2020年
10月号

「神戸で落語を楽しむ」 シリーズ 先輩・後輩 仲良し座談会

カテゴリ:文化・芸術・音楽, 神戸

ある日のお昼時。喜楽館隣りの喫茶店「茶房 歌舞伎」でランチを楽しむ噺家3人。気心が知れた仲の会話は、出会った頃からプライベート、一緒にした仕事、一門の話など。何気ないけど楽しい、噺家ならではの先輩・後輩の話をお届けします。

先輩から見た後輩、後輩から見た先輩

かい枝 今日は華紋君と昼席、二葉さんとは夜席。二人とはよく一緒になるよなぁ。目の前にいるから褒めるワケやないけど、将来の上方落語の秘密兵器的な存在やな。もう、出てきているから秘密やないか。
華紋 出てこれてますかねぇ。
かい枝 華紋君と最初に会った時は、君が学生落語の全国大会に出ていて、俺がテレビのリポーターやったな。「生意気そうな、ひねくれた落語やるヤツおるなぁ」って思っていたのよ。そしたら、うちの兄弟子(桂文華)のところに弟子入りして。
華紋 そんなん、忘れてはると思っていたんですよ。入門してすぐの頃、繁昌亭の前でうちの師匠を待っていたら、お兄さんが歩いてきて「お~久しぶりやな」って声かけてくださって。「今度、文華のところに弟子入りしまして」って言うたら「マジで~」って。覚えてくれているやなんて、メチャクチャうれしかったんですよ。
かい枝 「いつか会えるやろ」と思ってたよ。あの年は、みんなデビューしそうやなっていう空気を感じて。リポートしていたから、真剣に取り組んでいる姿や、苦しんでいる姿を見て、親のような気分になってたんよね。とにかく、間とかテンポとか感覚とか、あと舞台度胸があって。ある意味「こわいやつやなぁ」って思っていたけど、メキメキと出てきたな。
NHKの新人落語大賞(2019年)も獲ったよな。俺も獲ったけど(笑)。
華紋 「はい。そうです」って、言いやすいですわ。
かい枝 二葉さんには、髪型に驚かされたなぁ。女性でアフロって、主張してたよね〜。ふつう弟子入りしたら、怒られんように、目立たんようにする世界やのに「こんな頭して、なんやコイツ!」って興味をもったんが最初。まんまと策略に乗ってしまった。
二葉 作戦です。覚えてもらうってのもあるんですけど「アホっぽい感じ」にしたくて。高座に女の人が出てきら、お客さんが引くことがあるでしょ。私も観客として見ている時に「女の人やわ」って思ったことがあったんで、舞台に出てきただけでアホな感じがするのがいいなと思って。
かい枝 落語って男のもんという感覚がどっかにあるからね。
二葉 でも、アフロの女が出てきたら「こいつ、何考えてるんや?」みたいな。
かい枝 女ってことより「アフロかよ!」って、そっちに食いつくわな。
二葉 それも狙っていましたね。日本髪のシルエットとも似ているし。白塗りしたら。
かい枝 大きく結っている感じ?
華紋 似てない、似てない(笑)
二葉 アフロは最初の4年くらいだけでした。
かい枝 「なんでやめんねん」って俺言うたよね。
二葉 言うていただいたん、かい枝師匠だけじゃないですかね。「毛が生えなくなってきました」言うたら「それは、やめた方がええ」って言うてくれてはったのも。
かい枝 今の髪型もええよ。二葉さんは、声の調子が高いのもあるけど、落語が陽気や。お客さんが「ふわ~っ」と楽しくなる。特に女性のお客さんにファンが多いのは、応援したくなるタイプなんかしらね。
