2019年
3月号

医療法人社団感謝会 にしむら眼科からのお知らせ

カテゴリ:トピックス

花粉症の治療

1月中旬、日本気象協会は2019年春の花粉飛散予測(第3報)を発表しました。2月中旬から九州、四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンがスタート。花粉の飛散量は例年より多いものの、広い範囲で前シーズン並みか少ないと予測されています。
日本で患者さんが2000万人いるといわれているアレルギー性結膜炎は、その大半が花粉症によるものと推測されています。治療には、主に抗アレルギー薬を目薬として用います。症状が強い場合には、ステロイド薬を用いることもあります。ステロイド薬は、適切に使用すればすぐれた薬ですが、目に緑内障などの副作用が現れることがあるので、使用にあたっては眼科診療が必要です。それでも強いかゆみなどで日常生活に差し支えがある場合は、抗アレルギー薬をのみ薬として服用することもあります。

■医療法人社団感謝会にしむら眼科
神戸市西区椛台5-6-3 西神オリエンタルホテル1F
■お問い合せ TEL.078-992-5888(代表)