2021年
3月号
中突堤中央ターミナル「かもめりあ」ラウンジにて

仲間とともに、という甲南での学びが心にあった

カテゴリ:教育・スポーツ, 神戸

天理大学ラグビー部 主将 松岡大和さん

今年1月、大学ラグビー日本一を決める第57回全国大学ラグビーフットボール選手権大会決勝が行われ、天理大学が早稲田大学を破って初優勝を果たした。天理大は2連覇を狙う早稲田大を55-28で下して悲願の初優勝。関西勢の優勝は、故平尾誠二さんらが活躍した同志社大の3連覇以来、実に36年ぶりだった。長い間、関西勢は勝てないと言われ、とりわけ本年度は新型コロナの部内でのクラスターなど、数々の苦難を乗り越えて栄冠を掴んだ天理大ラグビー部。主将・松岡大和選手は神戸市出身、甲南高校ラグビー部の出身ということで、今回インタビューにお答えいただいた。

―甲南学園の創設者・平生釟三郎は、「世界に通用する紳士たれ」という教えのもと、ラグビーに力を入れたことでも知られていますが、甲南学園時代に特に心に残っていることはありますか。

甲南は男子校ということもあってか、練習のときも私生活においても、先輩・後輩関係なく過ごせたと思います。体育会系の部活というと、上下関係が厳しかったり、先輩がとても怖いというところが多いようですが、甲南はそういうのがなくて、みんな家族みたいに仲よく過ごしていたこと、それはとても良かったですね。先輩も後輩に気軽に話しかけてくれましたし、後輩ももちろん礼儀はありましたけど、気軽にいろいろ教えてもらったりということがありました。
兄が中学からずっとラグビーをやっていたので、僕も中学から始めました。僕が入部したのは兄が卒業した後だったのですが、兄の後輩たちが僕のことを知っていて、「おい、ジュニア!」と言って無理やり部室に連れていかれたんです(笑)。あんな身体の大きな先輩たちに、反抗なんかでけへんかったですし…でも、ボールさわってみ、と言われてやってみたらけっこうおもしろくて、それからです。甲南は中学からラグビー部があって、中学・高校と一緒に練習をしてきているので、高校生が中学生を教えたり、中学生は高校生の姿を見て学んでいましたね。

―甲南ラグビー部の教えはどうでしたか。

スポットコーチの樫塚安武さんについて学べたことが、やはり大きかったです。樫塚コーチはニュージーランドのラグビーチーム「クルセイダーズ」で通訳も務められていて、ラグビーのおもしろさというものを本当に教えていただきました。僕が中3の終わりにニュージーランドへ留学したのも、樫塚コーチが日本に帰国してきた際に甲南の練習を見て声をかけてくださったことがきっかけでした。ニュージーランドに行って、日本とはまったくちがう練習に参加し、日本人と海外の選手はプレースタイルもまったくちがいますし、そういう中で、日本では教えてもらえないことを現地で教えてもらいました。こんなラグビーもあるんや、と。基本的なパスのスキルであるとか、普段の行動といったことなど、細かく学べたおかけで、よりラグビーがおもしろくなりました。
樫塚コーチが天理大出身で、「天理はええぞ」とよく言っていたので、天理に進んだのはコーチの影響もありました。僕はもともと関東の大学に憧れがあったんですけれども、そんなふうに考えていた矢先に天理大から声をかけてくださったんです。なかなかこういう弱小校の選手に声をかけてくださることは、少ないことなので、このチャンスは逃したらあかんぞと思って、決意しました。天理はラグビーに打ち込むにはすばらしい環境でした。神戸みたいに高層ビルもないですし、遊ぶところも…(笑)。ラグビーに没頭できるということ、そういう点ではニュージーランドに似ている感じもします。

―天理大のラグビー部では主将としてチームをまとめたわけですが、甲南ラグビー部で培われたことが、生きたなと思われたことは。

甲南でもキャプテンをさせていただきましたが、当時、自分は「花園に行くぞ!」という思いが強すぎて、なかなか周りが見られない時期がありました。そのおかげでみんなに迷惑をかけたんですけれど、そういうときに、仲間が助けてくれて、そのおかげでやってこれたんです。そのときに、周りを、仲間を頼るということは、とても大事なことなんだなということに気がつきました。そんな高3のときの経験が、大学でキャプテンをやっているときにも役に立ったと思います。天理の部員は160人ぐらいいて、それを一人でまとめるというのは難しいので、それこそ周りの仲間を頼りながらやってきました。