今、ラジオのレギュラー2本に新聞のエッセイ、彦八祭りのTシャツのデザインも毎年してるね。すんごい人見知りやったから、リポーターとかできるんかなと心配してたけど。
二葉 はい。だいぶ直ってきました。ホントに華紋兄さんのおかげです。
華紋 3年ほど毎週一緒に喋っているけど(『桂華紋と桂二葉のかもによラジオ』毎週木曜日15時〜、現在インターネットで生配信中)はじめの半年くらい僕一人で喋ってましたからね。相づちもなしに。酷いときなんか「今よそ事考えてました」とか、窓の外の人に手を振っていたりとか。
二葉 ホンマに最低でした。死ぬ前にも思い出すやろなと思っています。それぐらい迷惑をかけていました。
華紋 今は喋りたいことがメチャメチャあるみたいで。
かい枝 お~ええやん、すごいなぁ。なんや、二人とも目立ってきて、腹立つなぁ(笑)
華紋 お仕事をいただいている数、圧倒的にお兄さんが多いんですよ。
二葉 私もです。
かい枝 俺、同じ人ばっかり頼んでしまうんよ。最近も、二葉さんが続いているよな。
華紋 お兄さんのチラシを眺めていて、全部僕の名前あるなぁって思う頃もありましたね。「その日は無理です」って一度断った仕事の電話がもう一回かかってきたりして。ボケてんのかなって。
かい枝 あったわ。誰にしようか悩んで、時間がたったら「誰か頼まなアカン、誰にしよ、華紋に連絡しよ」って、また連絡した。選択希望選手第一位や。
華紋 師匠(文華)から色んなことを教わるんですけど、お兄さんからは、現場で事細かに言葉にして教えていただいたり、立ち振る舞いもうちの師匠と全然違うところがあって、ものすごく勉強させてもらっています。
かい枝 文華兄さんは、すごく真っ当な人やから、うちの師匠(5代目文枝)の教えで「噺家として、物事は損得じゃなくて善悪で考えろ」を教えている。俺は損得(笑)。だから、全くアプローチが違う。感覚としては、噺家として商品価値が上がった方がいいと思っているから、そのために、どうしたらいいかを考えてきた感じかな。
華紋 そやからというて、宴会の時に裸で踊るのはどうかと思いますよ。
二葉 私も見たことある~(笑)。でも、商売っ気がすごいとホント感じます。稼ごうっていう感じが勉強になりますね。よく遊んではるんで、モテたいっていう感じの色気にも憧れますし。
かい枝 いろいろお世話になっています。
華紋 問題発言ちゃいます?
かい枝 二葉さんにやないで。彼女の友達にお世話になっているんやで。
華紋 どっちもややこしい!
かい枝 でも「この人ええなぁ」って思ってもらうことは、同じやと思うよ。本来の色気ではないけど、気に入られたいっていう色気は絶対大事。俺らが「ええなぁ」って思う人は、お客さんも「ええなぁ」って思っているし、そんな存在になりたいよね。
二葉 師匠、小物とかお客さんに見えないところにもむちゃくちゃオシャレですよね。
華紋 自分でジーパンにペンキ飛ばしたり。
かい枝 なんでそんなこと知ってるの?
華紋 思いのほか、うまくいったいうて、色んな物に飛ばして。一時期お兄さんが着ている服、ペンキまみれでしたやん。
かい枝 あったなぁ。おもろくて、やりだしたら止まらんようになって。俺、言うたらアカンことでも、なんでも華紋に喋っている気がするなぁ。
華紋 お兄さんがしてきた失敗のうち半分は、僕はしないで済むと思う。

