2017
02.20

「北坂養鶏場」と「中西牧場」

カテゴリ:グルメ, 淡路島, 編集部ブログ

淡路島ブランドの北坂養鶏場の国産たまご。

たまごの皮を割らずにプリンにして、シロップをかけて食べる

「北坂たまごプリン」をご存知の方も多いと思います。

 

実は、国内に出回るたまごの5%のみが国産たまごだそうです。

その5%の国産たまごを育てるのが、北坂養鶏場さんです。

 

北坂養鶏場では、養鶏場の近くにおしゃれな直売所をオープンしています。

この小さなお店に、濃厚で新鮮なたまごを求めて、

お客さんが途切れることなく、やって来ます。

ここには、ニワトリがゲージで買われていますが、

さぞかし臭いのかな、と思っていると、

ほとんど糞の臭いがしません。

オーナーの北坂勝さんに伺うと、ニワトリが暮らす地面にはおがくずを引き、

そこに特殊な微生物を混ぜているとのことです。

この微生物が、糞を分解することで、清潔な環境を作り、

ニワトリもストレスがかからないそうです。

北坂養鶏所さんに伺って思い出したのが、

神戸ビーフの最優牛を数多く育てる中西牧場さん。

 

牛舎は、風通しが良く、湿気がほとんどありませんでした。

ぬかるみ、なんてまったくありません。

餌にも農薬を使用しない牧草を与えます。

 

今は亡き、中西義徳さんは、

「牛を育てる上で、もっとも大切なことは、ストレスをなくすこと」

と、お話されていたのを思い出しました。

 

ニワトリも牛も、美味しさの秘訣は、「ストレスをかけない」ことなんですよ。

 

■北坂養鶏場

淡路市育波1115-1

TEL.0799-70-7267

直売所/9:00~17:00※商品はお取り寄せも可能

http://kitasaka.net/