―2024年に創設100周年を迎える甲南ラグビー部の後輩たちにエールを。

今は、コロナの影響で大変な日々を過ごしていると思います。そういう中で、今、何ができるかということを自分でしっかりと考えて、まずはラグビーを楽しんでやっていってほしい、という思いを伝えたいです。
僕は2月6日に卒業試合があって、2月1日から社会人チームの練習参加がスタートします。早くラグビーがしたい、という思いが強いです。早く練習に参加したいですね。

甲南学園ラグビー部で活躍した松岡さん。
2016年11月13日花園予選大会準決勝。甲南vs報徳戦 ユニバー記念競技場

「世界に通用する紳士たれ」は平生釟三郎の教えでもある。平生はラグビーに力を入れた

ラグビー全国大学選手権で関西勢として36年ぶりの優勝を飾った天理大学。松岡さんは主将として活躍した。天理大学・小松監督は、故・平尾誠二さんと同級生で高校JAPANの遠征にも参加。
平尾さんのスペースを生かしたラグビーに感銘を受けた。名門ラシンクラブ(フランス)に留学した後、同志社大学で岡仁詩先生の教えでもある自由なラグビーに大きな影響を受けた

ラグビー界のレジェンド・平尾誠二さんのバナーの前で、久しぶりに甲南学園ラグビー部のユニフォームを
着ていただいた。右より松岡さん・お兄さんの健人さん・後輩の渡邉龍さん

天理大学ラグビー部 主将 松岡大和さん

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。

〈2021年3月号〉
SEIZO WATASE The Art Story Vol.3
KOBECCOお店訪問|cafe Pagot
KOBEパンさんぽ|Vol.26 Piccolo Ho Maretta
ノースウッズに魅せられて Vol. 20
神戸で始まって 神戸で終る ⑭
GLION MUSEUM 名車との出会い vol.12
KOBECCO 対✕談 2021 安藤忠雄✕久元喜造 こども本の森 神戸
フェリシモが提供するのは〝役割と舞台〟 それを創り出すStage Felissi…
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
Hair&Face Elizabeth|ヘアサロン[KOBECCO S…
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
il Quadrifoglio(クアドリフォリオ)|ビスポークシューズ[KOBE…
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
ALEX|トータル ビューティーサロン[KOBECCO Selection]
フラウコウベ|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO Selecti…
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド ビスポーク・テーラー[KOBECCO Selec…
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
私の神戸みやげ|六甲山 サイレンスリゾート|瓶入り生はちみつと アーモンドサブレ…
輝く女性Ⅲ 座談会
「レムプラス神戸三宮」 4月26日開業
ザ ロイヤルパークキャンバス 神戸三宮
神戸青年会議所 すべての人が活躍できる 社会に向けた革新的な変化を VOL.1
SOCOスイーツブッフェ神戸いちごコレクション2021~Shock!kan Wo…
⊘ 物語が始まる ⊘THE STORY BEGINS – vol.7…
南京町春節祭@オンライン「春節祭誕生物語」座談会 Vol. 1
グランドニッコー淡路 2020年10月1日(木)リブランドオープン!
縁の下の力持ち 第25回 神戸大学医学部附属病院 成人先天性心疾患センター
神戸偉人伝外伝 ~知られざる偉業~⑪教育者へ求めた平生釟三郎の哲学前編
Rhyme of LIFE Spice of SPACE |平尾工務店|chap…
歩きたくなるまちづくりのために
仲間とともに、という甲南での学びが心にあった
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第117回
harmony(はーもにぃ) Vol.37 あいまいな喪失
神戸のカクシボタン 第八十七回  独自の視点で斬り込む! 日本妖怪研究所・亀井澄…
連載エッセイ/喫茶店の書斎から 58  看板の灯を落とす
NEKOBE|vol.23 |兵庫津探訪
NEKOBE|vol.22 |和田岬駅周辺