2016
12.21

伝説の名投手スタルヒンと甲陽学院

カテゴリ:編集部ブログ

 

2017年に100周年を迎える甲陽学院。

かつて高校は、甲子園球場のすぐ近くにありました。

そんな関係もあってか、戦前は野球の名門校として知られていました。

1923年夏には、全国優勝を果たしています。

そんな甲陽学院に、プロ野球の黎明期を支えた伝説の投手、

スタルヒンが在籍したそうです。

「ビクトル・スタルヒン」

名前を聞いたことはありますが、どんな選手だったのでしょうか。

調べてみると、1シーズン42勝、完封試合数83は、

現在でも不滅のプロ野球日本記録のようです。

通算302勝もすごいですね。

戦前、甲陽学院は野球に力を入れるあまり、

当時、北海道に住んでいたスタルヒンを家族ごと呼び寄せ、

野球部に在籍してもらったそうです。

スタルヒンの父親には、仕事まで用意したそうです。

しかし、その実力があまりにも凄すぎて、

「甲陽学院は勝つために、外国人を使って卑怯だ!」という苦情が相次ぎ、

やむなくスタルヒンに学校をやめてもらったそうです。

在籍期間は、わずか3カ月。

100年の歴史の中で、1ページにも満たないエピソードとして残されています。

月刊 神戸っ子は当サイト内またはAmazonでお求めいただけます。