2019年
5月号

音楽のあるまち♬19 自分がやりたい音楽〝ジャズ〟で 聴く人を楽しませたい

カテゴリ:文化人, 音楽・舞踏

ジャズギタリスト 藪下 ガク さん

ロックギターから、ジャズに興味を持ち、大学で音楽を学んだ藪下ガクさん。ジャズギターのプロとして、自分がやりたい音楽を追求し続けています。

―音楽との出会いは?

子供のころ習っていたのはチェロでした。といっても当時はわけもわからず親に連れていかれていました。やがて母が昔聴いていたクイーン等のレコードを聴くうちに、ギターに興味を持つようになりアコースティックギターを弾き始めました。それでチェロはフェイドアウト。中学では友達とロックバンドを組んでいました。ところが、弾きたい曲より流行っている曲を演奏するほうがウケるので、妥協もしていました。高校生になったころには、「本当にやりたいのはこれなのか?」と疑問を持つようになりバンドをやめ、聴く音楽もガラッと変えてみました。

―そこからジャズへ転向?

そのころ偶然、ジャズを勉強したら音楽の幅が広がるという話を聞き、聴いてみようと…。でも何を聴いたらいいのか分からず、まずは〝スタンダート〟ジャズだろうと見つけたCDがハービー・ハンコックの「ニュー・スタンダード」。これが大きな勘違い(笑)。彼は常に時代の最先端をいく人。よく知っている曲なのに、何をやっているのかさっぱり分からず、思ったのは「ジャズって難しいなあ」。

―そこで諦めなかった?

高校2年生のとき、大阪音楽大学のオープンキャンパスで柴田達司先生にお会いしてレッスンを受けることになりました。先生にその話をし、ジャズはその時代に流行ったものを吸収しながら大きくなってきた音楽だからいろいろな形があることを知りました。それから幅広く聴けるようになり、特にジョー・パスやケニー・バレルなどジャズギターの王道を聴き自分もやりたいという気持ちになれました。

―ロックギターとジャズギターはどう違うのですか。

現代はロックもジャズも色々な形があるので一般的な話ですが、楽器の構造が違います。ジャズギターはアコースティックギターと同じ構造で中が空洞になっています。ロックギターは中が空洞ではない木の詰まったギターです。共にアンプに繋いで電気で音を増幅するのですが、中が空洞な分ジャズギターはアコースティックな響きです。僕はこの電気で作られた音なのにアコースティックに聴こえる響きの虜になりました!

―大学卒業後、どのようにプロ活動を始めたのですか。

まず同世代とセッションできる場に出て行き自分を知ってもらい、上の年代の人たちともつながりができ、次第にいろいろな場所に呼んでいただけるようになりました。

―タンゴはいつから?

大学の同期にバンドネオン奏者がいて、一緒にやらないか?と誘われたのが出会いです。曲を聴いて真似したり、タンゴ奏者に会いに行ったり、手探り状態で、当時からかなり時間をかけてきました。

―現在は、後進の指導にも力を入れていますね。

母校の大阪音大、神戸ユースジャズオーケストラ、個人レッスンでも教えています。若い時に教えられることの印象は強烈です。だから教える側は間違ったことは教えられないし、厳し過ぎて音楽を楽しめなくなっても駄目だし、すごく緊張感を持っています。生徒さんが自分自身の鏡のようで、教えながら教えてもらっているようなものです。

―今後については?

たくさんのご縁があり周りの方々からの協力もいただけるようになりました。やっと自分のやりたいことを楽しめる余裕が出てきたと思っています。昨年からオリジナル曲を演奏するバンドをピアノ、ベース、ドラム、ギターの4人で新たに始めました。すると、自分の曲にはテナーサックス、アルトサックスが加わるといいかなと思うようになり、まさかの6人編成に!今後演奏活動にも力を入れていきます。

―ズバリ!自分がやりたい音楽とは?

テクニカルの部分でそれなりのレベルを達成するのはプロとしての使命。それを聴かせるだけでなく、聴く人に「楽しいな」「いいな」と思ってもらえる音楽…ちょっとカッコ良すぎかな(笑)。とにかく聴いてみてください!

