2022年
6月号

神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~26前編 鬼塚喜八郎

カテゴリ:神戸

鬼塚喜八郎
子供たちに夢と勇気を…シューズ作りに懸けた情熱

〝サンライズレッド〟に染まった日本

2021年夏。昇る太陽をイメージしてデザインされた、鮮やかな〝サンライズレッド〟カラーのTシャツが街中で目に留まった。コロナ禍で一年延期された東京五輪・パラリンピックが昨年8月に開幕。各競技会場で行われた表彰式などで、日本代表選手が着用していた、このTシャツをはじめとする真っ赤なユニフォームは、神戸市に本拠を構えるアシックスが手掛けたものだ。
アシックスの創業者は、鬼塚喜八郎(1918~2007年)。1949年、アシックスの前身となる鬼塚株式会社を、わずか4人の社員で設立。後発のシューズメーカーとして、神戸を拠点に創業した。当初は、バスケットボール専門のシューズを開発する小さなメーカーとしての出発だった。
喜八郎は、1918年、鳥取県の農家の7人兄弟姉妹の末っ子として生まれた。
名前は坂口喜八郎。
なぜ、いつ、彼は「鬼塚」の姓になったのか?
生前、喜八郎が自身の生涯について綴った「念じ、祈り、貫く」(なにわ塾叢書)の中に、その経緯が詳細に明かされている。
第二次世界大戦中、喜八郎が陸軍将校としてビルマに赴任していたとき。世話になっていた上官から、「自分が帰国するまで、養子縁組する予定だった日本にいる鬼塚夫妻の面倒を私の代わりに見てくれないだろうか」と喜八郎は頼まれる。
上官より先に帰国した喜八郎は、戦後、上官との約束を果すために、神戸で暮らしていた鬼塚夫妻を探し出し、家を訪ねる。そして、「上官が帰ってくるまでの間、私があなた方の世話をします」と申し出たのだ。
喜八郎は神戸の商社に就職し、働きながら面倒を見ていたが、しばらくして、上官の戦死の知らせが鬼塚家へ届く。

「鬼塚」の名を受け継ぐ決意

「上官との約束を守るために…」と、喜八郎はそのまま鬼塚家に養子として入り、「これからは〝鬼塚喜八郎〟として生きよう」を決意する。
当時、闇市のような商売をしていたという会社に愛想を尽かした彼は、この会社を辞めたものの、「いったい何をして、養父たちを養っていけばいいのか…」と悩む。
彼は、まったく靴作りの知識がないまま、シューズメーカーを興すのだが、その経緯、理由も興味深い。
終戦直後。神戸・三宮などの市街地には、戦災孤児が集まり、その非行化が社会の問題となっていた。
「この子供たちをきちんと育てなければ、日本の再生はない…」
喜八郎が憂い、こう考えていたとき。兵庫県の教育委員会につとめていた、かつての戦友からアドバイスを受ける。
「子供の再生にはスポーツが必要だ。スポーツで子供たちを支援してはどうか。今の日本の子供たちにはスポーツするときに履く靴がない。スポーツシューズを作ってみないか…」と。
喜八郎は、「よし、分かった。自分は靴屋になろう!」と即答していたという。
さらに、この瞬間、「生涯をかける仕事が見つかった」とも語っている。
こうして、「青少年がスポーツに打ち込める靴を作るため」の喜八郎の苦闘の日々が始まる。

伝説の始まり

1949年の創業当時の頃を、喜八郎はこう振り返る。
「義理の父親から借りた電話が一本あるだけで、工場はおろか、機械の一台も持たずに、無一文で始めた」
不安でしょうがなかったであろう創業当時の胸の内を、こう吐露もしている。
「茶の間の縁側に机が一つだけだった」と。 
縁側に机一つのみ…。
シューズメーカーと呼ぶには、あまりにも頼りない環境。しかし、これが〝世界のアシックス〟の原点、スタート地点だったのだ。
喜八郎は、30歳になっていた。
神戸で産声を上げた小さな町工場から、オリジナルのシューズブランド〝オニツカタイガー〟の名を世界へ轟かすための喜八郎の本当の戦いが始まるのだった。
=続く。

(戸津井康之)

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

  • ジャガー・ランドローバー西宮 / 神戸中央 / 姫路
  • フランク・ロイド・ライトの建築思想を現代の住まいに|ORGANIC HOUSE
〈2022年6月号〉
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
ビスポークシューズ|il Quadrifoglio(クアドリフォリオ)[KOBE…
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection インスタグラム]
若者たちに託す 地域メディアの未来
映画をかんがえる | vol.15 | 井筒 和幸
天井からキラキラと降る 歌声に憧れて
Movie and cars |フェラーリ360モデナ
ノースウッズに魅せられて Vol. 35
絵本は 優しい気持ちを 共有する力がある
平尾工務店|目次[PR]
BMW 駆けぬける歓び[PR]
最高の神戸ビーフ|ビフテキのカワムラ|扉 [PR]
南京町をぶらり|曹さんぽ|扉 [PR]
神戸で始まって 神戸で終る ㉘
⊘ 物語が始まる ⊘THE STORY BEGINS – vol.19 大友 直…
私の神戸みやげ|塩海苔|菊屋商店元町店
[ 広告 ] 平尾工務店
ノースウッズに魅せられて ―大竹英洋フォトコレクション
神戸偉人伝外伝|扉
NEKOBE|扉
[ 広告 ] JAGUAR & LAND ROVER
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
il Quadrifoglio(クアドリフォリオ)|ビスポークシューズ[KOBE…
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
アレックス|トータルビューティーサロン[KOBECCO Selection]
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド ビスポークテーラー[KOBECCO Select…
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
亀井堂総本店|瓦せんべい[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
南京町をぶらり|曹さんぽ|12|4月21日のおさんぽテーマは…
期間限定のグランピング施設 「UMU淡路島 RESPECT YOU, au」オー…
KOBECCO 訪問|雪月風花 本店
旧湊山小学校の複合施設 NATURE STUDIOが プレオープン
元町映画館 vol.6|終わらない戦争の内実
有馬温泉史略 第五席|有馬で極楽~ YOUは何しに温泉へ? 室町時代
神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~26前編 鬼塚喜八郎
木のすまいプロジェクト|平尾工務店|瓦編|Vol.5
“究極の軽さ、涼しく、シワになりにくい” 夏もオシャレを忘れない紳士たちに贈る …
唯一無二の学内プロダクションが始動!!『神戸電子スポーツ新聞』
オルセーが認めた典麗と精妙 アトリエ ユ・トーム ポーセレンレースドール展
“心技一体”の医療をめざして
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第132回
神大病院の魅力はココだ!Vol.10 神戸大学医学部附属病院 呼吸器外科田中 雄…
harmony(はーもにぃ) Vol.52 癌遺伝子は 生命誕生の恩人か
神戸のカクシボタン 第一〇二回 イラストレーター・西山アユミの遺作を動画化 『コ…
〝夢プログラム〟ビッグゴールへ向けて決意を新たに
国際ロータリー 第2680地区|病理医の研修を通じて カンボジアの医療の発展を
連載エッセイ/喫茶店の書斎から73  田辺聖子さんの異人館
翠風の地、六甲エリア 〜そのあゆみと価値〜
NEKOBE|vol.44|元町サントス