会話はプライベートに

かい枝 休みは何してんの?
二葉 今はダメですけど、立ち飲み屋に行ってます。酒場好きで、日本酒でもビールでもなんでも。
かい枝 そうや。二人とも飲むんよね。
二葉 一番よう飲みはるのは、華紋兄さんですよ。
華紋 量はね。回数はあんまりないけど。最近は家呑みですし、子どももいるので飲み歩きはやめました。
かい枝 華紋君の休日は?
華紋 僕は、もっぱら家事をしています。共働きなんで。僕、無趣味やと思っていたけど二葉ちゃんに指摘されて、家事が趣味な事に気がつきまして。コロナが始まってから主夫業再開。
二葉 部屋干し専門家ですよ。
かい枝 言うてたな。洗濯する前にグチャグチャにして置いといたらアカンとか。
華紋 そうです。洗濯機を回すまでは、洗濯槽に何も入っていない状態でないと。脱いですぐ入れると、汗から雑菌が増えるんです。洗濯する前の物もハンガーにかけて、風通しのよいところに吊っとけば、部屋干し臭を防げるんです。
兄さんは何しています?
かい枝 ちょっとジム行ったり泳いだり、子どもと遊びにいったり。一番下がまだ小学校なんで、一緒にいろいろ出歩いてるな。あとは、ぬか漬けかな。
華紋・二葉 いいですね~。
かい枝 ぬか漬けのぬかで、顔も洗っている。
華紋・二葉 え~~~!
かい枝 ええよ。ぬかって手がきれいになるって言うでしょ。肌もすごいキレイになる。その代わり、唐辛子とかカツオとか混じったやつが顔についたらめっちゃ痛なるけど。
二葉 それはちょっと。

仕事の話から落語との出会いへ

かい枝 一緒に行っている学校寄席。年間70~80校行っていたのが、今年はコロナで全然ない。つらいなぁ。子どもたちにとって初めて落語を聴く機会で、将来のお客さんになりえるかも知れない人たちやろ。落語界を代表してやる、すごい責任ある仕事や。ここでスベったら、将来絶対聞きに来てくれないだろなって。
例えば「落語会のチケットがあるんやけど、行けへん?」ってなった時に「いや、落語はええわ。高校の時見たけど全然面白なかったわ」ってことになる。だから、絶対、それも「面白かった」じゃなくて「メチャメチャ面白かった」って言わさないと。100人の内5人くらいは「落語会かぁ。昔おもしろかったなぁ。行くわ」って可能性がでてくるんやから。
華紋 僕も落語と出会えたのは学校公演。「落語はおもしろい」というイメージができて、高校生になった頃には米朝師匠や枝雀師匠の落語をレンタルショップで借りていましたからね。でも、誰の落語を聴いたのかを覚えてないんですよね。おもしろかったことだけは覚えているんですけど。
二葉 私は全然覚えてない。聴いたことも記憶にないです。私のきっかけはホント邪道なんですけど、笑福亭鶴瓶師匠をテレビで見て師匠と付き合いたいなと、不純な気持ちで入りまして。今はそんな気持ちはないんですけど。
かい枝 それでアフロか。
二葉 それは関係ないんです、落語は落語です(笑)。

仲の良さに一門は関係なし

かい枝 3人とも桂やけど、二葉さんは米朝師匠のお弟子さんの米二師匠のお弟子さんなんで米朝一門やね。米朝師匠って、女性の噺家はどちらかといえばNOってタイプの人やったから、二葉さんみたいなタイプが米朝事務所から出てきたのは時代の変化かな。
二葉 私は、師匠米二が米朝事務所やったので、自ずと入らせていただきました。
かい枝 でも、落語イコール米朝一門って思っている人が相変わらず多いよね。正統派、安心できる、下品じゃない、教育的価値あり、子どもを連れて行っても大丈夫みたいな。
米朝師匠がご存命の間は「自分が思う落語像はこうだ」というものをちゃんと伝えてて、それを守らなくてはならないという意識がみんなにあったけど、今は色んなタイプの人が出てきている。
二葉 下品な人もいてます(笑)。
かい枝 俺と華紋君は文枝一門で、俺は先代文枝(5代目)の弟子やし、華紋君は兄弟子の弟子で、いわば叔父さんと甥っ子みたいな感じ。
文枝一門は、6代目文枝師匠、小文枝師匠、文珍師匠、あと文福兄さんやあやめ姉さんがいたりで、ホントにキャラクターが幅広いよね。それぞれやっている落語も、文福兄さんやったら河内音頭とか漫談風の落語、あやめ姉さんやったら女性が主役の新作、文珍さんは古典やっているけど、文枝さんは自分の新作出して。それぞれが個性を発揮して、うまいこと落語で商売しているでしょ。とにかく「お前の落語をやったらええねん」というのが、うちの師匠の教え。
まぁ女性が好きな一門やけど(笑)。
華紋 なんで、そういう話になるん。一門のせいじゃないからね。
かい枝 文枝一門は魅力的ということです。一門の特徴や噺家本人の個性も一緒に、落語を楽しんでもらえるといいよね。

