポークテーラー[KOBECCO Select…
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
アレックス|トータル ビューティーサロン[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
水木しげる生誕100周年記念 知られざる 水木しげる|vol.5
映画をかんがえる | vol.23 | 井筒 和幸
神戸モダニズムの象徴「異人館」「和洋館」で神戸の〝多様性〟体験ツアーを体験!
【St.Valentine】2.14 特集-扉
28年熟成ヴィンテージ日本酒 「現外」発売開始!
【St.Valentine】ゴールド バー|FRAN’S CHOCOLATES(…
【St.Valentine】ショコラとピスタチオのタルトクピド|PATISSER…
【St.Valentine】ディジョネ・ラスパイユ|L’AVENUE…
【St.Valentine】輝ロール|みかげ山手ロール
【St.Valentine】ザッハトルテ|ボックサン
【St.Valentine】あまおう苺とショコラのガトー|アンテノール
【St.Valentine】冬紅(ふゆべに) -ハート・ルージュ-|HIBIKA…
【St.Valentine】ソラカフェケーキ|SOLA CAFE
【St.Valentine】オペラ|セセシオン
【St.Valentine】アプソリュ|パティスリー グレゴリー・コレ神戸本店
【St.Valentine】カンパーナ|カファレル
【St.Valentine】テリーヌショコラ – アメール -|神戸…
【St.Valentine】ネートル|シェラトンマルシェ
【St.Valentine】キュートなロール|ホテルオークラ神戸 カフェレストラ…
【St.Valentine】イチゴとルビーチョコのタルト|六甲山サイレンスリゾー…
楽しく学んで 健康に!|Yakult Bio Kitchenで秋の「腸活クッキン…
〝食〟の未来を考えるということは、これからの〝社会〟を考えること
フェアフィールド・バイ・マリオット・兵庫淡路島福良がオープン
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第139回
神大病院の魅力はココだ!Vol.17 神戸大学医学部附属病院 救命救急科 宮﨑 …
女性特有の病気と向き合い、患者さんの人生に寄り添う
harmony(はーもにぃ) Vol.60 がん共存療法の試み
神戸のカクシボタン 第110回 ランチをテーマに専門学校生がグルメ番組を制作 『…
KOBECCOオススメ 〜CINEMA〜
連載エッセイ/喫茶店の書斎から81 「がん光免疫療法」その後
有馬スイート Suite −御幸荘花結び−
有馬温泉史略 第十四席(最終回)|震災から立ち上がり未来へと歩む湯の街へぜひ! …
Kiss PRESS×KOBECCO|「バレンタインチョコ」
神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~㉞後編 大岡昇平
木のすまいプロジェクト|平尾工務店|畳編|Vol.6
NEKOBE|vol.52|ダイニングカフェSOCO ポートピアホテル