7/19 (fri)
神戸 100ban Hall

神戸市中央区江戸町100番地

Gaku Yabushita Sextet
藪下ガク(Gt)
浅井良将(As)
古山晶子(Ts)
永田有吾(Pf)
時安吉宏(Ba)
中村雄二郎(Ds)
18:30開場19:00開演2set
charge 3000円
※会場での飲食持ち込み可

〈2019年5月号〉
神戸のお嬢さん  山西 絢子さん
神戸大人スタイル 老祥記 曹 祐仁(まさひと)さん
鮨 島本|神戸の粋な店
My Vitamin Lunch ● 私のビタミンランチ ●|カレーショップAY…
兵庫県のANDO建築探訪 ⑤ ロック・フィールド 神戸ヘッドオフィス/神戸ファク…
輝く女性Ⅱ Vol.12 ファッションライター 八尾 美奈子さん
<特集>貴田加野さんと歩く芦屋
KOBECCO新店訪問|ホワイトハウス芦屋さくら並木店
竹中大工道具館|私のKOBE散歩 Vol.1
FISH IN THE FOREST~TOOTH TOOTH×そら植物園~|私の…
神戸南京町|私のKOBE散歩 Vol.3
神戸布引ハーブ園/ロープウェイ|私のKOBE散歩 Vol.4
夙川公園|私のSHUKUGAWA散歩 Vol.1
カトリック夙川教会|私のSHUKUGAWA散歩 Vol.2
パンヲカタル 浅香さんと歩く | パンさんぽ | Vol.4 ル・パン神戸北野…
パンヲカタル 浅香さんと歩く | パンさんぽ | Vol.5 Ca march…
甲南学園 100周年インタビュー|立野 純三 さん
「神戸で落語を楽しむ」シリーズ 姿を消し噺の世界へ誘う
魂を揺さぶるイノベーションが ドライバーを未知の感動へ BMW 320i
レクサス姫路 リニューアルオープン!
御菓子司 常盤堂|和菓子[KOBECCO Selection]
マキシン|帽子専門店[KOBECCO Selection]
ガゼボ|インテリアショップ[KOBECCO Selection]
永田良介商店|オーダーメイド家具[KOBECCO Selection]
Fine Second-ファインセカンド- 神戸本店|ゴルフウエア・雑貨[KOB…
アレックス|ヘアサロン[KOBECCO Selection]
ボックサン|神戸洋藝菓子[KOBECCO Selection]
神戸御影メゾンデコール|オートクチュールインテリア[KOBECCO Select…
㊎柴田音吉洋服店|ハンドメイド お誂え紳士服[KOBECCO Selection…
ウエディングサロンイノウエ|ウエディングドレスショップ[KOBECCO Sele…
トアロードデリカテッセン|デリカ[KOBECCO Selection]
北野ガーデン|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
ブティック セリザワ|婦人服[KOBECCO Selection]
フラウコウベ 神戸三宮店|ジュエリー&アクセサリー[KOBECCO S…
マイスター大学堂|メガネ[KOBECCO Selection]
北野クラブ|フレンチレストラン[KOBECCO Selection]
STUDIO KIICHI|革小物[KOBECCO Selection]
ゴンチャロフ製菓|洋菓子[KOBECCO Selection]
神戸っ子セレクションニュース
再生可能エネルギーを生む 新しい牧畜業へ|弓削牧場が挑む バイオガス生成
企業主導型保育園 「マーメイド保育園」 今春、オープン!
美食の街である神戸から、 優秀な料理人を育てたい!
縁の下の力持ち 第11回 神戸大学医学部附属病院 冠動脈疾患治療部
第10代 神戸ウエディングクイーン大募集!
こどもといっしょにLUNCH|Vol.1 THE PLACE KOBE
究極の軽さと涼しさ夏の「クール・スーツ」| ㊎柴田音吉洋服店
第43回 チャリティバザーを開催|国際ソロプチミスト神戸
兵庫県医師会の「みんなの医療社会学」 第九十五回
harmony(はーもにぃ) Vol.15 こんな夜更けに バナナかよ②
芦屋市立公民館講座 「世界はニュースだけではわからない」で 中村しのぶさんが講演…
親も子も “賢く”なろう |Vol.02
神戸のカクシボタン 第六十五回 海沿いの街で製造される創意工夫の加工魚
音楽のあるまち♬19 自分がやりたい音楽〝ジャズ〟で 聴く人を楽しませたい
スーパーストリングスコーベ サマーコンサート2019ー若き友絆、奇跡の再会ー
神戸鉄人伝 第113回 声楽家 老田 裕子(おいた ゆうこ)さん
連載エッセイ/喫茶店の書斎から㊱  『民芸入門』Ⅱ
出雲街道のメインポイントに集う 『ザ・シロヤマテラス津山別邸』
火山と共に生きる地へ 神戸から行く島原半島の旅