桂華紋さん

桂かい枝さん

桂二葉さん

神戸新開地・喜楽館

TEL.078-576-1218
新開地駅下車徒歩約2分
(新開地商店街本通りアーケード)

〈2020年10月号〉
神戸偉人伝外伝|扉
ノースウッズに魅せられて ―大竹英洋フォトコレクション
NEKOBE|扉
神戸の老舗企業2社がコラボして生まれた古酒仕込み「紅茶梅酒」
パンヲカタル 浅香さんと歩く | パンさんぽ |番外編(サ・マーシュ)
神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~⑥嘉納治五郎後編
夙川・苦楽園の楽しさを 毎週インスタグラムで配信しています!
GLION MUSEUM 名車との出会い vol.8
ノースウッズに魅せられて Vol.15
平尾工務店のオーガニックハウス|目次[PR]
最高の神戸ビーフ|ビフテキのカワムラ|扉 [PR]
Tadanori Yokoo|神戸で始まって 神戸で終る ⑨
⊘ 物語が始まる ⊘ THE STORY BEGINS – vol.…
最上階の特別フロア 別墅結楽7階「大空」で眺望と温泉を心ゆくまで
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド ビスポーク・テイラー[KOBECCO Selec…
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
il Quadrifoglio(クアドリフォリオ)|ビスポークシューズ[KOBE…
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
ALEX|トータルビューティーサロン[KOBECCO Selection]
北野クラブ|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
Hair&Face Elizabeth|ヘアサロン[KOBECCO S…
KOBECCOお店訪問|ハサムンクロドニー
〝総本山〟の風格 カワムラ神戸本店 Vol. 12
神戸のお嬢さん ボールペン画家 橋本 薫さん
神戸大人スタイル ハサムンクロドニー 若井 正さん
新しいブッフェスタイルで愉しむゴーストたちの世界 『ハロウィンスイーツオーダーブ…
THE SORAKUEN “KOBE GATHERING̶…
「神戸で落語を楽しむ」 シリーズ 先輩・後輩 仲良し座談会
Rhyme of LIFE Spice of SPACE|平尾工務店|chapt…
寺門孝之が描く松本隆の言の葉の間(あわい)の天使たち “風街ヘブン”絵画展
ラグビー界のレジェンド・平尾誠二さんのレガシーを後世に中突堤中央ターミナル「かも…
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第112回
令和2年度 「神戸在宅医療塾」 特別講座 新型コロナウイルスと在宅医療の現場で闘…
小さな切開で改善できる症状がある。 ぜひ知ってほしい「低侵襲心臓手術」
harmony(はーもにぃ) Vol.32 宇宙飛行士の地球観
神戸のカクシボタン 第八十二回 懐かしの味に出会える 地ソースの聖地「ユリヤ」
連載エッセイ/喫茶店の書斎から 53  水上チーム
過ぎゆく夏を惜しみながら夢のひとときを 浴衣でBBQ & view …
連載コラム 「続・第二のプレイボール」 |Vol.12
NEKOBE|vol.12 |丸山駅
NEKOBE|vol.11 |鵯越駅